ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

\残り2社 今すぐお問い合わせ/

宣伝失礼しました。本編に移ります。




広告は、関連度の高いものの方が好まれます。また、関連度の高いオーディエンスに広告を配信することは、ビジネスとしても良い結果につながります。

配信した広告とリーチしたオーディエンスの関連度を診断してくれる広告関連度診断を使用すると、クリエイティブアセットやクリック後のエクスペリエンス、オーディエンスのターゲット設定の調整によってパフォーマンスが改善するかどうかを理解することができます。

広告関連度診断には、「品質ランキング」、「エンゲージメント率ランキング」、「コンバージョン率ランキング」の3つの指標があります。

今回はその1つ「品質ランキング」について解説してまいります。

youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

品質ランキングとは

品質ランキングとは、広告関連度診断の項目の1つでもありオーディエンスが同じ広告と比較したときの感性品質(品質感を中心とした「感性価値」)を表します。

 

広告の品質は、さまざまなシグナルによって測定されます。広告を見た人や非表示にした人からのフィードバックのほか、低品質とみなされる広告の特徴(情報の隠ぺい、扇情的な表現、エンゲージメントベイトなど)などが判断材料となります。

そもそも広告関連度診断とは

広告関連度診断とは、各広告のパフォーマンスを評価できます。

過去の任意の期間を選択しその期間の広告オークションにおけるパフォーマンスを「品質ランキング」、「エンゲージメント率ランキング」、「コンバージョン率ランキング」の項目別で診断してくれます。

広告の関連度とパフォーマンスの間には相関関係がありますが、高い関連度が必ずしも高いパフォーマンスに直結するわけではないので、広告関連度診断はパフォーマンスの低い広告の診断に使用してください。

品質ランキングの表示される値の種類

  • 平均以上
  • 平均
  • 平均以下(下位35%)
  • 平均以下(下位20%)
  • 平均以下(下位10%)

 

ここでの「平均」は35~55%になります。

 

例えば、品質ランキングが平均以下(下位20%)の場合、広告の感性品質はオーディエンスが同じ広告の中で下位20%に位置します。つまり、オーディエンスが同じ広告の80%以上は、あなたの広告より品質評価が高かったことになります。

品質ランキングの活用方法

「品質ランキング」は広告関連度診断の1つであり、その活用方法をお話しいたします。

まず、広告が目的に達しているかいないかを確認しましょう。

広告がすでに目的を達成している場合は、必ずしも広告関連度診断を確認する必要はありません。その場合は、品質ランキング、エンゲージメント率ランキング、コンバージョン率ランキングは気にせず、広告の目的に沿って最適化していきましょう。

 

一方で広告が目的を達成していない場合はランキングが平均的な広告を平均以上にするよりも、平均以下の広告を平均まで上げるほうが効果があります。そのため、平均的な広告ではなく、ランキングの低い広告の改善に集中することをおすすめします。

下記は公式が発表している広告関連度診断の改善方法になります。参考にしてみてください。

広告関連度診断 原因 推奨事項
品質ランキング エンゲージメント率ランキング コンバージョン率ランキング
平均以上 平均以上 平均以上 関連度に問題はありません。 広告の目的に沿って最適化しましょう。
平均以下 対象外 低品質な広告とみなされています。 クリエイティブアセットの品質を改善するか、広告の品質を高く評価してくれそうなオーディエンスをターゲットに設定します。低品質とみなされる広告の特徴は取り除いてください。
平均以上 平均以上 平均以下 広告がコンバージョンにつながっていません。 広告のコールトゥアクションまたはポストクリック体験を改善するか、購入意向の高いオーディエンスをターゲットに設定します。製品やサービスの中には、必然的にコンバージョン率が低くなるものがあります。コンバージョン率が期待どおりの場合は、広告の調整は不要の可能性があります。
平均以上 平均以下 平均以上 広告が関心を集めていません。 オーディエンスとの関連度を高める方法を検討する(例えば、広告を魅力的にする、興味深い内容にする、目を引くものにする)か、広告に反応する可能性の高いオーディエンスをターゲットに設定します。
平均以下 平均以上 平均以上 低品質な広告とみなされています。 クリエイティブアセットの品質を改善するか、広告の品質を高く評価してくれそうなオーディエンスをターゲットに設定します。低品質とみなされる広告の特徴は取り除いてください。
平均以上 平均以下 平均以下 広告が関心を集めていないか、コンバージョンにつながっていません。 オーディエンスとの関連度を高める方法を検討する(例えば、広告を魅力的にする、興味深い内容にする、目を引くものにする)とともに、広告のコールトゥアクションまたはクリック後のエクスペリエンスを改善します。あるいは、広告に反応してコンバージョンに至る可能性が高いオーディエンスをターゲットに設定します。
平均以下 平均以下 平均以上 低品質な広告と見られており、関心を集めていません。 クリエイティブアセットの品質を改善するとともに、オーディエンスとの関連度を高める方法を検討します(例えば広告を魅力的にする、興味深い内容にする、目を引くものにする)。あるいは、広告の品質を高く評価し、関連度が高いと感じてくれる可能性が高いオーディエンスをターゲットに設定します。低品質の原因となるようなクリエイティブは使用しないでください。
平均以下 平均以上 平均以下 誘導的または物議を醸しそうな広告です。 宣伝対象の商品またはサービスを明確に表す広告となるよう調整します。商品やサービスの中には、必然的にコンバージョン率が低くなるものがあります。低品質とみなされるクリエイティブは使用しないでください。
平均以下 平均以下 平均以下 全面的に改善の余地があります。 ターゲティング戦略、クリエイティブ、最適化の目的、クリック後のエクスペリエンスなどを見直してみてください。

引用:広告関連度診断の活用方法

コンバージョン率ランキング表示列への追加方法

Facebook広告マネージャを開きます。

赤枠の「パフォーマンス」の項目をクリックしてください。

「列をカスタマイズ」をクリックします。

列カスタマイズが表示されます。

広告関連度診断」の項目から「品質ランキング」にチェックして実行をクリックしたら完了です。

品質ランキングの注意点

広告関連度診断の注意点と重なる部分もありますが、品質ランキングの注意点をお話しいたします。

インプレッションが500未満の広告では利用できない

正確性を確保するために、広告関連度診断はインプレッションが500未満の広告では利用できません。

広告が目的に達していれば使用する必要がない

広告がすでに目的を達成している場合は、必ずしも広告関連度診断を確認する必要はありません。広告のパフォーマンスは高いのに広告関連度診断ランキングが平均以下になることもありますが、それは問題ありません。その場合は、品質ランキング、エンゲージメント率ランキング、コンバージョン率ランキングは気にせず、広告の目的に沿って最適化してください。

品質ランキングのまとめ

品質ランキングは自身の広告の品質を確認することができる便利な機能です。オーディエンスが同じ広告と比較した場合の広告品質を測定できます。平均以下の広告を改善するのに役立ちますのでぜひ参考にしてみてください。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事