▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

 

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

Google レスポンシブシスプレイ広告(RDA)とは

 

レスポンシブディスプレイ広告(RDA)とは、機械学習を元にユーザーの関連性の高い高いアセットを表示してくれる広告オプションのことです。

レスポンシブ ディスプレイ広告は、レスポンシブ広告に代わってディスプレイ ネットワークのデフォルトの広告タイプとなります。標準のディスプレイ キャンペーンだけでなく、スマート ディスプレイ キャンペーンでも使用できます。アセット(画像、広告見出し、ロゴ、動画、説明文)をアップロードすると、ディスプレイ ネットワークに表示される広告が自動的に生成されます。

レスポンシブ ディスプレイ広告について

 

これまで、バナー広告で出稿する場合、全てのバナーサイズを入稿するか、テキストのみの広告を入稿しなければ全ての配信枠に対応することはできませんでしたが、レスポンシブディスプレイ広告によって、大幅に工数を削減し、広告インプレッションの最大化をすることができます。

 

Google レスポンシブディスプレイ広告(RDA)の特徴

メリット

1. 広告枠に合わせて、フォーマット・サイズの調整を自動で行ってくれる。

 

 

前述したように、レスポンシブディスプレイフォーマット出現以前は、多岐に渡るサイズのバナーの入稿・テキストのみの広告入稿などして、配信枠への対応をしていましたが、レスポンシブディスプレイ広告は、アセットと呼ばれる広告の要素を、広告スペースに寄って柔軟に自動調整してくれます。

 

2. リーチの最大化、機会損失を防げる

サイズ・フォーマット(画像・動画・テキストのみ)を全て用意せずとも、高パフォーマンスと判断されたフォーマットを自動で選択し、配信してくれます。

 

 

3. 1つの広告で多くのパターンのテストが容易に

複数の画像/広告文の組み合わせのテストを自動で行ってくれます。

 

 

Google レスポンシブディスプレイ広告(RDA)の入稿仕様

画像の入稿仕様

素材 最小画像サイズ 最大ファイルサイズ 入稿可能数
横長 横縦比 1.91:1、600×314 5MB 15個まで
スクエア 横縦比1:1、300×300
スクエアロゴ(省略可) 横縦比1:1、128×128
※推奨画像サイズは1,200×1,200
5個まで
横長ロゴ(省略可) 縦横比4:1、512×128
※推奨画像サイズは1,200×300

動画の入稿仕様

素材 推奨アスペクト比 最大動画時間 入稿可能数
YouTubeにアップロード済みの動画 16:9、1:1、4:3、9:16 30秒以下 5個まで

テキストの入稿仕様

種別 詳細 文字数(半角) 入稿可能数
短い広告見出し 広告に表示される最初の行です
表示される広告見出しの長さは、見出しが表示されるサイトによって変わります。
30文字以内 5個まで
長い広告見出し 長い広告見出しは、広告が大きい場合に短い見出しの代わりに広告の最初の行に表示されます。 90文字以内 1個
説明文 広告文を追加することで、追加の説明や詳細情報を表示できます。
広告文は、広告のサイズやフォーマットによっては表示されません。
90文字以内 5個まで
ビジネスの名前 会社名は、お客様の会社ブランドの名前です。特定のレイアウトでは、会社名が広告文に表示されることがあります。 25文字以内 1個
行動を促すフレーズのテキスト(省略可) 「今すぐ適用」「今すぐ予約」「お問い合わせ」「ダウンロード」など12個の行動を促すフレーズからバナーのCTAを選択可能です。

 オプション

種別 詳細
プロモーション用テキスト 追加情報や顧客への特典情報を記載できます。
価格のプレフィックス(省略可) 価格に接頭語(プレフィックス)が必要であれば記載できます。

Google レスポンシブディスプレイ広告(RDA)のコツ

入稿しただけで満足せず、仮説検証を回す

アセットの確認を表示をクリックし

掲載結果列を確認します。

 

組み合わせの結果によって、「低」「良」「最良」の順で表示されます。
「最良」且つ広告成果の高い組み合わせを観測しながら、そのベクトルで画像/テキストを入稿しましょう。

意味不明な画像/テキストの組み合わせにならないようにする

 

欲も悪くも、テキストと画像が自動で組み合わさり配信されてしまいます。
この画像とこのテキストは組み合わせたら意味が通らないな、と思われるものは、広告を分けるなどして対応しましょう。

 

 

Google レスポンシブディスプレイ広告(RDA)の設定方法

Google広告管理画面から、広告と広告表示オプションをクリックします。
そのタブから「広告」をクリックして、+ボタンから、レスポンシブディスプレイ広告を選択します。

画像、広告見出し、ロゴ、説明文などの必須項目を入力していきます。
画面の右側で、ディスプレイネットワーク、YouTube、Gmailと掲載される場所ごとにプレビューを確認できるので、しっかり完成するものをイメージしながら広告を作成していきましょう。

Google広告エディタで作成

 

広告エディタを開きます。

 

左側の「管理」でタイプリストで [広告]、[レスポンシブディスプレイ広告] の順にクリックします。

 

 

[レスポンシブディスプレイ広告]をクリックすると上部に[レスポンシブディスプレイ広告を追加]が現れます。 そちらをクリックしてください。
すると下記の画像のページに移ります。

 

新しいレスポンシブディスプレイ広告を表示する広告グループを決めたら①の様にチェックボックスにチェックを入れます。
②の「OK」をクリックするとエディタに追加されます。

 

追加されたレスポンシブディスプレイ広告をクリックすると「編集パネル」が赤枠のように出現します。

 

下記の事項を入力してください。

  • 広告見出し:広告に表示される見出しを任意で入力してください。
  • 説明文:見出しの付近に記載されます、簡単な説明を書くのも良いでしょう。
  •  画像:写真アイコンをクリックし追加していってください。
  • 動画:動画のURLを入力してください。
  • 最終ページURL:広告をクリックした際に入力したURLのページに移動するようになります。

その他は任意で入力していただくと作成完了です。

Google レスポンシブディスプレイ広告(RDA)のまとめ

 

 

複数のフォーマットやサイズ、画像やテキストなどの組み合わせを自動で配信・最適化してくれるオプションです。機械と共存する部分が大きいですが、決して万能薬ではなく、その後の人間の示唆が大切になることはいうまでもありません。

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事