ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




Googleは2021年5月27日、検索広告において「画像表示オプション」の全世界向けリリースを発表しました。

今回は「画像表示オプション」について詳しく解説してまいります。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Google広告の画像表示オプションとは

画像引用元:Decoding decisions to grow online sales

画像表示オプションとは、Google広告の広告表示オプションの1つで、リスティング広告が表示される際に、広告の右側に正方形もしくは長方形の画像を表示させることが可能になる機能です。

広告表示オプションとは、Google広告の広告文や見出しのほかに、解説や住所、電話番号、リンクなどを追加で掲載できる機能のことですが下記の記事で詳しく解説しておりますので参考にしてみてください。

また「動的画像表示オプション」と呼ばれる機能にるいても下記で動的画像表示オプションとはなにか、違いなどをご説明いたします。

動的画像表示オプションとは

動的画像表示オプションは、広告の遷移先に設定されているランディングページから画像の検出および抽出がおこなわれ、ユーザーの検索語句に最も的確だと判断された画像が自動的に反映される仕組みになります。

動的画像表示オプションは、画像表示オプションの簡易版のようなイメージになります。

動画引用元:動的画像表示オプションについて

商品やサービスの視覚に訴える魅力的な画像でテキスト広告のメッセージが強化されるため、パフォーマンス目標の達成に役立ちます。

ただ画像の入稿などの手間がかからない半面、意図しない画像が表示されてしまうなどのリスクがあるので、画像表示オプションと動的画像表示オプションは併用することをおすすめします。画像表示オプションがある場合、必ず動的画像表示オプションよりも優先的に表示されます。

Google広告の画像表示オプションが表示されない?

画像表示オプションが表示されないくてお困りの方も少なくないでしょう。

画像表示オプションはサイトリンクや電話番号表示オプションなどと同様に、広告が表示される際に必ず表示されるわけではありません。掲載順位や検索されたタイミングによっては表示されないこともあります。

 

また、画像表示オプションはサイトリンク等のその他の広告表示オプションとは違い、 Google 広告アカウントを開設してからすぐに設定することができません。下記の「Google広告の画像表示オプションの利用要件」でもお話しますが画像表示オプションは、開設から90日以上経過しているアカウントであることや、これまでポリシーを遵守してきた実績があることなどのいくつかの条件を満たしている必要があります。

Google広告の画像表示オプションの特徴

ビジュアル面でユーザーにアプローチできる

これまでリスティング広告は文字のみでユーザーに訴求するのが基本でした。しかし画像表示オプションを使用することで、文字+画像で訴求することができ、ユーザーに対してサービスのイメージをより強く想起させることが可能になります。

また、通常リスティング広告を出稿するにあたって、広告主が狙いに行きたいのは検索結果画面の1位だと思いますが、2位になったとしても、画像表示されている広告の方が明らかに目立ち、視認性における差は一目瞭然です。

瞬間的にサービス内容を伝えられる

広告文の作成をおこなう際、限られた文字数の中で最大限自社のサービスの良いところを伝えられるよう工夫をしていると思いますが、悲しいことに、どんなに一生懸命作った広告でも、ユーザーからすれば「数ある検索結果のうちの1つ」であり、端から端まで全てしっかり読み込んでくれることはまずありません。

しかし画像であれば、広告文をちゃんと読んでもらわずとも、瞬間的にその広告が何のサービスを扱っている会社のものなのかを伝えることができます。

これは後述する画像選定の方法にも関わってきますが、ユーザーが検索結果画面を見るその一瞬で、サービスの概要や魅力を伝えられるような画像を使用するとより一層効果的です。

広告のクリック率向上が期待できる

商品やサービスの画像など、関連性の高い画像を設定することで、見出しや説明文などの文字だけでは伝わりづらかった情報を視覚的にユーザーに表示できるので、広告のクリック率向上が期待できます

 

Google広告の画像表示オプションの費用

画像表示オプションの画像はクリック可能なエリアとなります。
ユーザーに画像表示オプションがクリックされると、既存の検索広告アセットと同様にクリック単価(CPC)が請求されます。

Google広告の画像表示オプションで仕様するアセット画像の仕様について

画像表示オプションで表示できる画像の要件は以下の通りです。

項目 詳細
使用できる画像サイズ
(アスペクト比)
必須:正方形(1:1)
任意:長方形(1.91:1)
画像解像度
(ピクセル数)
最小:正方形(300×300)、長方形(600×314)
推奨:正方形(1200×1200)、長方形(1200×628)
ファイル形式 PNG、JPG
ファイルサイズ 5120kb以内

 

不承認になりやすい画像に注意

設定する画像が以下のパターンに該当する場合、画像が不承認になる可能性があります。

画像の審査落ちを避けるために使用しないようにしましょう。

  1. テキストまたはグラフィックのオーバーレイ
  2. 空白の多すぎる画像
  3. コラージュ
  4. ぼやけた画像や不鮮明な画像
  5. 乱れた画像
  6. 切り抜き方に問題がある画像
  7. 禁止コンテンツ

参考:画像表示オプションのフォーマットの要件-Google 広告ヘルプ

Google広告の画像表示オプションの利用要件

画像表示オプションを設定する前に利用要件を確認してみましょう。

画像表示オプションを利用するには、次の要件を満たしている必要があります。

  • アカウントの開設から90日以上が経過している
  • これまで広告ポリシーを遵守してきた実績がある
  • アカウントがデリケートなカテゴリやサブカテゴリ(例: 性的なコンテンツ、アルコール、ギャンブルなど)に属していないこと

参照:画像表示オプションについて – Google 広告 ヘルプ

Google広告の画像表示オプションの設定方法

まず、キャンペーンをクリックし、「広告表示オプション」をクリックします。


次に、新規作成ボタンを押します。

「画像表示オプション」を選択し設定していきます。

  1. 表示したい画像を設定
  2. 最大20枚まで設定する画像を選択

「保存」をクリックし完了です。

Google広告の画像表示オプションのまとめ

画像表示オプションは、直感的な操作をもとに、気軽に画像付きの広告を配信できる便利な機能です。
この記事を参考に、検討してみてはいかがでしょうか。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事