今なら累計30億円・200商材以上運用した 100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント!!

▼無料カウンセリングはこちら▼




 

2021年6月10、GoogleはTrueViewアクションキャンペーンが2022年初めに動画アクションキャンペーン(Videlo Action Campaign=以下VAC)に自動的にアップデートすることを発表しました。

↓↓

動画アクション キャンペーンにアップグレードして成果を高める

 

本記事ではそれに伴いどのようなどのような変化が起きるのかを解説していきます!

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました

そもそもTrueViewアクションキャンペーンとは

TrueViewキャンペーンとは、Youtube動画内に広告動画を差し込む事のできるオプションです。

Youtubeを閲覧時に、動画の再生前・再生途中に挿入されている動画広告の形式を指します

月額課金のプレミア会員に登録していれば表示されることはなく、無料利用のユーザーにのみ配信されます。

本記事では動画アクションキャンペーン(VAC)へのアップデートについて解説していきますので、TrueViewアクションキャンペーンの詳しいフォーマットや課金体制についてはこちらの記事を参照してください。

 

 

動画アクションキャンペーン(VAC)とは

VACとは、ユーザーに行動を促進することを目的とした動画広告を設定できる機能で、YouTubeやYouTube以外の動画パートナーの広告枠に掲載をすることができます。

また、広告フォーマットは長い見出しや説明文も追加されたレスポンシブフォーマットになっており、YouTubeの動画の再生前や再生中に表示されるインストリーム広告やYouTube検索ページやYouTube ホームフィードに表示されるディスカバリー広告が1つの広告で配信が行えるようになります。

画像引用元:動画アクションキャンペーンについて

 

True Viewアクションキャンペーンと動画アクションキャンペーン(VAC)の違い

TrueViewアクションキャンペーンと動画アクションキャンペーンの違いを紹介します

YouTubeホームフィードの広告枠が配信面に追加

動画アクションキャンペーン(VAC)では、TrueViewアクションキャンペーンでは配信できなかったYouTubeホームフィードの広告枠が配信面に追加されました。TrueViewアクションキャンペーンではYouTubeホームフィードへの配信は出来ませんでした。配信面が1つ増えることで、リーチできるユーザーの拡大が期待でき、コンバージョンの獲得増加の可能性が高まります。

TrueViewディスカバリーなど広告フォーマットの変更

動画アクションキャンペーン(VAC)ではスキップ可能なインストリームに加え、TrueViewディスカバリーへフォーマットも表示可能になりました。それに伴い、TrueViewアクションでは設定できなかった、「長い広告見出し」と「説明文」の2つの設定が追加されました。

True Viewアクションキャンペーンから動画アクションキャンペーンへの自動アップデートで何が変わる?

では実際にTrueViewアクションキャンペーンから動画アクションキャンペーンに自動アップグレードされることでどのような効果が期待されるのかを見ていきましょう。Googleではこのように発表しています。

ストーリーをより多くの場所で手軽に伝えられる

動画アクションキャンペーンを使用すると、長い広告見出しでブランドのストーリーを伝えられるほか、1 つのキャンペーンで YouTube のホームフィード、動画再生ページ、次のおすすめフィードなどの高い成果を見込めるすべての場所および Google 動画パートナーにアクセスできます。すべての Google ネットワークで掲載結果を最大限に高められるよう、利用可能な広告枠の掲載対象から広告を除外することはできません。

さらに多くの見込み顧客にリーチする

ターゲットオーディエンスへの戦略を拡大し、行動する意向と関心を持つユーザーを複数の場所で見つけます。カスタムオーディエンスで理想的なユーザーにリーチすることも、リマーケティングで以前に関わりのあったユーザーにリーチすることもできます。

機械学習で掲載結果を最適化する

動画アクション キャンペーンには Google の機械学習機能が搭載されているため、ユーザーがホームフィードをスクロールしているときや、お気に入りのクリエイターの動画を見ているときなど、最も高い成果が得られる場面で広告を柔軟に配信できます。また、スマート自動入札をあらゆる場面でシームレスに利用できるため、目的の費用対効果を実現できます

 

引用:動画アクション キャンペーンにアップグレードして成果を高める

 

動画アクションキャンペーンへの自動アップデートで注意するべき点

TrueViewアクションキャンペーンから動画アクションキャンペーンへの自動アップグレードで注意するべき点として、機械学習がTrueViewアクションキャンペーンでの過去のデータを参照できないことが挙げられます。

TrueViewアクションは2021年9月30日まで作成ができ、配信自体は来年の初めまで行われます。ですので新しく動画アクションキャンペーンを使用する場合この期間で両キャンペーンでの配信を併用して行い、効果を検証してから動画アクションキャンペーンへ切り替えることをお勧めします。

アップグレード前に準備すること

既存の TrueView アクション キャンペーンはすべて、2022 年初めより動画アクション キャンペーンに自動的にアップグレードされます。アップグレードに応じで今すぐコンバージョンを促進するには、既存のTrueViewアクションキャンペーンをコピーして動画アクションキャンペーン(VAC)に貼り付ける機能が数週間のうちにリリースされることが Google広告から発表されています。スムーズな移行をするためにも情報を待ち、状況を見ながら移行行うのが良さそうです

まとめ

 

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定10社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事