▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




YouTubeを閲覧している際に、冒頭や中盤、最後の方に広告の動画が出てきたことがありませんか?

TrueView広告とは、Youtube動画内に広告動画を差し込む事のできるオプションです。

 

You Tube最盛期と言われるように、YouTuberの台頭が著しい昨今ですが。日本国内の月間利用者数6200万人に対して広告を出稿できるます。

動画の作成が必要のため、他のディスプレイ広告よりも少し利用ハードルは高いですが、ハマれば笑えるほどCVの取れる出稿プランです。

今回はそんなYoutube TrueView広告に関して解説していきたいと思います。

 

▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

TrueView広告とは

 

Youtubeを閲覧時に、動画の再生前・再生途中に挿入されている動画広告の形式を指します。
月額課金のプレミア会員に登録していれば表示されることはなく、無料利用のユーザーにのみ配信されます。
今や月間利用者数6,200万人にも及び、そのユーザー数はTwitterやInstagramを軽く凌ぐほど巨大なプラットフォームであるYouTube。今回はそんな巨大なプラットフォームで配信できるTrueView広告ついて解説していきます。

 

TrueView広告のフォーマットの種類

 

YouTube TrueView広告には、いくつかのフォーマットが存在しますが、今回は代表的な3つのフォーマットに関して解説します。

 

 

1. TrueViewインストリーム広告

動画の再生前後もしくは再生途中に再生される動画広告のフォーマットです。
インストリーム広告での動画広告を流すタイミングは3種類あり

  • 動画視聴前(プレロール広告)
  • 視聴中(ミッドロール広告)
  • 視聴後(ポストロール広告)

 

に流すことができます。
結論から申し上げますと、主流のターゲティング手法はプレロール広告で、インストリーム広告の中の8割はプレロールが占めていると言われています。
なぜなら、ミッドロールに関しては、動画視聴中に配信され、ユーザーの視聴を遮って広告を差し込み必要があり、動画閲覧を中断してまで、広告動画の閲覧/閲覧広告主のサイトへ遷移しなければならず、よほど動画との親和性がない限り動画を閲覧されることなくスキップされてしまうからです。

 

強制視聴型とスキッパブル型の広告に関して

先ほどスキップの話をしたかと思いますが、実はTrueView広告にはスキップ可能な広告と、そうでないものが存在します。

 

 

スキッパブル広告

5秒間の動画を視聴後、右側に「広告をスキップする」というコールアウトが表示され、ユーザーはスキップするかどうか選ぶことができます。
画面内のリンクをタップした場合のみ料金が発生する「CPCV 課金制」が取られています。また、広告全体の尺に限度はありません。
広告がスキップされると料金は発生しないため、費用対効果が高いのがメリットですが、動画を視聴することなくスキップしてしまう恐れがあり、魂をこめて作成した動画も閲覧されずにスキップされる可能性が高くなります。

 

強制視聴型

 

ノンスキッパブル広告は尺が15秒と30秒の形式があり、広告の視聴を強制されるタイプの広告です。
動画が表示された時点で料金が発生するCMP課金制が取られており、広告が1,000回表示されるごとに課金されます。
強制的に動画を視聴してもらえるメリットがありますが、ユーザビリティ低下の恐れがあり、逆にネガティブな印象を与えてしまう可能性があります。
そのため、Googleは「2018年に30秒の強制視聴型の TrueView インストリーム広告を廃止する」と発表し、2016年に「バンパー広告」という新しいフォーマットの提供を開始しました。

2. TrueViewディスカバリー広告

トップページや検索結果、関連動画の横の部分などに表示される広告のことです。

  • Youtube内でユーザーが検索したキーワード
  • 視聴した動画に関連する内容

の2パターンに表示されます。ユーザーがサムネイルをクリックし、広告を視聴した場合にのみ料金が発生します。
インストリームに比べて、能動的にユーザーが動画を視聴しやすい出稿方法と言えます。

 

3. バンパー広告

2016年に提供が開始された新しいフォーマットの広告で、動画本編再生中に表示される6秒以下の広告で、強制視聴型と同じく広告をスキップすることができないのが特徴です。
6秒以内にケリを付けなければならないので、短い時間で的確に商品やサービスのポイントを盛り込む必要があります。

 

 

TrueView広告のメリット

1. 幅広い層にリーチできる

YouTubeには、毎月20億人以上のアクティブユーザーがアクセスしています。
また、Googleが提供する動画パートナー(GVP)によって、YouTube以外でユーザーに動画広告を表示することができます。
GVPを活用することで、サイトやアプリでリーチを拡大することができるので、結果的に費用対効果が高くなります。

2. 広告費を効率的に使える

広告フォーマットにより、選択できる入札価格の設定は変化します。
広告表示1,000回ごとの課金(CPM)、1日の広告コスト(CPD)、視聴1回あたりの広告コスト(CPV)、など様々の入札価格が存在します。

3. リマーケティング

サービスに対して興味・関心はあるけれど、CVを達成しなかったユーザーにリマーケティングをすることが可能です。
自社のウェブサイトや動画に反応したユーザーを対象に広告を配信することができるので、CVに繋がりやすくなります。

4. 詳細なターゲティングが可能

ユーザー属性(年齢・性別)、地域、興味・関心、時間、地域など、CVに繋がる可能性の高いユーザーに広告を表示することができます。

5. オーバーレイ広告

Call-to-Action オーバーレイ(CTA)は、広告に行動を促すメッセージを組み込むことができる機能のことを指します。
購入や、フォームの入力を設定することで、サイトへのアクセスを増やし、CVに繋げやすくなります。

 

TrueView広告のコツ

認知から行動(コンバージョン)まで、一本の動画で完結させる

通常のディスプレイ広告とは異なり、比較的長時間の動画で広告出稿することができるので、動画の作り込み次第では、認知からコンバージョンまで一気に行ける可能性があります。

兎にも角にも動画の作り込み

動画の質で全て決まると言っても過言ではありません。TOPアフィリエイターなど熟練の運用者であれば、ブロード配信(ターゲティングしない)で出稿している事業者がほとんどです。動画の作り込みで成果の可否が全て決まると思って、魂をこめて動画を作っていただければと思います。

 

TrueView広告にかかる費用

フォーマットによって若干課金形態が異なります。

TrueViewインストリーム広告 30秒以上(30秒未満の広告は最後まで)再生された場合またはユーザーがアクション(リンククリックなど)を起こした場合に課金される
TrueViewディスカバリー広告 クリックに対して課金される
バンパー広告 1000回表示されるごとに課金される

 

TrueView広告設定方法

Google広告管理画面版

キャンペーン作成方法

今回は、販売催促/標準のディスプレイキャンペーンを例にして手順を解説します。
新しいキャンペーンの作成を押します。

販売催促を選択します。

動画を選択します

キャンペーンを作成します。⑴キャンペーン名⑵入札戦略を選択します。

⑶予算を設定⑷ネットワークの設定をします。
初動は、パートナーネットワークへの配信は、外すことが安全です。

⑸地域⑹言語の設定をします

どちらもデフォルトでは日本の設定をしましょう。

⑺広告枠のタイプを設定します。推奨の広告枠で問題ありませんが、初動で慎重に配信したい場合は「制限付き広告枠」を選択しましょう。

⑻除外済みのタイプとラベルを選択します。

こちらも慎重に運用する場合は、成人向けコンテンツは除外するのがおすすめです。

広告グループ作成方法

⑴広告グループの種類と広告グループ名を設定します。
種類に関しては、

  • 標準
  • レスポンシブ
    の2パターンの種類が存在します。

標準

 

TrueView インストリーム広告にのみ配信されます。ディスカバリー面には配信されません。

レスポンシブ

 

複数の広告フォーマットに配信されます。ディスカバリー面での配信の有無が標準との大きな違いです。

  • TrueView インストリーム広告の例

  • TrueView ディスカバリー広告の例

⑵オーディエンス属性/オーディエンスの選択をします。

また、利用できるオーディエンスに関しては下記の記事をご参照ください。

Google広告で使用できるオーディエンス一覧
2021-01-20 22:30
オーディエンスとは? ユーザーの属性、興味や習慣、積極的に調べている情報、広告の出稿者のビジネスを利用するなどして、複数のユーザーをひとかたまりの集団にまとめています。広告を特定…

⑶コンテンツの設定をします

⑷広告の作成

以上で完了です。

 

Google広告エディター版

 

 

(1)キャンペーン名
(2)予算
(3)単価設定
(4)キャンペーンタイプ
(5)言語
(6)地域
(7)コンテンツの除外
(8)広告枠のタイプ
(9)ネットワークの設定
を設定していきます。

 

広告グループでインストリームを選択しました。
対応する項目を広告の項目でタブの中から設定していきます。今回はインストリームです。

各項目を入力していきます。最後に右上の「送信」ボタンで完了です。

 

まとめ 一発で決めきる気持ちで動画を作ろう

テキスト広告やレスポンシブディスプレイ広告のようにサクサクとA/Bテストができないので、一撃で決める勢いで動画を作成するくらいの気持ちで運用しましょう。

筆者のいち意見ですが、ストーリー、つまりシナリオ作成がスベテです。シンプルに動画として面白い、というレベルの動画でなければCVも獲得できません。

いち視聴者の視点になって動画を作成してみましょう。

もしあなたが、YouTubeチャンネルを運営している場合は、併せてこちらの記事も是非ご参照ください。

 

YouTubeチャンネルとGoogle広告の連携方法。それによってできることまとめ。
2021-01-24 22:56
▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼ with(blink1)id=”,style.opacity=1,setInterval(function(){style.opa…
【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事