ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




Google広告を始めとする運用型広告では、平均インプレッション単価という指標が用いられます。

広告がユーザーに表示される際におよそどの程度の費用を要しているかがわかる指標です。

特にこれから広告運用を始めようと考えている場合には、確実に理解しておく必要がある用語です。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

平均インプレッション単価とは

平均インプレッション単価とは、広告を1回ユーザーに表示するごとにかかった料金の平均であり、費用総額÷インプレッション数によって求められます。

この指標は広告の表示をコスパよく行えているかどうかの分析に役立つものであり、低く抑えられていればより高コスパであるといえます。

 

類似の単語にCPMが挙げられます。

これはCost Per Milleの略語であり、インプレッション1000回ごとにかかっている料金を指します。

(費用総額÷インプレッション数)×1000によって求められ、この単価を低く抑えた方がコスパよくユーザーにリーチできていると言えます。

入札単価として

CPMは入札方法としても用いられ、インプレッション1000回ごとに課金が発生するシステムです。

費用を抑えて広告を多く表示することができるため、認知の向上を狙った広告配信にしばしば用いられる入札単価です。

また、この入札方法ではクリック数などの影響を受けないため、広告のクリック率によってはクリック単価(CPC)による入札よりも費用を抑えられる場合もあります。

平均インプレッション単価の確認方法

平均インプレッション単価はGoogle広告のレポートから確認することができます。

レポートに表示する指標の一覧から平均インプレッション単価を選択し、レポート列に表示しましょう。

注意点

平均インプレッション単価は低く抑えられていれば高コスパではありますが、とにかく低ければいいというものでもありません

例えばインプレッション数自体があまりに少ない場合には、「キーワードの選定が適切でない」などのミスを犯している可能性が考えられます。

平均インプレッション単価だけにこだわってしまうことは誤りであり、複数の指標と組み合わせた上で分析を行う必要があります。

まとめ

平均インプレッション単価の指標に注目することで、ユーザーへのリーチをどの程度コスパよく達成できているかを判断することができます。

とはいえこの指標にだけ注目するのではなく、目的を達成した上で単価を下げる施策をとる必要がある点には注意しましょう。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事