ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




検索広告を出稿した際にで計測できる指標の一つ「ページ最上部インプレッションシェア」をご存知ですか。

簡単にご説明すると検索結果の一番上に表示される広告がユーザーにどのくらい表示されているかを確認する指標です。

今回は「検索広告のページ最上部インプレッションシェア」についてお話していきます。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

インプレッションシェアとは

まずインプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合のことです。

 

インプレッション シェア は下記の式で算出が可能です。

インプレッション シェア =  表示回数 ÷ 広告が表示可能だった合計回数

 

検索広告のインプレッションシェアとは

検索広告のインプレッションシェアとは、検索ネットワークで広告が、表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合になります。

 

例を挙げるとすると、告表示の条件を満たすユーザーの検索行動が1000回あったと推定されたとき、その1,000回の機会のうち実際に表示した回数が780回だった場合、インプレッションシェアは78%となります。

 

ユーザーの検索行動に対して、検索クエリとキーワードがマッチしていたからといって、その検索行動すべての機会に広告が配信されるわけではありません。
予算不足、あるいは広告ランクが作用して掲載される優先度が低いといった理由から、配信に至らなかった、ということは残念ながらあり得ることです。

 

また検索広告のインプレッションシェアには掲載位置によって下記の2種類に分かれます。

  • 検索広告の上部のインプレッションシェア
  • 検索広告の最上部のインプレッションシェア

検索結果ページの最上部

検索結果の最初のページの最上位に表示されます。

検索結果ページの上部

検索結果の最初のページの上部のどこかに表示されます。

検索広告の掲載位置については下記の「目標インプレッションシェアの目標掲載位置」でもご説明しているので参考にしてみてください。

目標インプレッションシェアの目標掲載位置とは、Google検索結果の「最初のページの上部」または「最初のページ」に広告が表示されるよう入札単価を自動調整してくれる入札機能になります。

検索広告のページ最上部インプレッションシェアとは

「検索広告のページ最上部インプレッション シェア」は、オーガニック検索結果ページの最上部に広告が表示された数(インプレッション数)を、ページ上部に表示可能だった広告の推定インプレッション数で割ったものです。

検索広告のページ上部インプレッションシェア下記の式で算出が可能です。

検索広告のページ最上部インプレッション シェア =

検索結果ページの最上部インプレッション数 ÷ ページ上部インプレッションの推定数

 

検索広告のページ最上部インプレッションシェアと検索結果ページの上部インプレッションシェアの違い

まず、「検索広告のページ上部インプレッション シェア」は、オーガニック検索結果ページの上部に広告が表示された数(インプレッション数)を、ページ上部に表示可能だった広告の推定インプレッション数と比較したものです。

 

「ページ最上部インプレッションの割合」と「ページ上部インプレッションの割合」は、ユーザーが検索エンジンで検索した結果のページで、広告がどこに表示されるかを示す指標です。

 

2つの違いは広告の表示位置の違いになります。

検索広告のページ最上部インプレッションシェアの確認方法

Google広告管理画面を開きます。

広告管理画面左側「キャンペーン」を選択します。

キャペーンのページが現れたら、右側の小さいアイコン「表示項目」を選択してください。

「検索広告のページ最上部インプレッションシェア」を選択し「適応」をクリックすることでレポートに表示されます。

検索広告のページ最上部インプレッションシェアの改善方法

指標である検索広告のインプレッションシェアは同じ広告オークションに参加した競合の品質など、さまざまな要素で決まります。広告がオークションで競合できたと推定して計算されるため、あくまで推定値というのが現状になります。広告が表示されなかった場合でも、入札単価を2倍に設定することで広告を掲載できたというケースもあります。その場合は、もともと表示可能だったと推定されます。

こういった損失を減らすことも改善の近道になります。

下記にいくつかまとめますので参考にしてみてください。

データ品質を改善する

ショッピング キャンペーンでは、商品データによって広告の動作や成果が左右されます。商品データを最適化してみてください。

入札単価を引き上げる

入札単価を引き上げると、より目立つ位置に広告が表示される可能性が高まります。

予算を増やす

1 日の途中で予算がなくなってしまう場合は、予算を引き上げると、広告が目立つ位置に表示される可能性が高まります。

検索広告のページ最上部インプレッションシェアのまとめ

指標の違いを把握することで検索結果における状況を掴むことが可能になります。

今回ご紹介した「検索広告のページ最上部インプレッションシェア」など掲載位置に関する指標についても、それぞれどういった数値を表しているのかを明確に把握して広告運用を行っていきましょう。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事