ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




YouTube広告を配信した際に期間が異なっていたり、トラフィックに片寄ってしまったりなどでパフォーマンスを比較しにくかった経験はありませんか?

Google広告でリリースされた「動画テスト」で簡単にYouTube広告での検証をすることができるようになりました。

今回はそYouTube広告の動画テストについてご説明していきます。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

YouTube広告の動画テストとは

画像引用:動画テストを作成する

動画テストとは、動画広告のYouTubeでのパフォーマンスを相互に比較できる機能です。

動画テストでは、複数の動画広告を同じオーディエンスに向けて表示し、その結果をもとに、オーディエンスと相性のいい広告を割り出すことができます。

YouTube広告の動画テストで使用される用語

動画テストで使用される用語は下記になります。

ここで用語の意味を理解しましょう。

用語 意味
仮説 テストによって答えを出す質問や確認する命題を、仮説と呼びます。
テストアーム 動画テストは、2 つ以上のアーム(腕、分岐)のパフォーマンスを比較することによって行います。各テストアームは、各キャンペーン(または条件を統一したキャンペーン群)に対応します。
トラフィック配分 トラフィック配分とは、各テストアームに誘導するトラフィックの割合の指定です。テストアームが 2 つの場合は、トラフィック配分は均等に 50% ずつとするのが一般的です。
統計的有意性 2 つ以上の変数の関係が、偶然以外の要素によるものかどうかを判断する基準です。十分なデータが蓄積し、テスト結果が統計的に有意となれば、単なる偶然や運によるものではないと考えられます。

YouTube広告の動画テストは作成する前に

仮説を立てる

テスト戦略を決定するために、まず仮説を立てる必要があります。そして仮説はキャンペーンの全体的な目標と結びつける必要があります。例えば「顧客獲得キャンペーンでコンバージョン率が高いのは、2分のチュートリアルと15秒のダイレクトオファー動画のどちらの動画広告か」などが仮説といえます。

少なくとも二つの動画キャンペーンを作成

テストを設定する前に、異なるクリエイティブで、少なくとも二つの動画キャンペーンを作成します。各キャンペーンで同じ設定(オーディエンス、入札、広告フォーマットなど)を使用し、他のキャンペーン特性とは別に各動画広告のパフォーマンスを把握します。

YouTube広告の動画テストの作成方法

Google 広告を開き左側のページメニューから[下書きとテスト] をクリックします。

次に[動画テスト] をクリックします。プラスボタン をクリックして、新しいテストを作成します。

テストの名称と目標、各テストアームの名称を入力します。

[キャンペーンを選択] をクリックして、各アームにキャンペーンを割り当てます。

※1 つのアームに複数のキャンペーンを割り当てることはできません。

同じオーディエンスに対する各動画広告のパフォーマンスを比較する趣旨のテストなので、各アームには、それぞれ異なる動画広告を含むキャンペーンを指定しましょう。

 

テストの作成中、Google 広告の管理画面にインサイトや推奨事項が表示されることがあります。インサイトや推奨事項が緑色の場合は、そのまま設定を進めることができます。黄色または赤だった場合は、テストを保存する前に問題を解消しましょう。
[保存] をクリックして完了です。

動画テストを終了する

テストの実施中は、トラフィックが各テストアームのキャンペーンに均等に配分されています。キャンペーンに変更を加える場合は、まずテストを終了しましょう。テストを終了すると、各キャンペーンへのトラフィック配分は元どおりになります。

    1. Google 広告で、[動画テスト] を開きます。
    2. 終了するテストを見つけます。
    3. [テストを終了] をクリックします。

YouTube広告の動画テストのパフォーマンスの確認方法

Google 広告を開き左側のページメニューから[下書きとテスト] をクリックします。

次に[動画テスト] をクリックします。

結果を確認したいテストを選択します。

YouTube広告の動画テストのコツ

パフォーマンスの良かったテストアームに予算を集中させる

テストで統計的に有意な結果が出たら、最もパフォーマンスの良かったテストアームに予算を集中させ、他のテストアームは一時停止することで、最大限の成果を引き出すことができます。

パフォーマンスに差がなくても参考になる

パフォーマンスに有意な差が出なかったテストも参考になることがあります。たとえば、あるテストで 2 つのクリエイティブのパフォーマンスに差がなかったとしても、クリエティブの制作費用に差がある場合があります。

YouTube広告の動画テストのまとめ

動画テストの導入で実証された結果を活用することで、変化の激しい市場で機敏性を維持し、より効果的なキャンペーンを大規模に構築することができるようになります。

パフォーマンス以外にも指標があり、そちらも有効活用できるので積極的に活用してみてもいいかと思います。

ぜひこれを機にご利用してみてください。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事