ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




Google広告のキャンペーンでは広告出稿の目的に合わせてそ、効果が最大となるような入札の設定をできます。

それは入札戦略と呼ばれ、いずれもビジネスの特定の目標を達成することを目的としています

ただ入札戦略が無効となってしまった場合、広告が配信されなくなってしまいます。

今回はそちらの入札戦略の状態を確認できる指標「入札戦略タイプ」について解説していきます。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

入札戦略タイプとは

「入札戦略タイプ」によって、適切な広告の入札単価をどのように選択したかが分かります。入札戦略は、掲載結果の目標に合わせて、手動または自動で設定できます。入札戦略のタイプはいつでも変更できます。

「入札戦略タイプ」列には、ポートフォリオ入札戦略でない場合でもキャンペーンの入札戦略が表示されます。この列は、キャンペーンでポートフォリオ入札戦略を使用している場合にのみ挿入されます。

キャンペーンの入札戦略は目的に合わせて設定するのが基本になります。

次にどんな入札戦略があるのか、「入札戦略タイプ」列にどのような戦略が表示されるのか目標に別でご紹介します。

入札戦略タイプの種類

Google広告で利用できる入札戦略には、キャンペーンの種類に応じて複数の選択肢があります。広告の掲載先ネットワークとキャンペーンで重点的に獲得したい下記の要素に応じて、最適な入札戦略を選択できます。

  • クリック
  • インプレッション
  • コンバージョン
  • 視聴

参照:目標に合わせた入札戦略を選択する– Google広告ヘルプ

クリック

クリック数の最大化

クリック目標に合わせて入札単価を設定する最も簡単な方法です。1 日の平均予算を設定するだけで、その予算内で最大限のクリック数を獲得できるように、入札単価が Google 広告システムにより自動的に調整されます。

個別クリック単価制

上限 CPC による入札をご自身で管理することができます。

インプレッション

目標インプレッション シェア

Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価が設定されます。

インプレッション単価制(CPM)

YouTube または Google ディスプレイ ネットワークで発生したインプレッション数(広告が表示された回数)に基づいて料金が発生します。

目標インプレッション単価(tCPM)

インプレッション 1,000 回に対してお支払いいただける平均額を設定する入札戦略です。

視認範囲のインプレッション単価制(vCPM)

広告の目標が認知度向上で、必ずしもクリック数またはトラフィックを増やす必要がない場合に使用できる個別単価設定戦略です。

コンバージョン

キャンペーンでコンバージョンを重視する場合は、入札単価を設定する際の手間のかかる作業と推測に頼った作業の大部分を排除するために、スマート自動入札を活用することが推奨されています。

スマート自動入札では 5 つのスマート自動入札戦略をご利用いただけます。

目標コンバージョン単価(CPA)

目標コンバージョン単価を使用して、特定のコンバージョン単価を目指しながらコンバージョンを増やすことができます。

目標広告費用対効果(ROAS)

目標広告費用対効果を使用して、特定の広告費用対効果を目指しながらコンバージョン値を引き上げることができます。

コンバージョン数の最大化

特定のコンバージョン単価を目指すのではなく、コンバージョン重視で最適化して予算を使い切りたい場合は、コンバージョン数の最大化を使用することができます。

コンバージョン値の最大化

特定の広告費用対効果をターゲティングする代わりに、予算全体を使用してコンバージョン値を最大化できるように最適化する場合は、コンバージョン値の最大化を使用します。

拡張クリック単価(eCPC)

個別に設定した入札単価が自動的に調整されることで、コンバージョンを最大限に獲得できるようにする場合は、eCPC を使用できます。これは、クリック単価制での個別単価設定で使用できるオプションの機能です。

視聴

動画広告を掲載する場合は、広告視聴単価制(CPV)を使用できます。

入札戦略タイプが無効になってしまった場合

入札戦略タイプではGoogle 広告クライアントセンター(MCC)アカウントが所有するポートフォリオ入札戦略の一部であったキャンペーンからMCC アカウントのリンクが解除されると、入札戦略は無効と表示されることがあります。

MCC アカウントのリンクされていない/解除されている場合

Google 広告クライアント センター(MCC)アカウントが所有するポートフォリオ入札戦略の一部であったキャンペーンから MCC アカウントのリンクが解除されている場合、MCC アカウントが所有するポートフォリオ入札戦略で使用されているキャンペーンをコピーして、その MCC アカウントにリンクされていないアカウントに貼り付ける場合に無効と表示されてしまいます。その際は適切な入札戦略を選択する必要があります。

無効と表示されていないが配信が停止している場合

MCCアカウントのリンクが有効なのにも関わらずキャンペーンの配信されていない場合があります。その際は適切な入札戦略が割り当ててください。

入札戦略タイプの表示列への追加方法

Google広告管理画面を開きます。

広告管理画面左側「キャンペーン」を選択します。

キャペーンのページが現れたら、右側の小さいアイコン「表示項目」を選択してください。

 

キャンペーンの表示項目の変更から「属性」をクリックします。

「属性」から「入札戦略タイプ」を選択し「適応」をクリックすることでレポートに表示されます。

入札戦略タイプのまとめ

広告を出稿する際に入札戦略は誰もが確認する項目でしょう。

その際は無効になり配信が停止しなようにスムーズに広告が出稿できるように確認しましょう。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事