▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




2021年5月12日より、Yahoo!検索広告にも、レスポンシブ検索広告の機能が追加されます。

参考: 【検索広告】レスポンシブ検索広告提供開始のお知らせ Yahoo!JAPAN広告

 

Google広告では既にあった機能で、デフォルトの広告作成はRSAにされる程度には一般的でしたが、今回Yahoo!でも実装される運びになりました。

参考: Google 広告の検索キャンペーンのデフォルト設定がレスポンシブ検索広告(RSA)に変更されました

 

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

そもそも、レスポンシブ検索広告(RSA)とは

複数パターンの広告見出し・説明文を、機械学習を利用して組み合わせ、ユーザーに関連性の高い訴求を自動で行ってくれる広告パターンのことです。

組み合わせのA/Bテストを人力で複数個設定する手間が省けます。

 

入稿規定

  • 最大入稿件数
    タイトル:15件
    説明文:4件
  • 必須入稿件数
    タイトル:3件以上
    説明文:2件以上
  • 文字数
    タイトル:全角15文字、半角30文字
    説明文:全角45文字、半角90文字

 

引用: 【検索広告】レスポンシブ検索広告提供開始のお知らせ

 

レスポンシブ検索広告の注意点

2. 同一広告グループ内に拡張テキスト広告を2つは入れる

 

レスポンシブ広告単体のみの入稿ではなく、拡張テキスト広告を同一広告グループ内に最低でも2つ同時に入稿することを、Googleが推奨しています。

参照:効果的なレスポンシブ検索広告を作成する

 

3. 広告グループ内にレスポンシブ検索広告は1つにとどめる

こちらもGoogleの推奨です。複数のレスポンシブ検索広告を同一広告グループ内に入れてしまうと、最適化遅延の原因になります。

 

 

 

レスポンシブ検索広告(RSA)について更に詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事