ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

お申し込みはこちらから

宣伝失礼しました。本編に移ります。




今回、Google広告では、オーディエンスに関する用語とオーディエンスレポートのアップデートが発表されました。

オーディエンスレポーについては、オーディテンスのユーザー属性、セグメント、除外情報に関する情報が、オーディエンスタブにまとめられました。

本記事では変更された用語とオーディエンスレポートの確認方法について紹介します。

参考:オーディエンスに関する用語やフレーズの更新

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

オーディエンスに関する用語の更新

今回のアップデートでGoogle広告では以下の用語が変更されます。

変更前 変更後
リマーケティング 広告主様のデータ
アフィニティ(カテゴリ) アフィニティ(セグメント)
購買意向の強いオーディエンス 購買意向の強いセグメント
ライフイベント(オーディエンス) ライフイベント(セグメント)
詳しいユーザー属性(オーディエンス) 詳しいユーザー属性(セグメント)
カスタムオーディエンス カスタムセグメント
組み合わせオーディエンス 組み合わせセグメント
類似ユーザー 類似セグメント

 

よく使用されていた「リマーケティング」が「広告主のデータ」と新しく変更されました。

また、「オーディエンス」「カテゴリ」「ユーザー」が「セグメント」と統一されていますのでチェックしておきましょう。

参考:オーディテンスに関する用語やフレーズの更新

オーディエンスレポートの確認方法

オーディエンスレポートの確認方法についてみていきましょう。

Google広告の管理画面で赤枠の「オーディエンス」タブを選択します。

左側の「表を表示」をクリックするとターゲットごとに「オーディエンスセグメント」、「ユーザー属性」、「除外」の3つの配信結果を確認出来ます。

参考:オーディエンスレポートについて

最後に

今回のアップデートで機能的な変更は特になくそのまま配信し続けることが可能です。ですが長く使われていた用語が変更となり、困惑してしまうのは事実ですね。設定方法や名称の変更で操作にも少し戸惑うかもしれませんが、新しい用語をしっかりインプットして使用することで慣れ、今後のアップデートにも備えていくことが重要になりそうです。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事