▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




Googleに続き、Yahoo!広告も検索広告のマッチタイプにおける絞り込み部分一致が、フレーズ一致と統合吸うことを発表しました。

本アップデートは、2021年6月〜7月に適用される予定です。

 

【検索広告】マッチタイプの一部変更について

 

新フレーズ一致がどのような挙動になるか、運用者が今後考えるべき対応など解説していきたいと思います。

基本的にはGoogleのマッチタイプのアップデートと重なる部分があり、Yahoo!特有のの箇所はそこまで多くない印象ですが、今回始めてマッチタイプのアップーデートをご覧いただく方のためにも、要点を絞って解説いたします。

 

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

Yahoo! 新フレーズ一致の挙動

図のように、絞り込み部分一致の対応範囲が、フレーズ一致に統合されるイメージです。

 

既に絞り込み部分一致で入稿されているキーワードに関しては、2021年6月からは、新フレーズ一致として扱われ、2021年7月から新規作成ができなくなります。

旧来のフレーズ一致との比較

要点を絞って解説します。旧来のフレーズ一致の場合、掛け合わせで設定した場合、語順が変わった場合には拾ってくれませんでしたが、今回のアップデートでは「意味同じだが語順の異なる類似パターンでも表示される」という点が特筆スべき点です。

 

 

 

例えば

  • ギフト クリスマス
  • クリスマス ギフト

の場合、語順は異なりますが、意味は同じなので、

“ギフト クリスマス”

のキーワードを入稿しておけばどちらも拾ってくれます。

 

広告運用者が仕様変更に備えてできること

Googleと同様に

  • フレーズ一致を利用している場合は、語順違いも拾われることも加味して、除外キーワードを設定する
  • 絞り込み部分一致を利用している場合は、キーワードの追加(フレーズ一致)をする
  • スマート自動入札&部分一致主体のアカウント構成を検討する

の3点を意識して、今後の運用に備えましょう

 

参考: Google絞り込み部分一致がフレーズ一致と統合し、2021年7月に完全撤廃。具体的に何が変わるの?

 

 

 

 

 

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事