ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

お申し込みはこちらから

宣伝失礼しました。本編に移ります。




▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

Google 広告エディター(Google Ads Editor)は、Googleが提供するGoogle 広告のキャンペーンを管理する無料ツールです。

広告の編集をする際に、「新しく広告グループを作りたいけど一から作るのは面倒…」

「広告文をテストしたいけど追加に時間がかかってしまう…」など管理画面からの設定や変更に時間がかかってしまっている方も多いのではないでしょうか?

Google広告の管理画面からいくつもの広告の設定や変更をするには、時間や手間がかかり、途中で投げ出してしまいたくなるものです。

そこで役立つのがGoogle 広告エディター(Google Ads Editor)になります。

ただ、いざ使ってみようと思ったけど「どんな時に使ったらいいのかわからない」「どうやって使ったらいいの」などと悩まれてる方もいることでしょう。

そこで今回は、複数の設定・変更・削除を一括管理するGoogle広告のアプリケーション、Google 広告エディター(Google Ads Editor)を21年4月にリリースされたGoogle 広告エディタバージョン 1.6の新機能やアップデートについても触れ徹底解説していきます。

Contents

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Google広告エディターとは?

Google広告 エディターは、Google広告(ツール)を運用する際に便利なツールです。
Google広告エディターを使用することで、広告アカウントから設定情報をダウンロードし、キャンペーンの更新・変更を行った後、再び広告アカウントにアップロードできます。
具体的には以下のようなことを行うことができます。

  1. オフライン環境でのアカウント設定の変更
  2. キャンペーン,広告グループの作成・コピー・複製
  3. 広告文の一括追加・削除・変更
  4. キーワードの一括追加・削除・変更
  5. URLの一括変更

 

引用:Google 広告エディタについて-Google広告エディターヘルプ

 

Google広告エディター(Google Ads Editor)で使用できるGoogle広告の種類

Google広告エディター(Google Ads Editor)で利用できる広告の種類を一通りご紹介します。

  • テキスト広告

文字のみの広告です。

  • イメージ広告

画像の広告です。

  • ディスプレイ広告ビルダーで作成した広告

ディスプレイ広告ビルダーは、AdWordsアカウント内で手軽にイメージ広告を作成できるツールです。

  • 動的検索広告

検索連動型広告のひとつで、広告主のWebサイトに基づいて検索語句と関連性が高いページをリンク先に設定し、自動で広告出稿します。広告文も自動作成されるため、キーワード選定・登録、広告文の作成の3つが自動化できます。

  • 商品ショッピング広告

ユーザーの検索結果に合わせて、検索画面に商品の画像、名称、価格、店舗名や会社名などを併せて表示できる広告で、ワンストップで購入画面に誘導できます。

  • 動画広告

YouTubeやGoogleディスプレイネットワーク上で表示される動画の広告です。

  • プロモート動画広告

ユーザーが指定したキーワードに連動して、YouTubeなどで自動で表示する動画広告です。

  • 電話専用広告

電話発信が可能なデバイスにのみ表示される広告で、クリックすると電話問い合わせができます。

  • 広告パラメータを使用した広告

Yahoo!プロモーション広告など、Google広告以外の広告からの流入も計測したい場合に、リンク先のURLにGoogleアナリティクスのパラメータをつけてGoogleアナリティクスと連携している広告のことです。

  • 広告テンプレート広告

広告テンプレート広告をダウンロードして、同じアカウントの他のキャンペーンにコピーできます。

  • アプリ訴求広告

モバイル端末でGoogleの関連サイトに表示されるアプリ訴求広告です。ダウンロードして、同じアカウントの他のキャンペーンにコピーできます。

  • レスポンシブ動画広告(動画アクション広告または動画パフォーマンス広告)

Google 広告エディタ バージョン 1.6(2021年4月)からサポートが開始されました。

TrueView アクションの機能をベースとしており、1 つのキャンペーンで YouTube および YouTube 以外の多様な場所に自動的に広告を掲載できます。

 

Google広告エディター(Google Ads Editor)の請求、費用

Google 広告エディター(Google Ads Editor)はGoogleが提供するGoogle広告のキャンペーンを管理するツールでので管理画面で設定されているお支払い先に請求がされます。

また費用面もGoogle広告の費用と連携しているのでGoogle広告エディター(Google Ads Editor)だからと言って変更点はございません。

 

Google 広告エディター(Google Ads Editor)はGoogleが提供するGoogle広告のキャンペーンを管理するツールでので管理画面で設定されているお支払い先に請求がされます。

費用面もGoogle広告の費用と連携しているのでGoogle広告エディター(Google Ads Editor)だからと言って異なる点はございません。

またGoogle 広告エディター(Google Ads Editor)でキャンペーンを設定する際に費用面では下記の7点が設定可能です。どのキャンペーンタイプで出稿するかによって設定ができない項目もあります。

  • 予算(JPY)
  • 予算タイプ
  • 単価設定
  • パソコンの入札単価調整
  • モバイルの単価調整比
  • タブレットの入札単価整
  • テレビ画面の入札単価調整

今回は設定必須の予算(JPY)、予算タイプ、単価設定や入札単価調整の要件について記しますので参考にしてみてください。

予算(JPY)

予算を1円単位から設定できます。

予算タイプ

「平均1日あたり」と「キャンペーンの合計」が選択できます。

単価設定

  • 個別クリック単価

個別単価制では、広告のクリック 1 回に対してお支払い可能な上限額をご自身で管理できます。

      • 手動の広告視聴単価

      1 回の視聴に対して支払いが発生する動画キャンペーンの入札方法です。

      1 回の視聴に対してお支払い可能な上限額を設定します。

      • 個別インプレッション単価

      Google ディスプレイ ネットワークでの表示回数 1,000 回あたりに対して入札する方法です。

        • クリック数の最大化

        自動入札戦略の一種で、指定した予算内でクリック数を最大化できるように入札単価が自動的に調整されます。

        • 目標コンバージョン単価

        目標コンバージョン単価は Google 広告スマート自動入札戦略のひとつで、指定した目標コンバージョン単価以下でコンバージョンを最大限に獲得できるように入札単価が自動調整されます。

        • 目標広告費用対効果

        「目標広告費用対効果」では、目標として設定した広告費用対効果(ROAS)に基づいて入札が行われます。Google 広告スマート自動入札戦略を使って、指定した目標広告費用対効果に沿ってコンバージョン値や収益を増やすことができます。

        • コンバージョン数を最大化

        指定の予算を消化しつつ最大限のコンバージョン数が得られるよう、入札単価を自動設定します。高度な機械学習とオークションごとの自動入札機能により、オークションのたびに入札単価が自動的に最適化されます。

        • コンバージョン値を最大化

        「コンバージョン値の最大化」入札戦略を使用すると、指定した予算の範囲内でキャンペーンの合計コンバージョン値を最大化できます。

        • 目標インプレッションシェア

        目標インプレッション シェアは、Google 検索結果ページの最上部、上部、または任意の場所に広告が表示されるように、自動的に入札単価を設定するスマート自動入札戦略です。

         

        入札単価調整の要件

        さまざまな入札単価調整とその要件と各キャンペーン タイプとの互換性について説明します。

        キャンペーンのタイプ デバイス 地域 広告のスケジュール設定 上位のコンテンツ(ディスプレイ ネットワーク、YouTube) ターゲティング方法 検索広告向けリマーケティング リスト(検索ネットワーク) インタラクション(通話に基づく入札単価調整) ユーザー属性
        検索ネットワーク キャンペーン 不可
        ディスプレイ ネットワーク キャンペーン 不可 なし
        ショッピング キャンペーン 不可 不可 なし 不可
        動画キャンペーン 不可 不可 なし 不可
        アプリ キャンペーン なし なし なし なし なし なし なし なし
        スマート アシスト キャンペーン なし なし なし なし なし なし なし

         

         

        検索キャンペーンでの自動入札の各戦略でサポート

        検索キャンペーンで使用される自動入札戦略と、各戦略でサポートされている入札単価調整の種類を次の表にまとめております。

        入札単価調整のタイプ 100% 引き下げ クリック数の最大化 目標インプレッション シェア 目標コンバージョン単価 目標広告費用対効果 コンバージョン数の最大化 コンバージョン値の最大化
        デバイス 100% 引き下げのみ 可* 100% 引き下げのみ 100% 引き下げのみ 100% 引き下げのみ
        地域 不可 不可 不可 不可 不可 不可
        広告のスケジュール設定 不可 不可 不可 不可 不可 不可
        オーディエンス
        (RLSA を含む)
        不可 不可 不可 不可 不可 不可
        通話 不可 不可 不可 不可 不可 不可
        ユーザー属性 不可 不可 不可 不可 不可 不可

        引用:入札単価調整について-Google広告ヘルプ

        Google広告エディター(Google Ads Editor)の導入方法

        Google広告エディター(Google Ads Editor)のセットアップの手順を説明していきます。

        以下に沿って進めてみてください。

        Google広告エディター(Google Ads Editor)のダウンロード

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae1-scaled.jpg

        まずは「Google 広告エディター(Google Ads Editor)」のダウンロードをしてください。

        参考:Google Ads Editorをダウンロード上のページからダウンロードできます。

        アカウント情報のダウンロード

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae2.jpg

        Google広告エディター(Google Ads Editor)を開くと最初はこのような画面になっています(このスクリーンショットを撮るとき、既にアカウント連携しているため、3つほど表示されています)。

        これがGoogle広告エディター(Google Ads Editor)のホーム画面です。

        アカウントの情報をダウンロードするには、左上にある追加のボタンからアカウントの連携を行うことが必要です。そうしてGoogle広告のデータをGoogle広告エディター(Google Ads Editor)にダウンロードします。

        1. 追加ボタンをクリック

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae3.png

        2.「ブラウザを開いてログイン」をクリック

        ※アプリ内ブラウザからでもできますが、今回はこのように説明します。

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae4.jpg

        3. 認証コードを貼り付ける

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae5-scaled.jpg

        「ブラウザを開いてログイン」をクリックすると、認証コードの入力を要求されます。

        また、クリックを押したと同時にブラウザが起動しGoogle広告のログイン画面が表示されますので、Google広告に紐づいているGoogleアカウントを選択してログインを実行してください。

        すると下記のように認証コードが表示されるはずです。

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae6.png

        その認証コードをGoogle 広告エディター(Google Ads Editor)の方に貼り付けて「OK」を押してください。

        4.アカウントを選択する

        紐づいているGoogle広告のアカウントが表示されますので、ダウンロードしたいアカウントを選択して、「OK」を選択。

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae7.jpg

        「ダウンロードを確認」が表示されるので、「全てのキャンペーン」を選択してOKを押すとアカウントのダウンロードが始まります。

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae8.png

        その後、このような画面が出てきたらGoogle広告エディター(Google Ads Editor)の準備は完了です。

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae9.jpg

         

        Google広告エディター(Google Ads Editor)が正常に起動しない場合の対処法

        Google広告エディター(Google Ads Editor)を導入する際

        • 正常にダウンロードできない
        • ダウンロードしたにも関わらず起動しない

        上記のようなトラブルがあるときは、ウイルス対策ソフトウェアや OS(Windows、Mac)に関することが原因の可能性があります。

        またその他のセットアップの問題を解決するときは、トラブルシューティングをご参考ください。

         

        またセットアップ完了後に正常に表示されないときは、OS が対応していないことが原因かもしれません。

        そちらはシステム要件については公式ページよりご確認ください。

        再インストールするためにGoogle広告エディター(Google Ads Editor)をアンインストールしたいときは、下記ページの手順にそっておこなってください。

        参考:Google 広告エディタをアンインストールする|Google 広告エディターヘルプ

         

        Google広告エディター(Google Ads Editor)の画面構成

         

        ①アプリケーション メニュー ;アカウント、編集、広告運用ツール、データ、ヘルプがあるメニュー
        ②ツールバー :特定のアカウントを開いたり、アカウントの最新情報を取得したり、Google 広告エディターで変更した内容の確認や送信などができる領域
        ③ツリービュー :追加したアカウントにあるキャンペーン、広告グループが表示される領域・変更する場合は、該当するキャンペーンまた広告グループを選択する
        ④タイプリスト :ツリービューで選択したキャンペーンまた広告グループに関する変更したいデータを選択する領域・たとえば、ツリービューで特定のキャンペーンを選択し、タイプリストでキーワードを選択すると、ツリービューで選択したキャンペーンのキーワードがデータパネルに表示される
        ⑤データパネル :ツリービューとタイプリストで選択したキャンペーンまた広告グループのデータが表示される領域
        ⑥編集パネル :データパネルで選択したデータを編集する領域

        Google広告エディター(Google Ads Editor)の基本的な使い方

        Google広告エディター(Google Ads Editor)でのキャンペーン作成から広告を配信するまでの手順を説明していきます。

        1.キャンペーンの追加と設定

        タイプリストで「キャンペーン」を選択します。そのあと、「キャンペーンを追加」をクリックしてください。

         

        キャンペーンが追加されたら、キャンペーンの設定をおこないます。まずGoogle広告エディター(Google Ads Editor)で次の項目を設定してください。

         

        • キャンペーン名
        • ステータス
        • 予算
        • 単価設定
        • キャンペーンタイプ
        • 検索ネットワークを含める
        • ディスプレイネットワークを含める
        • 開始日

        赤枠で囲まれている部分を埋めてください。

        2.広告グループの追加

        ①ツリービューで広告グループを追加したい「キャンペーン」を選択します。

        ②タイプリストで「広告グループ」を選択します。

        ③そのあと、「広告グループを追加」をクリックしてください。

        ④編集パネルが開放されるので広告グループの設定をおこないます。Google広告エディター(Google Ads Editor)での設定では次の項目を入力するのをおすすめします。

        • 広告グループ名
        • デフォルトの上限クリック単価

         

        3.キーワードの追加と設定

         

        ①ツリービューでキーワードを追加したい「キャンペーン」を選択します。

        ②タイプリストで「キーワードとターゲット設定」→「キーワード」の順に選択します。

        ③そのあと、「+キーワードを追加」をクリックしてください。

        ④キーワードが追加されたら、キーワードの設定をおこないます。Google広告エディター(Google Ads Editor)で設定するとよいのは次の項目です。

        • キーワード
        • マッチタイプ

        4.広告(拡張テキスト広告)を追加と設定

        広告の追加方法を説明していきます。

        今回は拡張テキスト広告を例に進めてきます。

        ①ツリービューで広告を追加したい「広告グループ」を選択します。

        ②タイプリストで「広告」→「拡張テキスト広告」の順に選択します。

        ③「+拡張テキスト広告を追加」をクリックしてください。

        ④拡張テキスト広告が追加されたら、広告の設定をおこないます。下記の項目を設定し完了です。

        • 見出し1
        • 見出し2
        • 広告見出し3
        • 広告文1
        • 広告文2
        • パス1
        • パス2
        • 最終ページURL

        5.変更内容を確認

        キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告で設定した内容に問題がないか確認しましょう。確認したら、送信前にエラーが起きていないかを確認します。「変更内容の確認」をクリックしてください。

        「すべてのキャンペーン」を選択し、そのあと「変更内容を確認」をクリックします。また、「選択したキャンペーン」を選択すると、選択したキャンペーンのみ変更内容を確認できます。

         

         

        問題ない場合は「閉じる」をクリックして終わります。

        もしこのときにエラーが発生している場合は、次のように進めてください。

         

        エラー発生している箇所は、赤の感嘆符(!)が表示されます。

        画面の下部にエラーの理由が表示されましすので、「違反を表示」をクリックし修正してください。

         

         

        エラーの修正が完了したら、そのあと「変更内容を確認」を再度クリックしてください。

        6.送信

        変更した内容を送信します。

         

        「すべてのキャンペーン」を選択し、そのあと「変更内容を確認」をクリックします。「選択したキャンペーン」を選択すると、選択したキャンペーンのみ送信できます。

         

        送信が完了したら、Google 広告の管理画面にログインし、変更した内容が反映されていることを確認しましょう。

        反映されステータスが有効になっているか確認できたら出稿完了です。

        Google広告エディター(Google Ads Editor)の注意点

        Google広告エディター(Google Ads Editor)でダウンロードをする際の注意点

        以下三つを、Google 広告エディター(Google Ads Editor)でダウンロードする際には気を付けましょう。

        1. 毎回必ず、「最新の変更を取得」を実行する。
        2. 編集するアカウントに注意する。
        3. インポートの設定を確認する。

        毎回必ず、「最新の変更を取得」を実行する。

        Google広告エディター(Google Ads Editor)を使用する際には毎回必ず「最新の変更を取得」を実行して、最新のデータをGoogle広告エディター(Google Ads Editor)にダウンロードしてから操作を行うようにしてください。

        https://digima-labo.com/wp-content/uploads/2020/12/ae10.png

        これを行わないと、以前の古いデータが管理画面に反映されてしまい、意図せぬ配信設定になってしまう可能性があります。

        そのため繰り返しになりますが、必ず「最新の変更を取得」を実行してください。「最新の変更を取得」する場合に、次の2つのダウンロードオプションを選択することが可能です。

        1. 基本(速い):First Page Bid の見積もり、ページ上部表示の推定入札単価、品質スコア、広告の承認情報が不要な場合はこちらを選択
        2. 詳細データ(遅い):上記の情報も全て含めたい場合はこちらを選択

        ダウンロードに多少時間がかかりますが、急ぎではない場合は 「詳細データ」を選択しておけば間違いありません。

        編集するアカウントに注意する。

        複数のアカウントを所持していると、意図しないアカウントを編集してしまうミスが懸念されます。現在、ログインしているアカウントを把握するためには、左上にあるメールアドレスとお客様IDで確認することができます。

        インポートの設定を確認する。

        インポートの設定をすることで、同じ広告文でも、表示URL・最終ページURL・パスが異なる場合は新しい広告を作成することができます。インポートの設定がデフォルトの状態だと、新しいURLやパスに変更されるだけになるので注意が必要です。[広告運用ツール] > [設定]から設定を変更します。

         

        Google 広告エディター(Google Ads Editor)のまとめ

         

        多くの広告を出稿するのであれば、一括編集などができる必須のツールだと言えるでしょう。

        シンプルな画面で操作しやすいので、時間の節約が容易になるでしょう。

        また管理画面ではミスが発見しにくい場合もありますが、サポートもありオフライン上のGoogle広告エディター(Google Ads Editor)で設定を行えば、間違いがないかを確認しながら設定を進めることができます。

        便利な機能も多いので、ぜひGoogle広告エディター(Google Ads Editor)で効率化して、生産性を上げていきましょう。

         

        また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
        ・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
        ・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
        ・記事に書いてない問題点が発生している
        ・記事を読んでもよくわからなかった
        など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

        ▼フォームはこちらから▼

        また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

        ▼資料一例▼

        previous arrow
        next arrow
        Slider

        ▼当社の実績が気になる方はこちら▼

        previous arrow
        next arrow
        Slider

        ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

        【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

        ▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

        この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

        Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

        おすすめの記事