▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




2021年2月より、フレーズ一致の動作に絞り込み部分一致(BMM)の動作が組み込まれます。

2021年2月5日現在では、「フレーズ一致キーワードと絞り込み部分一致キーワードのマッチング動作には差がなくなる」とGoogle公式は述べていますが、厳密には拾うことのできるクエリの範囲が、フレーズ一致がより絞り込み部分一致に近づいた、と言う所感で、差が完全になくなったわけではありません。

 

キーワードを簡素化し、目的の顧客層にリーチしやすくするため、2021 年 2 月よりフレーズ一致の動作に絞り込み部分一致(BMM)の動作が組み込まれます。これにより、フレーズ一致キーワードと絞り込み部分一致キーワードのマッチング動作には差がなくなり、指定したキーワードの意味を含む検索であれば広告の表示対象となります。

引用: 検索広告を目的のユーザーに表示しやすくするために

 

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

旧来のフレーズ一致との比較

まずはGoogle公式で発表されている文章と図をみていきたいと思います。

新しいマッチング動作では、語句の順序も意味を踏まえて解釈されます。たとえばフレーズ一致キーワード “moving services NYC to Boston”(「引っ越しサービス ニューヨーク市からボストンへ」)の場合、”affordable moving services NYC to Boston”(「低価格引っ越しサービス ニューヨーク市からボストンへ」)などに一致する点は変わりませんが、これに加えて、従来は絞り込み部分一致でしか一致しなかった “NYC corporate moving services to Boston”(「ニューヨーク市 企業向け引っ越しサービス ボストンへ」)などにも一致するようになります。フレーズ一致では、語順が逆になった検索(“Boston to New York City”(ボストンからニューヨーク市)など)は広告表示の対象とはなりません。

 

引用: フレーズ一致と絞り込み部分一致の変更について

 

つまり、旧来の絞り込み部分一致に語順の制約がついたものが、新フレーズ一致と認識して大丈夫です。

 

注意: Google公式の参考図は間違っており、上記図でいう「引っ越し サービス東京から神奈川まで 」は、新バージョンの絞り込み部分一致でも、対応範囲内になっております。

 

新フレーズ一致の特徴を別の言葉で言い換えると

  • 間に語句が入り込んだ場合でも対応範囲に含まれる
  • ただし、語順が変わった場合には対応できない

と言うなんとも絶妙な対応範囲に変更されてしまいました。

 

上記の例で言うと

” 引っ越し サービス 東京 から 神奈川 ”

というフレーズ一致の入札した場合、

「格安 引っ越し サービス 東京から神奈川まで」

「引っ越し サービス 東京から 神奈川まで」

は対応範囲内ですが

「引っ越し サービス 神奈川から 東京まで

は対応範囲外になります。

▼修正版画像▼

 

 

 

筆者的考察

*2021年2月時点

⑴語順の変わった検索語句を全く拾わないは嘘!類似パターンによる拡張に注目

例えば、

「ブライダル おすすめ」

「おすすめ ブライダル」

の検索語句の場合、語順が変わっているから

“ブライダル おすすめ”

“おすすめ ブライダル”

をそれぞれ登録する必要がある、と思われがちですが、これは間違いです。

大切なのはユーザーの検索意図で、検索意図が同じものであれば、類似パターンの判定によって、語順が変わったとしても、対応範囲に含まれます。

ちょうど完全一致の語句の組み合わせと類似パターンと同様の考え方と言ってもいいでしょう。

引用: キーワードのマッチタイプについて

 

⑵ヘルプの誤爆で誤解を産んだが、長期的に見たらプラットフォームとしては正解

誤解を産むヘルプの日本語訳に翻弄されましたが…

長期的にGoogleがマッチタイプを減らしたい意図があるのであれば、今回のアップデートは長期的には改良と言えるでしょう。

あくまでも筆者の予想ですが、Googleは長期的には現在存在する4つのマッチタイプ(部分一致・フレーズ一致・絞り込み部分一致・完全一致)を全て統合する意図があるのではないでしょうか。

対応範囲が適切かつマッチタイプが少ないのであれば、運用者の工数は負担歯減ります。

 

広告運用者が仕様変更に備えてできること

フレーズ一致を利用している場合は、語順違いも拾われることも加味して、除外キーワードを設定する

前述の通り、検索意図が同じであれば、語順が異なっても拾われてしまう可能性があります。ただし、こちらの精度も完全ではなく、検索意図を100%Googleで加味することはできません。念の為、語順が異なる&検索意図が異なるキーワードに関しては、除外キーワードで設定しておきましょう。

絞り込み部分一致を利用している場合は、キーワードの追加(フレーズ一致)をする

今回の仕様変更により、現状のキーワードの設定方法によってはトラフィックが減少する場合があります。対策として、以下のような方法でキーワードを追加することが考えられます。

  • 検索語句レポートを確認し、成果のある検索語句をキーワードとして追加する
  • [キーワードを追加] で表示される追加キーワードの提案や、キーワード プランナーを参照する

スマート自動入札&部分一致主体のアカウント構成を検討する

ユーザーの検索行動は変化し、検索語句も多様性に富む中、表記揺れやこれまで検索されてこなかったキーワードでの検索は、今後も増え続けると予想されます。

これらに全て人力で対応することは不可能であり、テクノロジーといかに共存して運用するか?は引き続きメイントピックになってくると思われます。

また、自動入札の台頭により、部分一致メインのアカウント構成も多く見受けられるようになりました。

tCPA設定に長期的に移行する前提での広告アカウントの設計の下、マッチタイプもそれに付随して部分一致メイン主体で組めるようなビジョンで運用されてみてはいかがでしょうか。

 

 

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事