ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

ディスプレイ広告のインプレッションシェア損失率(予算)とは

ディスプレイ広告のインプレッションシェア損失率(予算)とは、予算が不足していることが原因で、ディスプレイネットワークに広告が表示されなかった回数の割合を指します。

下記の計算式で算出できます。

インプレッションシェア損失率(予算)=
「広告が表示される可能性がある回数」÷「実際に広告が表示された回数」

ディスプレイ広告のインプレッションシェア損失率(予算)の表示列への追加方法

Google広告管理画面を開きます。

広告管理画面左側「キャンペーン」を選択します。

キャペーンのページが現れたら、右側の小さいアイコン「表示項目」を選択してください。

「ディスプレイ広告のインプレッションシェア損失率(予算)」を選択し「適応」をクリックすることでレポートに表示されます。

ディスプレイ広告のインプレッションシェア損失率(予算)の改善方法

予算を上げる

予算による損失率を改善するには、予算を増やし、より広告コストをかけることで改善されます。予算を増やすことで、日予算の上限に余裕ができ、効率的な広告配信を行うことが可能です。

ターゲット地域を減らす

ターゲット地域を減らすと、インプレッション シェアが高くなる可能性があります。ただし、獲得が見込まれるインプレッション数が減少してしまうのでご注意ください。

ディスプレイ広告のインプレッションシェア損失率(予算)のまとめ

インプレッションシェア損失率は、インプレッションシェアの値が低い理由を理解するため重要な指標になります。

検索広告のインプレッションシェア損失率(予算)は、予算を引き上げることターゲットを絞ることで0%に近づけることができるのでぜひ確認し活用してみてください。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事