ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




皆さんはYouTubeで動画を見ている際に関連動画から関連動画へ次々と動画を見てしまった経験はありませんか。

興味のある動画が次々と知れて便利な機能ですよね。

 

実はその関連広告の利点をを使った広告があるのはご存知ですか?

 

今回はTrueViewディスカバリー広告、TrueViewディスカバリー広告などでも表示場所として利用される関連動画の広告について、YouTube広告で活用できる関連動画の機能や設定方法などを解説していきます。

 

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

YouTube広告の関連動画とは

画像引用元:関連動画について– Google 広告 ヘルプ

関連動画は、YouTubeでの動画広告の再生時に、その下に設定した関連動画のリストを表示できます。

関連動画を使用すると、メインの動画広告のメッセージをより印象づけ、ユーザーにチャンネル内の他の動画へのエンゲージメントを促すことができます。

その他には下記の様な効果が見込めます。

  • メインの動画広告のメッセージに広がりをもたせることができる。
  • 自身のクリエイティブ(YouTube チャンネル内の他の動画も含む)で視聴者の関心を維持できる。
  • 関連動画は、ユーザーがモバイル デバイスを縦向きで使用した際、メインの動画広告の下のスペースを活用して表示できるため、モバイル ユーザーのエンゲージメントをより効果的に促進できる。

YouTube広告の関連動画を利用可能なキャンペーンの目的

関連動画は、 [商品やブランドの比較検討] と [ブランド認知度とリーチ] のキャンペーン目的で選択できます。

CPV(広告視聴単価)もしくは目標インプレッション単価の入札戦略を使用すると、目標を指定せずに動画キャンペーンを作成できます。

 

関連動画は [商品やブランドの比較検討] と [ブランド認知度とリーチ]をキャンペーンの目的に選択肢とキャンペーンのサブタイプをセットで選択したときに設定できます。

◯=関連動画が利用できる組み合わせ

検討段階で
働きかける
スキップ可能な
インストリーム
スキップ不可の
インストリーム
バンパー 広告シーケンス カスタム動画
キャンペーン
商品やブランドの
比較検討
ブランド認知度と
リーチ
キャンペーン目標を
設定しない

YouTube広告の関連動画の設定方法

ここでは、YouTube広告の関連動画の設定方法をご説明いたします。

はじめに関連動画を設定する前にしておくこと

関連動画の公開設定は [公開] または [限定公開] にする必要があります。

関連動画の設定(タイトル、サムネイルなど)を編集する必要がある場合は、動画キャンペーンを作成する前に変更を行ってください。

  • いずれか 1 つでも関連動画のタイトルを変更すると、YouTube のメインの動画広告の下に表示される関連動画はすべて停止されます。このような場合は、関連動画をキャンペーンから一度削除し、再度追加してください。
  • 他の設定(サムネイルや説明など)を編集した場合も、関連動画のリストは自動システムによって再度審査されます(編集前に承認されていた動画も同様です)。

 

新しい動画キャンペーンに関連動画を追加する

Google 広告にログインし、プラスボタンをクリックし、[新しいキャンペーンを作成] を選択します。

キャンペーンの目標として、[商品やブランドの比較検討] または [ブランド認知度とリーチ] を選択します。また、CPV(広告視聴単価)または目標インプレッション単価の入札戦略を使用すると、目標を指定せずに動画キャンペーンを作成できます。

キャンペーン タイプとして [動画] を選択します。

[商品やブランドの比較検討] を目標に設定した場合は、キャンペーンのサブタイプとして [検討段階で働きかける] または [広告シーケンス] を選択します。

[ブランド認知度とリーチ] を目標に設定した場合は、キャンペーンのサブタイプとして [スキップ可能なインストリーム]、[スキップ不可のインストリーム]、[バンパー]、または [広告シーケンス] を選択します。

予算と日程、言語、地域、コンテンツの除外、広告表示オプションの設定をカスタマイズします。

[関連動画] セクションを開きます。[関連動画] をクリックしてエディタを開きます。

[関連動画] エディタで、追加する YouTube 動画の URL を入力します。

※関連動画は 2 本以上追加してください(最大 5 本まで追加できます)。少なくとも 2 本の動画が追加されない限り、関連動画リストを保存できません。

[続行] をクリックします。

[保存] をクリックします。

動画キャンペーンの関連動画のリストを編集する

Google 広告にログインし、左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。関連動画を含む動画キャンペーンを選択します。

[設定] をクリックします。

[関連動画] セクションを開きます。

鉛筆アイコンをクリックします。

キャンペーンからすべての関連動画を削除するには、削除アイコン  をクリックします。

リストで関連動画を追加または削除します。

変更内容を破棄する場合は、[キャンセル] をクリックします。

編集が終わったら、[保存] をクリックします。

YouTube広告の関連動画のレポートを表示する方法

Google 広告にログインし、左側のページメニューで [キャンペーン] をクリックします。

レポートを表示する関連動画を含むキャンペーンを探します。

セグメント アイコン をクリックし、プルダウン メニューから [クリックタイプ] を選択します。

データ表の [関連動画] の行までスクロールし、関連動画の指標を確認します。

YouTube広告の関連動画の注意点

関連動画のYoutube広告は承認されないと配信されない

関連動画の承認状況は、キャンペーン設定の [関連動画] セクションでご確認いただけます。[ステータス] が [不承認] の場合は、キャンペーンを編集し、リスト内の動画を削除または修正してください。

不承認の場合

どのような変更を加えても、メインの動画広告は引き続き掲載されます。

関連動画の設定(タイトル、サムネイルなど)を編集する必要がある場合は、動画キャンペーンを作成する前に変更を行ってください。

  • いずれか 1 つでも関連動画のタイトルを変更すると、YouTube のメインの動画広告の下に表示される関連動画はすべて停止されます。このような場合は、関連動画をキャンペーンから一度削除し、再度追加してください。
  • 他の設定(サムネイルや説明など)を編集した場合も、関連動画のリストは自動システムによって再度審査されます(編集前に承認されていた動画も同様です)。

 

YouTube広告の関連動画のまとめ

あくまでメインは動画広告本体ですが、関連動画を利用することでよりメッセージに広がりをもたせることで、ユーザーの関心に繋げられる可能性が高まります。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事