ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

お申し込みはこちらから

宣伝失礼しました。本編に移ります。




「キャンバス広告」という名称で、2018年9月より「インスタントエクスペリエンス」に名称が変更された広告をご存知でしょうか?

Facebook広告やInstagram広告は、目的に合わせて広告の種類を自由に選べることが魅力の一つで「インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス)」は、ユーザーがタップするとフルスクリーン表示になる広告です。

豊富なデザインテンプレートが用意されていて、商品やサービスをより効果的にアピールできます。

今回はインスタントエクスペリエンスについて詳しく紹介していきます。

Contents

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)とは

画像引用:インスタントエクスペリエンスについて-ビジネスヘルプセンター

インスタントエクスペリエンスは、利用者がスマートフォンやタブレットから広告をタップすると画面全体にフルスクリーンで開く広告フォーマットの1つです。

インスタントエクスペリエンスの特徴

フルスクリーンで表示される広告

インスタントエクスペリエンスは瞬時に読み込まれ、フルスクリーン表示されることによってオーディエンスの注目を集めます。また、シングル画像、シングル動画、カルーセル、コレクションなど、あらゆるフォーマットに対応しています。

使いやすいテンプレートが使用可能

カスタムインスタントエクスペリエンスを作成するか、複数のテンプレートから選択することができます。説明テキスト、クリエイティブ要素、ボタン、リンクなどを使って、エクスペリエンスをわかりやすく示しブランドストーリーを語ることができます。

広告にコンテンツを追加することが可能

ターゲットの注目を集めながら、さらにメッセージを発展させることができます。2つ以上のインスタントエクスペリエンスをリンクさせることによって、さらに多くのコンテンツを追加できます。

インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)を使用できる目的

目的 詳細
ブランドの認知度アップ インスタントエクスペリエンスを使用して、ビジネス、ブランド、サービスの認知度を高めます。
リーチ インスタントエクスペリエンスを使用して、広告が表示されるターゲットオーディエンスの数をできる限り増やします。
トラフィック キャンペーンを最適化して、インスタントエクスペリエンスを開く利用者の数を増やします。レポート内のウェブサイトクリック数や請求対象のクリック数のうち、インスタントエクスペリエンスを開くためのタップがいくつあったかを確認でき
エンゲージメント インスタントエクスペリエンスを使用して、投稿にエンゲージメントする可能性の高い利用者にリーチします。エンゲージメントには、「いいね!」、コメント、シェアなどが含まれます。ページからのクーポン利用を含めることもできます。
アプリのインストール インスタントエクスペリエンスを使用して、ビジネスのアプリをダウンロードできるストアに利用者を誘導します。
動画の再生数アップ インスタントエクスペリエンスを使用して、視聴する可能性の高い利用者に動画をシェアします。インスタントエクスペリエンスと同時に動画広告を見てもらいたい場合は、「動画の再生数アップ」の目的が最適です。「動画の再生数アップ」の目的を使うと、広告がタップされた後もインスタントエクスペリエンスの上部で引き続き動画広告が再生されます。広告がタップされた後で2つの動画が同時に再生されるのを避けるため、インスタントエクスペリエンスの最初のコンポーネントには動画を設定しないでください。
コンバージョン キャンペーンを最適化して、ウェブサイトまたはアプリ上で、商品のカートへの追加や購入などの特定のアクションを利用者に促します。
カタログ販売 インスタントエクスペリエンスを使用して、カタログの商品を表示し、売上を増やします。
来店数の増加
インスタントエクスペリエンスを使用して、近隣の利用者に実店舗の所在地を宣伝します。

 

インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)の配置

まずインスタントエクスペリエンスは、下記の形式の広告で使用することができます。

  • 画像
  • 動画
  • カルーセル
  • コレクション

この4つの広告フォーマットによって使用できる配置が分かれます。

広告フォーマット 配置
シングル画像またはシングル動画
  • Facebookニュースフィード
  • Facebook Marketplace
  • Facebookグループフィード
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook上の検索結果
  • Instagram発見タブ
  • Instagramフィード
  • Instagramストーリーズ
カルーセル
  • Facebookニュースフィード
  • Facebook Marketplace
  • Facebookストーリーズ
  • Facebook上の検索結果
  • Instagramフィード
  • Instagram発見タブ
コレクション
  • Facebookニュースフィード
  • Facebook Marketplace
  • Instagramフィード
  • Instagram発見タブ

    Facebookフィード

    Facebookフィードは、Facebookホームページの中央に表示される近況アップデート、写真、動画などのリストのことです。

    フィードには、タイムラインに友達、ページ、グループ、および広告主からの最新情報と投稿が表示されます。

    Instagramフィード

    Instagramフィードは、Instagramアプリを開いたときに自身がフォローしているアカウント表示されるタイムラインに投稿されている写真や動画のリストのことです。

    Instagramフィードで画像フォーマットを使用して、製品やサービス、ブランドを紹介できます。

    FacebookMarketplace

    Facebook MarketplaceはFacebookインスタント記事で画像フォーマットを使用して、製品やサービス、ブランドを紹介できます。

    Facebook Marketplaceでは、商品を簡単に発見したり売買したりできます。

    Facebook動画フィード

    ユーザーがFacebookフィードで動画をクリックすると、その動画が動画フィードに表示されます。動画フィードの配置を使用すると、動画フィード内の一般ユーザーの投稿動画の間に動画広告を挿入できます。

     

    Instagram発見タグ

    Instagram発見タブは検索と同じページにあり、まだフォローしていないアカウントの投稿がここに表示されます。Instagram発見タブでは、利用者の興味・関心に基づいてプラットフォーム全体から厳選されたInstagramのコンテンツを発見できます。

    Instagramストーリーズ

    Facebookストーリーズの広告は縦型のフルスクリーン広告で、一般ユーザーのストーリーズの間に閲覧者に表示されます。

    Facebookストーリーズ

    Instagramストーリーズでは、長さが15秒以下の動画広告が再生されます。10秒以上の動画広告は、複数のストーリーズカードに分割されます。

    商品のタグ付けや販売店情報など、一部のインスタントエクスペリエンスのコンポーネントはInstagramに対応していません。

    インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)のテンプレート

    インスタントエクスペリエンスは、次の5つのテンプレートが用意されています。ここではそれぞれのテンプレートの特徴を説明していきます。

    • インスタントストアフロント
    • インスタントフォーム
    • インスタント顧客獲得
    • インスタントストーリーテリング
    • インスタントライフスタイルカタログ

    インスタントストアフロント

    グリッドレイアウトで製品を紹介すると、利用者は、多くのアイテムをまとめて見ることができます。

    Facebook のビジネスマネージャ内で作成する「カタログ」を使用して、商品一覧が表示できるフォーマットです。「カタログ」とは Facebook 上で商品情報を管理するデータです。

    画像または動画と、カタログに登録されている商品画像を複数枚、一緒に表示することができます。そのため、複数商品を一度に訴求するのに向いています。

    インスタントフォーム

    詳細情報を知りたい利用者が簡単に連絡先情報を提供できるようになります。

    インスタント顧客獲得

    アクションを促すモバイル向けランディングページでコンバージョンを増やしましょう。

    インスタントストーリーテリング

    ブランド、商品、サービスを見つける魅力的な方法を提供しましょう。

    顧客獲得のテンプレートとの違いは、コンポーネントの数と配置にあります。顧客獲得よりも多くのコンポーネントが配置されているので、より多くの情報を訴求することができます。そのためブランド認知などの目的に向いているフォーマットです。

    インスタントライフスタイルカタログ

    写真で商品をハイライトし、商品の魅力を伝えましょう。

    ストアフロント同様に Facebook の「カタログ」を使用します。画像とカタログに登録した商品が表示できます。

    インスタントエクスペリエンス内の画像にはタグを設定できて、カタログ内の商品と紐づけることができるのが特徴です。ユーザーがタグをタップすると、そのタグと紐づいた商品が目立つように表示される仕組みです。

    画像引用:Facebookインスタントエクスペリエンス-Facebook for Business

     

    インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)の注意点

    インスタントエクスペリエンスはデスクトップでは利用できない

     インスタントエクスペリエンスを利用するには、モバイルデバイスの利用者をオーディエンスにしてください。

    一度完成したら再編集することができない

    キャンバス広告は一度編集が完了すると、広告がロックされ再編集することができません。
    再編集する場合には、広告を完了するのではなく、「下書きを保存」としておく必要があります。
    ABテストをして効果を検証したい場合には、予め同じ設定の下書きを複製しておくと便利です。

    インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)の設定方法


    広告マネージャを開き広告[+ 作成]をクリックします。
    インスタントエクスペリエンスに対応している広告の目的を選択し、[次へ]をクリックします。

    目的は「インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)を使用できる目的」を参考にしてください。

    必要に応じて、キャンペーンの詳細、A/Bテスト、キャンペーン予算の最適化の情報を追加し[次へ]をクリックします。


    予算、オーディエンス、配置、最適化を選択します。[次へ]をクリックします。


    [広告に表示する名前]セクションで自分のFacebookページを選択して、Instagramアカウントにリンクします。
    [広告フォーマット]セクションで[シングル画像または動画]、[カルーセル]、または[コレクション]を選択します。特定の広告フォーマットを選択しないと、キャンペーンの目的に対応しなくなる可能性があります。


    [インスタントエクスペリエンスを追加]チェックボックスをオンにします。[コレクション]フォーマットを選択した場合は、この手順をスキップしてください。今回はカルーセル広告でご説明していきます。

    [テンプレートを選択]をクリックし、[カスタムインスタントエクスペリエンス]を選択します。


    インスタントエクスペリエンスに名前を付けます。

    追加するコンポーネントを選択して配置を調整します。

    ボタン、カルーセル、写真、動画、テキストブロックなどを追加できます。

    カルーセルで使用する画像を[画像をアップロード]から選択肢します。
    インスタントエクスペリエンスの設定が終わったら、右上の[保存]をクリックします。[完了]をクリックして、インスタントエクスペリエンスの作成を終了します。後で編集する可能性がある場合は[保存]をクリックします。インスタントエクスペリエンスの作成を[完了]すると、編集できなくなるため注意してください。


    [クリエイティブ]セクションで、メディアをアップロードして広告のテキストを入力します。。
    完了したら、[公開]をクリックして広告を公開します。

    インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)のよくある質問

    iOSとAndroidで使用の違いはあるのか

    アスペクト比の異なるデバイスでは、インスタントエクスペリエンスの見え方が変わる場合があります。いくつかのアスペクト比のデバイスでエクスペリエンスをテストすることをおすすめします。一部の広告主の方は、iOSとAndroidデバイスそれぞれにインスタントエクスペリエンスを用意することもできます。
    デフォルトでは、画像はフルスクリーンの画像サイズを利用します。フルスクリーンの画像サイズは、横1,080ピクセル、縦1,920ピクセルです。[横幅に合わせる]と画像は画面の横幅に合うように表示され、さまざまな高さに合わせることができますが、[高さに合わせる]と画像は画面の縦幅に合うように表示され、横幅が収まらない場合があります。

    カタログが使用できない

    インスタントストアフロントを使用する際には、カタログ内のアイテムがインスタントエクスペリエンスに表示できるようになっている必要があります。カタログに問題がある場合には、インスタントエクスペリエンスにアイテムを正しく表示できない可能性があります。インスタントエクスペリエンスは、Eコマースカタログにのみ対応しています。自動車、不動産、または旅行カタログを選択するとエラーになります。

    赤い検証エラーが表示される

    赤い検証エラーが出た場合、インスタントエクスペリエンスは保存されません。検証が必要なコンポーネントをすべて入力してインスタントエクスペリエンスを保存してください。

    インスタントエクスペリエンス(旧:キャンバス広告)のまとめ

    インスタントエクスペリエンスについていかがでしょうか?

    スマートフォンなどのモバイル上にフルスクリーンでオーディエンスを惹きつけることが可能な「インスタントエクスペリエンス」他の広告フォーマットとは表示のされ方が大きく異なる広告フォーマットなので新しいクリエイティブを試したい方はぜひ検討してみてください。

    また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
    ・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
    ・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
    ・記事に書いてない問題点が発生している
    ・記事を読んでもよくわからなかった
    など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

    ▼フォームはこちらから▼

    また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

    ▼資料一例▼

    previous arrow
    next arrow
    Slider

    ▼当社の実績が気になる方はこちら▼

    previous arrow
    next arrow
    Slider

    ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

    【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

    ▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

    この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

    Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

    おすすめの記事