▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

Yahoo!タグマネージャーとは

Google Tag ManagerのYahoo!バージョンといえば理解しやすいでしょう。
タグの埋め込みのために毎回タグの発行/埋め込みのコミュニケーションを開発サイドとするのは非常にコストがかかります。Yahoo!ユニバーサルタグがあれば、ユニバーサルタグの埋め込みのみで、これらの作業が管理画面で完結します。

Yahoo!タグマネージャー設定方法

Yahoo!タグマネージャー アカウント開設方法

運用サポートツールから、Yahoo!タグマネージャーの「設定」をクリックします。

利用規約に同意するにチェックを入れ、「規約に同意してサイト選択へ」をクリックします。

対象の選択で、サイト名と確認用URLを入力します。

ユニバーサルタグの設置

ユニバーサルタグを表示し、コピーします。

カスタムHTMLを選択し、ユニバーサルタグを貼り付け、AllPagesに紐付けます。

各媒体でタグを発行する

下記4パターンのタグを発行します。
⑴Yahoo!プロモーション広告 リターゲティングタグ
⑵Yahoo!プロモーション広告 CVタグ
⑶Yahoo!ディスプレイネットワーク リターゲティングタグ
⑷Yahoo!ディスプレイネットワーク CVタグ

ページを作成する

ウェブサイトからページの追加へ移動します。

「全ページ」の設定

「**」はワイルドカードと言われる代替記号のひとつで、**部分のURLがなんでもあっても認識する、トランプでいうジョーカー的な役割を担っています。

「購入完了ページ」の設定

サービスタグを追加する

サービスタグ管理からサービスタグ追加に移動します。

検索画面から「スポンサードサーチ」と検索し、[スポンサードサーチ]サイトリターゲティング(JavaScript)を選択します。

⑴サービスタグ名
⑵リターゲティングID、の2点を入力します。

最後に、インプットを設定します。リターゲティングタグなので「全ページ」に設定し、保存して次へを押します。

CVタグ、YDNに関しても同様の手順です。CVタグのインプットは「購入完了ページ」、YDNに関しては「ターゲティングID」「ラベル」の2点を入力してください。

タグ稼働のテスト

Yahoo!タグマネージャーのタグがサイトに設置できたら、プレビューモードを使って、タグがきちんと動いているか必ず確認を行いましょう。プレビュー機能は、Yahoo!タグマネージャーにログインしているユーザーがサイトにアクセスした時だけ、タグを稼動させることができる機能です。(Yahoo!タグマネージャーにログインしていない一般ユーザーがサイトにアクセスしても、タグは稼動しません)いきなり本番環境で稼動させた結果、サイトがホワイトアウト(真っ白)になってしまうなど、何らかのトラブルが起こる可能性もゼロではありませんので、サイトの動きに支障がないか、各種タグが設定通りに発火しているかについては必ずプレビュー機能を用いて事前にチェックを行いましょう。プレビュー機能を使ったテスト方法は、Yahoo!タグマネージャー公式サイトの資料の「タグプレビューガイド」をご参照ください。

サービスタグの有効化

タグ稼働テストで問題がなければ、全てのタグを有効にします。

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事