▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

コンバージョンタグの設置

Google広告のコンバージョンタグ作成

まずはじめにコンバージョンIDの設定をします。Google広告の管理画面に移動し、ツール→コンバージョンをクリックします。

左上の+ボタンをクリックし、コンバージョンアクションを新規で作成します。

サービスのトラッキングするコンバージョンの種類を選択します。ECサイトの場合は「ウェブサイト」を選択します。

カテゴリで購入を選択し、コンバージョン名を入力します。
次にコンバージョンの価値は指定しないに設定します。カウント方法はそのまま設定していきます。


タグの設定方法で「Googleタグマネージャーを使用する」をクリックします。

コピーした値を、Googleタグマネージャーの「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」にペーストします。
Googleタグマネージャー管理画面で、新規タグを作成し、タグのタイプを「Google広告のコンバージョン」に設定します。


ここで一度、トリガーを設定せずに「保存」を押してください。後述するトリガーの設定は後に行います。

トリガーの作成

Googleタグマネージャーのワークスペースへ移動し、「トリガー」ページの「新規」をクリックします。

ページビューをクリックします

トリガーの発生場所を「一部のページビュー」、発生条件をPage URL、「を含む」に設定し、サンクスページのURLを設定します。

*例えば、サンクスページのURLが、「ドメイン/compelete」の場合には、上記のように、URLの条件に「complete」を挿入します。

タグとトリガーの紐付け

タグページに戻り、トリガー部分をクリックして、先ほど作成したトリガー「CV【購入完了】」をクリックし、保存すれば紐付け完了です。

マイクロコンバージョンタグの設定

Google広告のコンバージョンタグ作成まではコンバージョンタグの設置と基本的には同じ設定です。異なる設定の点だけ解説します。

Google広告のコンバージョンタグ作成

Google広告で作成するコンバージョン名を「マイクロCV【フォームクリック】」に設定します。

Googleタグマネージャーで作成するコンバージョンタグの名称を「Google広告のマイクロコンバージョンタグ」に設定してください。

コンバージョンIDとコンバージョンラベルを設定する際に「詳細設定」からタグ呼び出しオプションを「1ページにつき1回」に設定してください
*この設定がない場合、クリックがユニークで計測されず、総クリックの数が計測されてしまい、価値が正確に計測できなくなくなります。

変数の設定

変数ページから、設定をクリックします。

組み込み変数の「クリック」を全て追加します。項目をクリックすれば追加されるので、保存などを押す必要はありません。

トリガーの作成

トリガーのタイプの設定で、「クリック」「すべての要素」をクリックします。

このトリガーの発生場所を「一部のクリック」、発生条件を「Click ID」「含む」に設定して、ID名を、「ユーザーがフォームを入力する際に最初にクリックするinput要素」に付与されているid名を入力してください。

*IDは、LPページを右クリックして「検証」を押せば見ることができます。

Google広告のリマーケティングタグ作成

Google広告の管理画面に移動し、ツール→オーディエンスマネージャーの順にクリックします。

オーディエンスのソースをクリックします

ソースを編集をクリックします

「保存して次へ」を押します

表示されたコンバージョンIDをコピーします

コピーした値を、Googleタグマネージャーの「コンバージョンID」にペーストしてください。

トリガーの設定

続けてトリガー部分ををクリックし、「All Pages」をクリックし、保存すればトリガーとタグの紐付け完了です。

プレビュー

プレビューの方法は、Google広告タグマネージャーの導入の記事で確認できます。

リマーケティング

プレビューモードにし、サービスLPに移動します。「Tags Fired On This Page」に「Google広告のリマーケティングタグ」が入っていれば、リマーケティングタグの発火確認完了です。

マイクロコンバージョン

フォームの設定した要素をクリックし、「Tags Fired On This Page」に「Google広告のマイクロコンバージョンタグ」が入っていれば、マイクロコンバージョンタグの発火確認完了です。

コンバージョンタグ

実際に商品の購入、申し込みをし、サンクスページまで到達し、「Tags Fired On This Page」に「Google広告のコンバージョンタグ」が入っていれば、コンバージョンタグの発火確認完了です。

確認

  1. テストコンバージョン
    テストユーザーの条件をクライアントからお伺いし、テストでCVしましょう。
    *例:
    名前 – テスト
    メールアドレス – test@gmail.com
  2. 管理画面確認
    テストCVが完了したら、半日ほど時間を空けて、管理画面側で、コンバージョンがカウントされているかどうか確認してください。また、テストCVができない場合には、下記のようにトラッキングステータスが「最近のコンバージョンはありません」と表示されます。

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事