ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

お申し込みはこちらから

宣伝失礼しました。本編に移ります。




Facebook・Instagramのニュースフィードやストーリーズで、アンケートをみたことはありませんか?
Facebookによれば、Instagramストーリーズを利用するビジネスの60%が、月に1度は何らかのインタラクティブ要素(ハッシュタグ、@メンション、アンケートスタンプなど)を使っているそうです。

 

特にInstagramのストーリーズで多く見かける機能ですが、こちらはFacebookニュースフィードでも利用可能です。

 

良くも悪くも、配信者の一方通行なコミュニケーションになりがちな広告ですが、アンケートに答えていただくことで、インタラクティブな関係を築くことのできる機能です。

Contents

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Facebook /Instagramアンケート広告とは

アンケート広告とはFacebookのモバイルフィード内でユーザーに対し2択で質問を投げかけて、ユーザーとコミュニケーションを取れる機能です。

現在は動画広告のみに対応していて、動画広告にアンケートを追加するというイメージになります。

Facebook /Instagramアンケート広告の利用に向いている方

アンケート広告は次のような方におすすめの広告です。

オーディエンスが関心を持っている製品や機能を知りたい

アンケート広告を使用することで、ターゲットオーディエンスに調査ができ、オーディエンスが購入の対象として最も関心を持っている機能や製品を知ることが可能になります。

既存の顧客、潜在顧客と交流を深めたい

動画広告にアンケートを追加すると、ユーザーの注目を引きつけてブランドとの交流を促すことができます。

ブランドの認知度を高めたい

アンケートを追加すると、あなたのビジネスが閲覧したユーザーの記憶に残る可能性が高くなります。

Facebook /Instagramアンケート広告の出稿可能なパターン

アンケート広告の出稿方法は以下の3パターンで使用可能です。

  • アンケート投票のみ
  • アンケート投票+リンク先
  • アンケート投票+アプリインストール

 

例の画像のように、クリエイティブの下にアンケートの質問と回答の選択肢が表示されます。
なお、アンケートの結果は回答者にしか表示されません。

また、アンケートに遷移先のリンクを設定することもできて、商品の購入やアプリのインストールを促すことも可能です。

画像引用:Facebook Invites People and Businesses to Play-FACEBOOK for Business

Facebook /Instagramアンケート広告の配信可能なキャンペーン目的

まずFacebook広告のキャンペーン目的は大きく「認知度」「検討」「コンバージョン」の3つにタイプが分けられ11種類があります。

▼認知度

目的 ビジネスの目標
ブランドの認知度アップ ビジネス、ブランド、サービスへの認知度を高めることができます。
リーチ ターゲットオーディエンスのできるだけ多くの利用者に広告を表示します。

▼検討

目的 ビジネスの目的
トラフィック Facebookから、自社のウェブサイトのランディングページ、ブログ投稿、アプリなど、選択したリンク先に利用者を誘導します。
エンゲージメント 投稿にエンゲージメントする可能性の高い利用者にリーチできます。エンゲージメントには、「いいね!」、コメント、シェアなどが含まれますが、ページからのクーポン利用も含めることができます。
アプリのインストール ビジネスのアプリをダウンロードできるアプリストアに利用者を誘導します。
動画の再生数アップ ビジネスの動画を視聴する可能性の高いFacebook利用者に、その動画を配信します。
リード獲得 ビジネスのリードを獲得します。商品に関心を持つ利用者の情報を、ニュースレターの購読申し込みや電話による問い合わせなどを通じて収集するための広告を作成します。
メッセージ Messenger、Instagram Direct、WhatsAppで利用者とつながります。潜在顧客や既存の顧客とコミュニケーションを取り、ビジネスへの関心を促します。

▼コンバージョン

目的 ビジネスの目標
コンバージョン ビジネスのサイト上で利用者に特定のアクションを促します。アクションには、商品のカートへの追加、アプリのダウンロード、サイトへの登録、電話での問い合わせ、購入などがあります。
カタログ販売 Eコマースストアのカタログの商品を掲載して、売上を増やします。
来店数の増加 近隣の利用者に実店舗の所在地を宣伝します。

引用:適切な目的を選択する-ビジネスヘルプセンター

11種類のキャンペーンの目的の中で

  • リーチ
  • ブランドの認知度アップ
  • トラフィック
  • アプリのインストール

の4つで配信が可能になります。

Facebook /Instagramアンケート広告のメリット

投票結果をデータとして参考にできる

Facebook広告でアンケート広告を配信すると、2択のみの選択肢で誰が回答したかなども分からないので細かい分析はできませんが、2つの選択肢ならどちら派なのかといった内容を調べることは可能です。

エンゲージメントを獲得しやすい

アンケート広告は他の広告とは違い、ユーザー参加型の広告になります。広告が流れている際にユーザー選択肢のタップというアクションを起こしやすいため、ユーザー参加型の広告は比較的エンゲージメント率が高まりやすいです。

クリエイティブとアンケート広告の掛け合わせで魅力的な広告になる

クリエイティブにアンケート広告を組み合わせることで、ユーザーへ新しいアピールが可能になります。

一つ例を挙げるとすると「ブランド告知をしながらアンケート広告を使用する」でご紹介するような「選択肢を2つ出した後、その2つの選択肢両方に適合している製品を表示する」15秒のアンケート動画で遊び心のある広告の出稿が可能になります。こちらはより高いエンゲージメント率などを見込めるようになるでしょう。

 

Facebook /Instagramアンケート広告の配信面

アンケート広告はモバイルデバイスでFacebookニュースフィードやInstagramストーリーズに配信することが可能です。

また配信面別にデザインの推奨事項をご紹介します。アンケート広告は動画広告にアンケートを追加するものなのでデザインは動画の推奨事項になっています。参考にしてみてください。

Facebookニュースフィード

自分自身や友達が投稿した近況や写真、それに対するコメントなどが表示される場所です。

Facebookニュースフィードのデザイン推奨事項

項目 詳細
ファイルタイプ MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比 4:5
動画設定 H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション 任意ですが、推奨されます
動画音声 任意ですが、推奨されます

 

Instagramストーリーズ

InstagramストーリーズはInstagramを開いたときにホームの上部に出てくる15秒程度の動画の投稿になります。

ここで15秒間のアンケート広告が作成することが可能です。

Instagramストーリーズのデザイン推奨事項

項目 詳細
ファイルタイプ MP4、MOVまたはGIF
アスペクト比 9:16
動画設定 H.264圧縮方式、正方画素、固定フレームレート、プログレッシブスキャン、および128kbps以上のステレオAACオーディオ圧縮
解像度 1,080 x 1,080ピクセル以上
動画のキャプション 任意ですが、推奨されます
動画音声 任意ですが、推奨されます

画像引用:Facebook広告ガイド-Facebook for business

Facebook /Instagramアンケート広告のコツ

ブランド告知をしながらアンケート広告を使用する

ダンキンドーナツではドーナツとポテトの画像を順番に表示し「好きなのはどっち?」という問いにドーナツとポテトの選択肢を用意して悩ませている間に、ドーナツポテトの新商品告知を流し、解決策を提示するといった動画を配信しています。

こういった遊び心のある広告で自然にユーザーにリーチすることが可能になり、エンゲージメント時間の増加が見込めます。

 

画像引用:Instagramストーリーズ広告のインタラクティブ性-Instagram Business

雑学でユーザーの関心を惹く

自社のブランドに関連した知識を試す、雑学を2択クイズ形式にして出すのもユーザーの関心を惹きます。

このクイズ形式では主に2種類のタイプがあります。

一つは動画のエンゲージメント時間を伸ばすことができるもので、15秒の動画にクイズの出題+カウントダウンをして答えを表示する方法です。

もう一つは、「スワイプアップで回答を見る」などのCTAを使って、遷移先のページに誘導する方法があります。

Facebook /Instagramアンケート広告の出稿要件

アンケート作成の際は項目と文字数は下記のような条件になります。

項目 詳細
アンケートの質問 70文字以内
回答の選択肢1 20文字以内
回答の選択肢2 20文字以内
選択後のURL(任意) 1つ

 

Facebook /Instagramアンケート広告の設定方法

キャンペーンの作成する

 

広告マネージャを開きます。

キャンペーンの「作成」をクリックします。
キャンペーンの目的を選択するページに移動します。

 

アンケート広告で使用できる目的は「ブランドの認知度アップ」「リーチ」「トラフィック」「アプリのインストール」「コンバージョン」です。いずれかを選択したら[次へ]をクリックします。

今回は「トラフィック」で説明していきます。

 

キャンペーン詳細は問題がなければ次へ進んでください。

広告セットを設定する

  • 広告セット:任意の広告セット名を入力してください。
  • Traffic:アプリ、Messenger、WhatsAppの中からトラフィックを増やしたい場所を選択できます。今回は広告にアクションした利用者の誘導先として、ウェブサイトまたはアプリを選びます。
  • ダイナミッククリエイティブ:画像や見出しなどクリエイティブ要素を追加すると、オーディエンスに合わせて最適化する機能です。使用する場合はオンにしてください。
  • クーポン:広告する商品やサービスの保存できるクーポンを作成し、リマインダーを受け取れるようにします。使用する場合はオンにしてください。
  • 予算と掲載期間:この広告で使用する予算を決めます。「掲載期間」を髪しながら「1日の予算」「通算予算」を選択し設定してください。

1日の予算上限はアカウントにより上限が異なりますが、広告の配信と予算の消化をできるかぎり効率的かつ効果的に行うためのものですので安心してご希望のご予算を入力してださい。

また開始日時、日付部分をクリックすると設定が可能です。
終了日は任意ですが設定しておくと無駄な予算を使うことなくすむので設定しておくと良いでしょう。

  • オーディエンス:この広告を表示したいターゲットの属性を設定できます。

 

ファストフードに関心のある、高校生〜大学生のみにクーポンを配信したいと考えてる場合は上記のような設定になります。

  • 配置:「自動配置」「手動配置」から選択してください。

  • 手動配置を選択する場合は「Facebookニュースフィード」「Facebook Marketplace」「Instagramフィード」「Instagramストーリーズ」を含めてください。こちらがコレクション広告に対応している配置オプションになります。自動配置は最大限に広い範囲から結果を選択できるため、通常は予算が最も効率的に消化され、コスト管理が容易になります。基本的には自動配置で問題ないでしょう。
  • 最適化と配信:最適化したいイベントを選択してください。
  • ランディングページビュー:作成するリンク広告をクリックして、ウェブサイトまたはインスタントエクスペリエンスを読み込む可能性の高い人に広告を配信
  • リンクのクリック;広告をクリックする可能性が高い人に広告を配信
  • デイリーユニークリーチ:ターゲット層に1日1回まで広告を配信
  • インプレッション:ターゲット層に含まれる人にできるだけ多く広告を配信

※Instagramストーリーズで配信したい場合は、手動配置は「ストーリーズ」のみに設定してください。

 

 

 

こちら設定し終えたら、広告セット画面の「次へ」をクリックし規定広告を設定しきます。

 

規定広告を設定

 

広告名

任意の名前を入力してください

広告に表示する名前

 

 

広告を表示するFacebookページ、Instagramアカウントを▼から選択してください。

 

広告設定

 

「広告を作成」「既存の投稿を使用」「クリエイティブハブアップを使用」の3つがあり、今回は下記のような「広告を作成」で説明してまいります。

 

<

 

作成はクリエイティブで行います。

 

 

クリエイティブ(広告を作成)

①メディア

まず作成したい広告のメディアを選択します。
今回は「動画を作成」で説明いたします。

 

 

1.広告が正方形か長方形かテンプレートを選択します。

2.動画のテンプレートを選択します。

3.「カスタマイズ」をクリックします。

 

 

1.画像を変更から広告をアピールする画像に変更します。背景色はクリックし変更可能ですので、色々と試してみるといいでしょう。
2.テキストはキャッチフレーズなどを入力してください。
3.③をクリックシーン2の設定をしていきます。

 

 

1.「画像を変更」から自身の持っているロゴに変更してください。
2.テキストは任意で入力してください。
3.「動画を使用」をクリックし完了です。

 

 アンケート作成

 


メディアを追加したら「アンケートを追加」のボタンが上記の様に出現しますので、クリックしてください。

 


こちらのページが出現しますので、「Poll Question」に任意でアンケートで問いかけたいこと、「Poll Option」では選択肢、選択肢を選んだ際に移動するWebsiteURLを入力してください。

保存をクリックし完了です。

 

②メインテキスト

広告の説明を記入してください。ほとんどの配置で表示されますが、位置は配置によって異なりますので作成後ご確認ください。

 


「公開する」をクリックして完了です。

Facebook /Instagramアンケート広告の確認方法

配信後のアンケート広告の結果は広告マネージャーから確認可能です。
アンケート広告を広告マネージャー上から選択して「チャートを見る」タブをクリックすると、

  • 確認できたリーチ人数
  • 総合の投票者数
  • 選択肢ごとの投票数

などが表示されます。その中でリーチ人数に対して投票者数があまりにも少ない場合は、動画クリエイティブにも改善を加える必要があります。

Facebook /Instagramアンケート広告の注意点

Facebookモバイルニュースフィード以外だとアンケートボタンが表示されない

アンケートボタンが表示されるのは、現在facebookのモバイルニュースフィードのみになります。他の配置も設定することは可能ですが、実際にはボタンは表示されない状態で配信がされますので、ご注意ください。

アンケート回答者を元にしたターゲティングができない

例えば、アンケートで「Yes」と回答したユーザーのリターゲティング・類似オーディエンスの作成など活用したいところではありますが、それらの機能はありません

アンケート回答者を閲覧することができない

Twitterのアンケート機能や、質問形式のストーリズ投稿とは異なり、ストーリーズアンケート機能は、回答者の詳細を閲覧することができません。確認できるのはリーチ人数、合計投票者数、各選択肢の投票数、及び各選択肢の投票割合(%)のみです。

アンケート回答者は、回答結果の通知を受け取れない

Twitter広告のアンケート機能では、アンケート回答した場合24時間後に回答結果の通知がいきますが、Instagramストーリーズのアンケート機能では、それがありません。

Facebook /Instagramアンケート広告のまとめ

ユーザーに能動的アクションを促すことが難しい広告ですが、アンケート機能を活用することによって、ユーザーとのインタラクティブなコミュニケーションをすることが可能です。

PRでも重宝しそうなオプションですので、コンバージョン以外のブランドリフト機能など、あらゆる選択肢が取れそうですね。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事

Webマーケティングについて猿でもわかるように詳しく解説しています。
チャンネル登録お願いします!