ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




広告運用において、広告効果を測定はマストですよね。

以前は広告効果を測定するために、「3rd Party Cookie」という仕組みで広告を閲覧した人のブラウザを利用していました。ですが近年、個人情報保護の観点から世界的に「3rd Party Cookie」などの規制が強まり、iOSのITPによる「3rd party Cookie」と「1st party Cookie」の制限や2023年後半に予定しているChromeの「3rd party Cookie」のサポート終了など、続々とCookieの利用が制限されています。

すると今後は広告の効果を最適化して運用するには「3rd Party Cookie」を利用しない方法が必要となっていくことになります。

そこでFacebook社が推奨しているのが、「コンバージョンAPI」です。

今回は「コンバージョンAPI」について詳しくご説明していきます。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Facebook広告のコンバージョンAPIとは?

コンバージョンAPIとは、Cookieを使用しない効果測定方法です。

マーケティングデータをCookieを使用せずサーバー、ウェブサイトプラットフォーム、CRMからFacebookに直接、信頼性のある方法で接続することが可能になります。

 

Facebook社では下記の様に記されています。

コンバージョンAPIは、貴社のマーケティングデータを、広告のターゲット設定の最適化や顧客獲得単価の削減、結果の測定を支援するFacebookのシステムと直接接続することを目的としています。

引用元:コンバージョンAPIについて-Facebook for Business

 

Facebook広告コンバージョンAPIの特徴

接続性を向上させて顧客獲得単価を削減

コンバージョンAPIのデータは、ピクセルと比べ、ブラウザーの読み込みエラー、接続の問題、広告ブロッカーの影響を受けにくくなっています。コンバージョンAPIをピクセルと組み合わせて使用すると、接続の信頼性が高まり、配信システムが顧客獲得単価を削減できるようになります。

カスタマージャーニーの後期に発生するアクションに広告を最適化

このようなイベントの例には、購入後に発生するイベント(サブスクリプションなど)や店舗で発生するイベントのほか、顧客のスコアなどがあります。こうした情報により、収益を生みビジネスに価値をもたらす可能性が高い顧客に広告が表示されやすくなります。

測定を改善

コンバージョンAPIにより、発見からコンバージョンまでのカスタマージャーニー全体における広告のパフォーマンスの測定とアトリビューションの測定が改善し、デジタル広告がオンラインとオフライン双方の結果にどのように影響するかを把握しやすくなります。

イベントのマッチングを増やして顧客獲得単価を削減

マーケティングデータが最も効果を発揮するのは、Facebookが提供するアプリやサービスのアカウントとマッチしたときです。コンバージョンAPIでは、イベントのマッチングを増やしてイベントのマッチングクオリティのスコアを上げることができるよう、さまざまな顧客情報パラメーターをイベントとあわせて送信できます。

データ管理を強化

ピクセルと別に実装した場合、コンバージョンAPIでは共有するデータと共有するタイミングをより詳細に管理できます。

Facebook広告コンバージョンAPIの注意点

理解者やエンジニアのリソースが必要

APIでの連携が必要となり、広告配信に活用するデータの設計が必要であること。導入する際の広告主側でのエンジニアのリソース不足や導入支援が可能な企業も少なく、現在は導入リソースが業界的に不足しています。

社内承認や調整に時間がかかる

データをFacebook社のプラットフォームに連携するため、
広告主側での社内での導入承認に時間がかかるなどが障壁となっています。

Facebook広告コンバージョンAPIの導入手順

まずコンバージョンAPIで送信する情報やイベント、どのような構造で実装するなどの実装方法は大きく分けて次の4つがあります。

  1. コンバージョンAPIに対応したパートナー統合を利用する
  2. 自社で開発を行い実装する
  3. Google タグマネージャーのサーバー用コンテナを利用する
  4. サードパーティの計測ツールを導入する

上記で説明した注意点などの心配のない、特別な開発を必要とせずに実装する方法もございますので参考にしてみてください。

1.コンバージョンAPIに対応したパートナー統合を利用する

ウェブサイトをFacebookパートナープラットフォームのうちの1つで運用している場合、イベントマネージャでピクセルやコンバージョンAPIを簡単に設定できます。

Facebookパートナープラットフォームはパートナー統合リストにあるサービスのことで、例えばShopifyやWordPress などがあり、ほぼFacebookとパートナーサービスの管理画面上での設定のみでコンバージョンAPIの実装が可能になります。

多くのパートナープラットフォームがありますので下記の記事から確認してみてください。

参照:ウェブ用パートナー統合について-Facebook for Business

ShopifyアカウントをFacebookにリンクする

今回は例として「Shopify」でコンバージョンAPIの設定方法をご説明いたします。

パートナー統合ギャラリーからリンクしたいパートナーを選択してください。

「アカウントをリンク」を選択し進めていくことで連携が可能です。

また下記の方法でもリンクが可能です。

 

  1. 設定を開始するには、Shopifyアカウントにログインします。
  2. Facebookチャネルをインストールして、FacebookをShopifyにリンクします。
  3. ShopifyでInstagramショッピング、Facebookショップ、またはFacebookマーケティングを設定すると、Facebookチャネルがアクティブになります。これでShopifyにあなたのFacebookページ、Facebook広告アカウント、ビジネスマネージャーへのアクセス許可を付与できました。
  4. Shopifyの管理画面でFacebookピクセルを追加することです。ピクセル追加については

    これで、コンバージョンAPIを有効にして、高い信頼性でデータを共有できるようになります。

    FacebookピクセルについてはShopfyブログで公開されていますので下記の記事を参考にしてみてください。

参考:誰でも簡単!Facebookピクセルの初心者向けガイド

画像引用:ShopifyとFacebookの連携方法を大公開!-Shopifyブログ

2.自社で開発を行い実装する

上記の「コンバージョンAPIに対応したパートナー統合を利用する」でご紹介したパートナーと連携していない場合は、コンバージョンAPI(CAPI)を利用してイベントデータがFacebookの広告サーバーに送信できる仕組みを広告主自らが用意しなければなりません。

社内のシステム部門またはシステム開発などを委託しているパートナー会社と連携のうえ、仕組みを構築することになります。

ただ、

システムの開発を利用しているクライアントサーバーやそこのシステムよって開発方法が異なってしまうため、サーバーごとに確認し設定してください。

3.Google タグマネージャーのサーバー用コンテナを利用する

特別な開発が不要でノーコードでの実装も可能なのGoogle タグマネージャーのサーバー用コンテナを利用する方法です。Google タグマネージャーのサーバー用コンテナとGoogle アナリティクス 4(GA4)を利用します。

Googleタグマネージャーのサーバーサイドコンテナを利用したコンバージョンAPIの実装もFacebookより発表されています。
参考:Googleタグマネージャ用コンバージョンAPI 

まずはGoogleタグマネージャーのサーバーサイドコンテナを実装する必要がありますので、以下をご参照ください。

参考:サーバーサイド タグ設定|Google タグ マネージャー – サーバー側

4.サードパーティの計測ツールを導入する

最後サードパーティの計測ツールを導入する方法です。

SaaSベンダー各社から提供されている広告効果測定ツールやデータハブサービスの中には、コンバージョンAPI(CAPI)に対応しているツールもございます。

月額の費用など掛かりますが、比較的簡単に導入できるのでエンジニア不在や今すぐ導入したい場合など候補の1つとして検討してみても良いでしょう。

Facebook広告コンバージョンAPIのまとめ

コンバージョンAPIは導入、設定方法が複雑ではありますが、得られるメリットも大きく

広告運用の精度を高める上でCookieの制限が強まる中で今後の主流となる可能性は大いに高いでしょう。

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事