▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




 

皆さんはTwitterで検索をしたことはありませんか?

時事コンテンツ(天候や政府の発表、スポーツの速報etc…)など、幅広い年代でTwitterで検索が行われています。

引用: Twitter広告ホワイトペーパーより

また、LINE、Youtubeについで国内3位のユーザー数を誇り、未だに国内TOPクラスのユーザーが利用している点は言わずもがなです。

このように、国内TOPクラスのユーザー数を誇り、多くの検索数が行われているTwitter上で、検索窓やTweetされた内容をもとにして広告出稿できる、キーワードターゲティングについて解説していきたいと思います。

 

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

Twitterキーワードターゲティングの種類

検索窓での検索内容

ユーザーの検索内容をもとにして広告が出稿されます。

時事性の高い情報に関しては、どこの検索エンジンよりもTwitterでの情報収集が最も鮮度が高く、素早い情報伝達がされるので、筆者は特に活用しています。

事前に検索が多く行われるであろうトピックで、出稿対象の商品に関わるキーワードは、事前に確認しておきたいところですね。

ツイート内容

ユーザーが過去にツイートした内容をもとにして広告が出稿されます。TwitterというSNSの特性として「口語調」「感情」「思考」が特性として挙げられます。

例えば、「疲れた」「眠い」「お腹すいた」などなど、ユーザーの脳内・感情がリアルタイムで同期されているイメージです。

出稿対象のサービス・商品の対象ユーザーがどのようなTweetをしそうか考えましょう。

 

キーワードの探し方

まずはターゲットのユーザーのTweetをくまなく観察する

6W2Hや得たいもの/無くしたいもの、などによってユーザーのペルソナを特定したら、そのユーザーのTweetをひたすら眺めて、ユーザーが頻繁にツイートしている語句を特定しましょう。

検索窓で検索してみる

ユーザーのニーズやジョブを実際に検索窓で調べてみましょう。

Twitterキーワードターゲティングの設定方法

 

1.ターゲティングするキーワードを探す
2.キャンペーン設定からキーワードを追加する

 

これらについて詳しく解説していきます。

1.ターゲティングするキーワードを探す

色々な方法がございますが2つご紹介させていただきます。

  • ターゲットユーザーがするツイート内容を予測する

例えば、「整形したい」とツイートするユーザーにクリニックのキャンペーンや、美容関連の商品などを訴求するのは効果的でしょう。

 

 

  • ハッシュタグで定点観測する

狙いのターゲットの属するコミュニティで使われているハッシュタグを選び流れていくタイムラインを定点観測し、キーワードを探すのもおすすめです。
画像のような「#◯◯と繋がりたい」などはコミュニティが分かりやすい例になります。

上記のような方法で探し出したキーワードが実際に有効かどうかを「Twitter検索する」ことによって見極めるのもおすすめです。
検索することによりキーワードの使用されている量や頻度がつかめることのほか、ターゲットユーザーとは別の集団が使用している場合もあり除外キーワードで排除することも可能です。

 

2.キャンペーン設定からキーワードを追加する

Twitter広告を開き、ターゲティングしたいキャンペーンの編集をクリックします。

キャンペーンの詳細のページに移動しますが、「次」をクリックすると広告グループの編集画面へ移動します。

左のターゲティング機能をクリックし、②に探したキーワードを追加していきます。
追加し終えたら、保存をクリックし完了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。他媒体の検索連動型広告のように、キーワードプランナーなどで正確な検索数や投稿数を把握できず、Twitterネイティブな感情・思考・口語調のキーワードの特定をしなければならないので、なれていないとかなり難しいですが、ぜひこの機会にトライしてみてください。

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事