ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




今回はGoogleディスプレイ広告で用いられる「測定可能率」という指標について解説します。

ユーザーからの視認性を考慮した分析をするための初歩になる指標ですので、ぜひこの記事を通して理解していただければと思います。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

測定可能率とは

測定可能率とは、アクティブビュー機能が有効なサイト上で広告が表示された割合です。

 

アクティブビュー機能について簡単に説明すると、広告がユーザーから視認可能であったか否かを判定することができる技術のことであり、YouTubeやGDNの一部Webサイト・アプリに実装されているものです。

広告が表示されたサイトのうち、その「アクティブビュー機能」が有効だった割合を指して「測定可能率」の指標として表されます。

「広告がユーザーから視認可能であったか否かを測定できた割合」言い換えることもできます。

 

よってこの指標の算出方法は

アクティブビューによって計測が可能であったインプレッション数/インプレッションの総数

です。

視認可能率の確認方法

測定可能率はレポートの表示列に追加することで確認することができます。

以下の番号の順に表示項目の追加画面を呼び出し

視認性の項目から「測定可能率」を追加して確認しましょう。

まとめ

測定可能率を理解する必要性

ディスプレイ広告では、ユーザーに広告が視認されてようやくリーチできます。

前項の画像の通り視認性に関する指標は多く、アクティブビューによる測定は視認性を考慮した分析には必要不可欠の要素です。

そのためアクティブビューによる測定が可能であったか否かを判断する「測定可能率」という指標は視認性を考慮した分析の第一歩であるともいえるのです。

 

測定可能率について理解できた方には次のステップとして「視認可能率」についての記事もご覧いただけると幸いです。

Googleディスプレイ広告「視認可能率」について解説、ユーザーからの広告が視認されたか判別可能
2020-11-09 19:47
Googleディスプレイ広告には「視認可能率」という指標が存在します。 ユーザーが実際に広告を視認できたのはどの程度の割合なのかを知ることができる指標です。 また、ページに表示こそ…

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事