Pinterest(ピンタレス)は世界に多くのユーザーがいる、Z世代やミレニアル世代を中心として今勢いのあるプラットフォームです。

2022年6月から日本でも広告配信サービスの提供が開始されたことで、今注目を集めている広告媒体の1つ。

ただし最近スタートしたばかりの新しいサービスのため「Pinterest広告って何?」「どんな効果があるの?」といった疑問も多いでしょう。

この記事では、Pinterest(ピンタレス)広告について詳しく解説していきます。

Contents

youtubeチャンネルはじめました

Pinterest(ピンタレスト)とは?

Pinterest(ピンタレス)とは、画像や動画を今までにない方法で検索・シェアできるプラットフォームです。

検索プラットフォームといえばGoogleとYahoo!がほとんどでしたが、近年では検索したい内容によって検索エンジンを変えるのが主流となってきました。

そこで、今人気となってきているのが「Pinterest(ピンタレス)」です。

サンフランシスコで2010年3月に設立され、現在では世界で4億人を超える人が利用しているソーシャルメディアとなっています。

2013年11月にはモバイルアプリ向けの日本語版がリリースされ、サービス提供開始と共に日本法人を設立。

同じく写真や動画を投稿するFaceBookやInstagram、Twitterに比べると日本での利用者はまだ少ないものの、月間利用者は年々増え続け、現在では870万人になるといわれています。

まずはPinterest(ピンタレス)について詳しくみていきましょう。

画像をピン(保存)するサービス

Pinterest(ピンタレス)とは、インターネット上で気になるキーワードの画像や動画を検索・保存・ブックマーク・シェアできるサービスです。

自分の興味関心のあることや、将来的にやりたいことのアイデア探しに役立つ画像や動画を収集することで「自分の好き」が明確になり、さらに記録に残すことができます。

 

「引っ越しをする予定だけどどんな部屋にしようかな?」
「いつも同じような料理ばかりだからいつもと違うものが作ってみたい」
「今世界でどんなファッションが流行っているのかな」

 

といったシーンではPinterest(ピンタレス)は大活躍。世界から情報収集できるので、自分のあこがれを具体的にイメージできるようになり、理想を叶えるためのアイデアを見つけることが可能です。

PinterestとInstagramとの違い

Instagramは、自分で撮影した写真や動画を加工して投稿するのがメインのSNSです。

自分が食べたものや行った場所など、過去の行動を投稿することで友達やフォロワーとコミュニケーションをとるツールを指します。

一方でPinterest(ピンタレス)は、web上で見つけた画像をピンするのがメインです。

自分から発信するのではなく、自分の好きなブランドや行ってみたい場所など、これから体験したい未来のアイデアを集めておくためのツールとなっています。

そのためInstagramのようにフォロワーとコミュニケーションをとることはなく、検索エンジンに近い使い方が多いです。

 

Pinterestでできること

ここではPinterest(ピンタレス)の機能について、ご紹介していきます。

インターネット上の画像や動画をピン(保存)

ピンとは、インターネット上で気になる画像や動画を、Pinterest(ピンタレス)のアカウント内に保存できる機能です。

気になったページのURLをブックマークする行為と同じで、ピンした画像や動画は自分のアカウント内で後から見直せます。

Pinterest上の他ユーザーの投稿をリピン

リピンとは、Pinterest(ピンタレス)内にある「他のユーザーがピンした画像をブックマークすること」を指します。

保存しておきたい投稿を見つけたら「画像をタップ>保存ボタンをクリック」でリピンが完了。

保存を押したときにどのボードに保存するか選択できるので、アルバムを作るイメージで用途に合わせてデータが分けられます。

 

 

ボードを作成

ボードとは、ピンした画像や動画の保存先であるアルバムやフォルダのようなもの。

サブボードの作成もできるので、ピンしたものを「料理」「ファッション」のように細かく分類することで、参考にしたい画像を後からでもすぐに探せます。

気になった画像や動画のフォロー

Pinterest(ピンタレス)にもInstagramやTwitterのようにフォロー機能があります。

アカウントのフォローはもちろんですが、ボード単位やトピックのフォローも可能。

フォローすると、そのユーザーが保存したピンが、Pinterest(ピンタレス)を最初に開いて表示される画面である「ホームフィード」に流れるようになります。

そのため自分に似た好みのユーザーやボードをフォローしておくだけで、自分で検索しなくても新しいアイデアに出会えるように。

またフォローした人やフォロワーは、自分のアカウントのプロフィール欄に表示され、いつでも確認と解除が簡単にできます。

Pinterest(ピンタレスト)広告とは?

Pinterest(ピンタレス)広告とは、ピンタレスト上で広告を配信できるサービスであり「Pinterest(ピンタレスト)アド」とも呼ばれています。

日本国内で急速に利用者が増えたことを受け、2022年6月に日本でも広告の配信がスタート。ビジネスアカウントを開設すれば誰でも広告の配信が可能です。

難しい申請や設定が不要なため、ユーザーがピンした情報を元に自社の商品やサービスに関する広告を配信できるとして、新たな広告媒体として注目を集めています。

Pinterest広告の特徴

国内での注目度が増しているPinterest(ピンタレス)広告について、3つの特徴をご紹介していきます。

自然な形で広告が配信される

Pinterest(ピンタレス)広告は、通常のピンタレスト投稿に馴染む形で広告が配信されます。

従来の広告はサイトの閲覧時に利便性が損なわれるケースが多く、ユーザーからは疎まれてしまう事もありました。

しかしPinterest(ピンタレス)広告は投稿画像の一覧の中に違和感なく配信されることから、広告感が少なく普段から「広告が煩わしい」と感じるユーザーにもクリックしてもらいやすくなっているのが特徴です。

さまざまなフォーマットに対応

Pinterest(ピンタレス)広告では、6つのフォーマットから自社の商品やサービスのあったものを選んで広告の配信ができます。

スワイプを活用して1つの広告に複数の画像を掲載できたり、実際の生活に落とし込んだりしてイメージしやすいように表現できるフォーマットなど、いろいろな切り口で自社コンテンツを紹介が可能。

6つのフォーマットを活用して、商品の魅力を最大限に伝えられるのも、Pinterest(ピンタレス)広告が人気の理由の1つです。

 

5つのキャンペーン目的から選択できる

Pinterest(ピンタレス)広告では、次の5つのキャンペーンタイプが選択できます。

  • 認知度を高める:ブランド認知度/動画視聴
  • 比較検討を促す:比較検討
  • コンバージョン数を増やす:コンバージョン数/カタログ販売

ビジネスの目標に合わせてキャンペーンタイプを選択することで、欲しい情報が最適化され、より成果を高められます。

しかし選択したキャンペーンタイプによっては、使用できないフォーマットもあるのでご注意ください。

広告のフォーマット

Pinterest(ピンタレス)広告のフォーマットには次の7つがあります。それぞれご紹介していきましょう。

 

フォーマット 概要
画像 基本的なフォーマット。(縦長または正方形のサイズ)
1枚の画像・タイトル・コメントで構成されており、通常の投稿と同じサイズで利用できる広告。
カルーセル 最大5枚までの画像をスワイプで表示できるフォーマット。
2〜5枚までの画像・タイトル・コメントで構成。
スタンダード動画 通常投稿と同じサイズの動画が利用できるフォーマット。
画像よりも視覚的インパクトを与えやすい。
ワイド動画 モバイル画面全体に動画が表示される広告フォーマット。
オーガニック投稿では有料のみ作成可能。
コレクション メイン画像1枚とその下に3枚の画像の構成から成り立つフォーマット。
静止画と動画を組み合わせて表現可能。
ショッピング データフィードを活用して配信できる広告フォーマット。
ピンタレストで見つけた商品をそのまま購入できる。
アイデア 複数の画像や動画、テキストを組み合わせて構成させるフォーマット。
Instagramのリール動画のようなもので、最も自由度が高い。

上記のフォーマットを活用することで、ブランドイメージや商品の魅力をピンタレストユーザーに伝えられます。

 

Pinterest広告のメリット

Pinterest(ピンタレス)広告を配信する主の4つのメリットをご紹介していきます。

Pinterest(ピンタレスト)のユーザー数が多い

人の目に留まってこそ意味のある広告配信においてユーザー数はとても重要です。

Pinterest(ピンタレス)のユーザー数は世界で4億人を超えており、さらに日本国内だけでも870万人以上のアクティブユーザーがいます。

ユーザー数が多ければ多いほど大きな効果を見込めるので、約4億人のアクティブユーザーのいるPinterest(ピンタレス)に広告を配信することは、ブランドや企業にとって大きなメリットといえるでしょう。

幅広い世代にアプローチできる

Pinterest(ピンタレス)を利用しているユーザーは、Z世代と言われている20代前半〜10代前後の年齢または、ミレニアル世代である20代後半〜40代前半といわれています。

これらの年齢層は情報を得たいときにSNSを活用して検索する世代であるため、画像や動画など視覚的に情報を得られるPinterest(ピンタレス)は同世代にとってなじみやすい検索エンジンです。

そのためPinterest(ピンタレス)に広告を配信することで、10代〜40代までの幅広い世代にアプローチできるというメリットがあります。

 

購買意欲の高い若年層の目に留まりやすい

Pinterest(ピンタレス)を最も利用している世代は、20代後半〜40代前半のミレニアル世代となっています。

同世代は生活力があり購買力も高く、SNSで情報を調べてネットで買い物をすることにあまり抵抗がありません。

よってネットやSNSでの購買意欲の高い若年層のユーザーの目に留まりやすいサイトでの広告配信は、非常に効果が期待できるツールといえるでしょう。

ターゲットに合わせた効果的な配信ができる

Pinterest(ピンタレス)は7つのフォーマットと5つのキャンペーンを組み合わせて、ブランドイメージやおすすめしたい商品に合わせた広告配信が可能です。

また商品情報配信の際には詳細なターゲティングの設定もできるので、購買意欲または新しいアイデアを探しているユーザーにピンポイントでターゲティングできるのもPinterest(ピンタレス)広告の魅力でしょう。

 

Pinterest広告のデメリット

Pinterest(ピンタレス)広告が日本で配信されるようになったのは、2022年6月からです。

それまで広告なしでピンタレストを楽しんでいたユーザーにとっては、広告は煩わしく感じる可能性があります。

しかし多くの配信媒体では広告は当たり前となっており、さらにピンタレストでは通常投稿に馴染むように配信が可能です。

そのため広告がうっとおしいから、といった理由でユーザー離れが生じる可能性は低いでしょう。

 

Pinterest広告の費用

Pinterest(ピンタレス)広告を配信したいけれど、費用が気になるという人も多いでしょう。ここでは広告配信にかかる費用についてご紹介していきます。

広告費用は自由に設定できる

Pinterest(ピンタレス)広告では課金システム費用の上限を設定すれば、予算以上の広告費はかからないので、広告コストをコントロールできるメリットがあります。

4種類に分けて詳しくみていきましょう。

 

【CMP課金】
CMP課金はインプレッション課金とも呼ばれる課金方法で、ユーザーに広告が表示された回数によって料金がかかる課金システムです。

配信した画像や動画がユーザーに1000回表示されると、事前に設定した単価の広告費が発生。

主にブランドの認知度を高めたいときに適用されるケースが多いです。ユーザーに広告がクリックされるかどうかに関係なく料金が発生しますが、単価が高くないので費用対効果は高い課金体系といえます。

 

 

 

【CVP課金】
CVP課金とは、動画の視聴数が増えるごとに金額が加算されていく課金システムです。

プロモーションとして動画をとにかく多くのユーザーに見てほしい、といった時に適用され、ピンタレスト広告では動画をユーザーに2秒以上再生した場合に料金が発生します。

自社広告に興味がないユーザーであれば、すぐに次の画像や動画に移ってしまうので、課金が発生せず、比較的無駄のない広告配信ができます。

 

【CPC課金】
CPC課金は、配信した広告に対してユーザーがクリックやタップなどアクションを起こした際に料金が発生する課金システムです。

クリックされなければ料金が発生しないため無駄が少なく、さらにブランドの認知度向上にも役立ちます。

一方で、1回のクリック単価を入札で決めるため、人気のカテゴリーではクリック単価が高くなるケースも。間違ってクリックしたり、想定以上のクリック数によって広告費が膨らむ場合もあるので注意が必要です。

 

【CPA課金】
CPA課金では、ピンタレスタグを設置して、ユーザーによるアクションが確認された場合に料金が発生する仕組みです。

コンバージョンは「商品の購入」「問い合わせ」「会員登録」など詳細な設定が可能となっています。

 

料金支払いのタイミングを調整できる

Pinterest(ピンタレス)広告では、2つの予算タイプから選んで料金を設定できます。

  • 1日の上限予算の設定タイプ
  • 期間を定めて総計で設定するタイプ

1日分の上予算を設定すると、支払い基準額に達した日の終わりに料金が請求されますが、基準額に到達しなかった場合は翌日に繰り越されます。

1か月間支払い基準額に到達しないときは、翌月1日に前月分の広告費が請求される仕組みです。

広告配信を始めたばかりは、支払い基準額が50$の設定にされていますが、継続的に広告を配信して支払いを続けていると上限の引き上げが可能になります。

Pinterestが向いている商材

Pinterest(ピンタレス)広告は、画像や動画などを活用したブランディングや視覚的アピールが有効です。

そのため具体的に商品のイメージがしやすい、下記のような商材に向いています。

  • ファッション・コスメ
  • 家具、インテリア
  • 料理
  • 不動産、住宅

ビジュアル検索されることが多い、ファッションやコスメ、料理、インテリアのジャンルは特にPinterest(ピンタレス)広告と相性がいいです。

また購買に繋がりにくい住宅や不動産は「将来的にこういう家に住みたい」といった潜在ニーズへの訴求が可能で、ピンしたユーザーに特化したアプローチができます。

すぐに購入に繋がらなくても、潜在意識を顕在化させ、購買意欲を刺激してエンゲージメントの成功に導くといった活用方法もあるのです。

Pinterest広告・成功事例を紹介

Pinterest(ピンタレス)広告を活用して、実際に売上増加やブランディングに成功した事例をご紹介します。

9か月で販売実績が3倍

アメリカのフローリング材料の小売ブランドの Floor & Decor(フロア・アンド・デコア)では、家のリフォームを検討しているユーザーにターゲティングを行い、購買意欲を刺激するプロモーションを仕掛けることで、販売実績を3倍にすることに成功しています。

実際に購入を検討しているユーザーには数回のクリックで実際の購入ができるように、またアイデアを探しているユーザーには、適切なタイミングでぴったりの商品を紹介することで購買意欲を刺激。

広告配信後もリアルタイムの実績とインサイトに基づいて詳細を微調整しながら効率的に広告配信を続け、開始9か月で販売実績の大幅アップに繋がりました。

購入定着率が2.2%増加

フランスのシャンパンブランドであるVeuve Clicquot(ヴーヴ・クリコ)は、ホリデーシーズンであるクリスマスから年末年始にかけてキャンペーンを行うことで、注目を集めブランディングに成功。

特にホリデーシーズンを楽しく過ごそうと、さまざまなアイデアを探す人が多くなるクリスマス直前に広告の想定対象者に訴求することで、商品認知度は5%アップ、購入定着率は2.2%向上につながりました。

Pinterest広告の始め方

Pinterest(ピンタレス)広告は下記の5ステップで始められます。

  1. アカウントの作成
  2. キャンペーンの設定
  3. 広告グループの設定
  4. クリエイティブの作成
  5. 広告審査

順番に詳しくみていきましょう。

ビジネスアカウントの作成

広告を配信するには「ビジネスアカウント」の開設が必要です。ビジネスアカウントは新規登録のほか、個人アカウントから切り替える方法もあります。

ますは、ピンタレスト公式サイトへアクセス。

【ビジネスアカウントを新規で作成する方法】
新規または個別アカウントとは別のメールアドレスでビジネスアカウントに登録する場合は新規作成でつくります。

  1. 「無料登録」をクリック
  2. 「ビジネスアカウントを作成する」をクリック
  3. メールアドレスを入力してパスワードを作成、年齢を入力
  4. 「アカウントを作成」をクリック
  5. 「プロフィールを作成する」で必要事項を入力して「次へ」をクリック
  6. 「業種」を入力して「次へ」をクリック
  7. 広告掲載の有無を選択して「次へ」をクリック
  8. 始めたい項目を選択または「×」をクリック

引用元:ビジネスアカウントを作成する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

上記のステップで新規ビジネスアカウントの作成は完了です。

 

【個人アカウントをビジネスアカウントに切り替える方法】
同じメールアドレスとパスワードを利用して、2つのアカウントを切り替えて利用します。
ピンタレストでは個人アカウント1件につきビジネスアカウントを最大4件までリンク可能。ビジネスアカウントを作成するには、個人アカウントにログインした状態で作成する必要があります。

  1. ピンタレスト個人アカウントにログイン
  2. 画面右上の「アカウントに追加」をクリック
  3. 「ビジネスカウント(無料)を作成する」>「作成する」をクリック
  4. 「個人アカウントにリンクするビジネスアカウントを作成する」をクリック
  5. 「リンクされたアカウントを作成する」をクリック
  6. 「プロフィールを作成する」で必要事項を入力して「次へ」をクリック
  7. 「業種」を入力して「次へ」をクリック
  8. 広告掲載の有無を選択して「次へ」をクリック
  9. 「業種」のリストから選択
  10. 始めたい項目を選択するか「×」をクリックしてリンクされたビジネスアカウントに移動する

引用元:ビジネスアカウントを作成する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

キャンペーンの設定

アカウントの作成ができたら次に「キャンペーンの設定」。

キャンペーンはビジネスを成功に導くための、広告を配信の目的を設定する重要な役割があります。

目的ではブランド認知度向上やコンバージョン増加など詳細なゴール設定ができるので、広告フォーマットの種類や予算の明確化につながります。

【キャンペーンの設定方法】

  1. ピンタレストビジネスアカウントにログイン
  2. 画面上部の「広告」をクリック>「広告を作成する」をクリック
  3. 「キャンペーンの目的を選択」項目で、目的を選択
  4. 「キャンペーンの詳細」を入力
  5. 「続行」をクリックしてキャンペーンを作成

引用元:キャンペーンを作成/編集する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

広告グループの設定

キャンペーンの設定が完了したら「広告グループ(アドグループ)」の設定です。アドグループは新しいキャンペーンで新規作成する方法と、すでに作成しているキャンペーンで作成する2種類の方法があります。

それぞれみていきましょう。

【新しいキャンペーンでアドグループを作成する方法】

  1. ピンタレストビジネスアカウントにログインする
  2. 画面上部の「広告」をクリック>「広告を作成する」をクリック
  3. 「キャンペーンの目的を選択」の項目で目的を選択
  4. 「続行」をクリックしてアドグループの作成に進む
  5. 「アドグループの詳細」でアドグループに名前をつける
  6. 「ターゲティング」を選択
  7. 「予算とスケジュール」を選択して「1日の予算」または「予算合計」を選ぶ
  8. 「最適化と配信」を選択
  9. 「広告」を選択
    これまで入力した内容を確認
  10. 「開始」をクリックで完了

引用元:アドグループを作成/編集する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

【既存のキャンペーンでアドグループを作成する】

  1. ピンタレストのビジネスアカウントにログイン
  2. 画面丈夫の「広告」をクリック>「レポート」をクリック
  3. アドグループを追加したいキャンペーンの横のボックスをオンにして、「編集」をクリック
  4. 左側のナビゲーションで「+新しいアドグループ」をクリック
  5. 「アドグループの詳細」でアドグループに名前を付ける
  6. 「ターゲティング」を選択
  7. 「予算とスケジュール」で「1日の予算」または「予算合計」を選択
  8. 「最適化と配信」を選択
  9. 「広告」を選択
  10. これまで入力した内容を確認
  11. 「開始する」をクリックで完了

引用元:アドグループを作成/編集する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

クリエイティブ(プロモートするピン)の作成

アドグループまで作成が完了したら、プロモートするピンを選択しましょう。プロモートするピンは新規で広告を作成するか、すでに作っているピンをプロモートすることもできます。

それぞれ作成方法をみていきましょう。

【新しいキャンペーンでピンを作成する】

  1. ピンタレストのビジネスアカウントにログイン
  2. 画面上部の「広告」をクリック>「広告を作成する」をクリック
  3. 左側のナビゲーションで「広告」をクリック
  4. プロモートするピンを選択
  5. 選択したピンで「選択したピンを確認する」をクリックして詳細情報を追加
  6. 「開始する」をクリックで完了

【既存キャンペーンで広告を作成】

  1. ピンタレストのビジネスアカウントにログイン
  2. 画面上部の「広告」をクリック>「レポート」をクリック
  3. 広告を追加するキャンペーンの横にあるチェックボックスをクリック
  4. 「アドグループ」タブをクリック
  5. 既存のアドグループ名をクリックまたは、「アドグループを作成する」をクリックして新規アドグループを作成
  6. 左側のナビゲーションで「広告」をクリック
  7. プロモートするピンを選択
  8. 選択したピンで「選択したピンを確認する」をクリックして詳細情報を追加
  9. 「開始する」をクリックで完了

引用元:キャンペーンを作成/編集する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

広告審査

プロモートするピンの設定が完了したら、ピンタレスト公式サイトによる広告審査にはいります。

公式サイトのヘルプセンターによると、審査完了まで24時間ほどかかるとのこと。

ガイドラインに違反していたり、広告が承認されなかった場合は登録したメールアドレスにメールが届きます。詳細については届いたメールの内容を確認しましょう。

また審査途中に提出した広告の内容を編集した場合は再提出が必要になり、さらに24時間程度の時間を要します。

スムーズに審査を通過するためにも、事前にガイドラインに目を通しておきましょう。

Pinterest広告の成果を高めるコツ

Pinterest(ピンタレス)の成果を最大限引き出すには、基本的にユーザー視点で広告を作成すると良いでしょう。

時間や費用をかけても、ユーザーの目に留まらなければ意味がありません。

ここでは成果を高めるコツを5つご紹介していきます。

 

Googleアナリティクスを活用して分析・改善をする

広告を配信したあとは、効果や問題点を洗い出し、PDCAサイクルを回していきましょう。

Pinterest(ピンタレス)広告ではGoogleアナリティクスを利用して、インプレッション数、クリック数、コンバージョン数をはじめ、ピンの保存数などPinterest(ピンタレスト)におけるクリエイティブの反響を確認できます。

定期的にデータを分析・改善を繰り返すことで、ピンタレスト広告で最大限効果を発揮する広告へ仕上げていきましょう。

ターゲットを絞りすぎない

広告作成では、キーワードや狙いたいジャンルを詳細に設定できます。

そのためピンポイントでターゲットを絞りたくなりますが、あまりに細かく設定しすぎると広告の露出が減り、成果が上がりにくくなってしまいます。

配信開始はある程度広い範囲にターゲットを定めて、まずは広告の露出を増やすのがおすすめです。

 

 

適切なサイズと尺のピンを作成

Pinterest(ピンタレス)広告が推進しているアスペクト比は「2:3」の長方形です。

正方形でも広告配信は可能ですが、通常投稿に馴染む形で自然に広告を配信できるのがメリットのPinterest(ピンタレス)では、他のアイデアピンに合わせて長方形で制作するのがおすすめです。

また正方形では他のアイデアピンに比べて小さく見えるので、クリック率につながりにくい傾向にあります。そのため長方形で広告を作成するのが最適といえるでしょう。

動画がメインになる広告では、数秒でインパクトを与えられるような、そして最後までみてもらえるようなデザインと長さにすることが重要です。

視聴時間が長すぎても途中でユーザーの離脱につながるので、15秒程度に収まる尺でつくりましょう。

シーズンに合わせたプロモーション

広告配信は、商品やサービスに合わせた最適なシーズンに合わせたプロモーションが大切です。

ホリデーシーズンの買い物や計画を立てるユーザーは、早くからアイデアをネットから情報収集をする傾向にあります。

例えばクリスマスに関するキャンペーンは、プロモーション時期を9月に開始することをピンタレスト広告は推奨。

このように商品やサービスの特徴に合わせた最適なシーズンにプロモーションすることで、広告の成果が上がりやすくなるのです。

 

 

利用するシーンを想像しやすい画像・動画作成

広告配信する画像や動画は、商品を単体で紹介するのではなく、その商品を利用したライフスタイルが想像できるような画像や動画を作成するのがおすすめです。

具体的に商品を利用したあとの自分を想像できるような広告を配信できれば、ユーザーの購買意欲をそそり、コンバージョン率向上へと繋がります

Pinterest広告を利用するうえでの注意点

ここではPinterest(ピンタレス)広告を利用する際の注意点をご紹介していきます。

間違った方法で広告を作成すると、審査に時間がかかってしまったり、広告配信の成果が十分に得られない可能性も。

よってPinterest(ピンタレス)広告で定めている注意点を十分に理解した上で、プロモーションするようにしましょう。

表現方法に注意

Pinterest(ピンタレス)広告では、他の広告同様または独自に禁止している表現方法や商材があります。

  • クレジット
  • 人材募集
  • 住宅
  • ダイエット
  • 気象関連

主に上記の内容は制限が多いことから表現に制約があったり禁止されていたりするケースがほとんどです。他にも模造品にあたることから中古品の配信がダメな場合も。

ガイドラインに違反して広告を作成した場合は、審査の段階でメールが届き承認がおりません。それではせっかく作成した広告も無駄になってしまうので、事前に広告ガイドラインを確認するようにしましょう。

アカウントの確認

Pinterest(ピンタレス)広告で配信するには、ビジネスアカウントが必要です。

アカウントは、個人アカウントとは別のメールアドレスを使って新規作成する、または個人アカウントにビジネスアカウントを追加して切り替えて利用する2パターンがあります。

広告を作成するためにはビジネスアカウントにログインが必要なので、登録したメールアドレスとパスワードは忘れないようにメモしておきましょう。

事前にwebサイトを認証する

事前にドメインを認証させることで、次ことができるようになります。

ピンタレスト以外のHPなどでもピンタレストピンが設置できる
Googleアナリティクスの機能が拡張する
プロフィールに認証マークがつく

ドメインを認証することで、自社のHPに訪れたユーザーがピンタレスト機能であるピンをHP上の写真や動画に対しても実施できるようになります。

またピンタレストが提供しているGoogleアナリティクスに関して、ピンタレスト内のみならず、HP上でもユーザーがピンしたデータが残ります。

参考:サイトのドメイン所有権を認証する | ビジネス向け Pinterest ヘルプ

審査時間を考慮

広告を作成してから審査が完了するまで、約24時間かかるといわれています。そのため広告配信開始を予定している1日前までには、広告の入稿を済ませておく必要があるでしょう。

さらにガイドラインに違反していた場合、修正したのち再審査が必要になります。

配信開始日に間に合わせるためには「審査にかかる時間を考慮して余裕をもった入稿を済ます」「ガイドラインを熟読しておく」ことが重要です。

Pinterest(ピンタレス)広告についてのまとめ

Pinterest(ピンタレス)広告は世界で約4億人のユーザーがいるPinterest(ピンタレス)で広告配信できる、今注目されている広告媒体です。

ビジネスアカウントを作成して、キャンペーン・アドグループ・広告の作成・予算の設定をすれば、誰でも簡単に広告配信が可能。

さまざまなフォーマットやキャンペーンタイプを組み合わせて、自社の商品をアピールしたり、ブランドの認知度向上に役立ててみてはいかがでしょうか。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼広告運用のご相談はこちらから▼

▼インハウス化のご相談はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、金色の広告運用の教科書をプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事