ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




サイトのアクセスを分析するとき、セッションごとのページビューに注目していますか?

セッション数や新規ユーザー数と同様、分析において重要な指標になります。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

セッションごとのページビューとは

セッションごとのページビュー(ページビュー/セッション)は、ユーザーが1回サイトにアクセスした際に見ているページ数の平均を指します。

たとえば

  • セッション1:閲覧ページ数 3
  • セッション2:閲覧ページ数 1
  • セッション3:閲覧ページ数 2

の場合のセッションごとのページビュー数は平均2となります。

セッションごとのページビューをどう見るか

セッションごとのページビューはユーザーが回遊して初めて増加します。

逆に言えばユーザーが直帰しない魅力がある可能性が高いといえるので、低くて損はありません

ただしブログのような1ページでコンテンツが完結するサイトの場合には、直帰率が高い・セッションごとのページビュー数が少ない場合でも、悲観的になる必要はないといえます。

 

一方でコンバージョンを目的とし、ユーザーをリンク先に誘導したいにも関わらずページビュー数が少ない場合には、リンクがわかりにくいなどの問題がある可能性が考えられます。

自身のサイトの目的に合わせてセッションあたりのページビューの重要性を考えてみましょう。

セッションごとのページビュー数の確認方法

セッションあたりのページビューはGoogle Analyticsから確認することができます。

アナリティクスページの左側にあるメニューバーから

  • 行動 → サイトコンテンツ → ランディングページ

  • ユーザー → 行動 → 新規顧客とリピーター

のいずれかのページで確認できます。

まとめ

1セッションごとに見ているページビューが多い場合、ユーザーは何らかの魅力を感じてリンク先に遷移している可能性が高いといえます。

ただしブログなどのサイトを運営している場合には、ユーザーは1ページを閲覧して用が済んでいることも多く、ページビュー数が少なくても悲観的になる必要はありません。

セッション数や新規率だけでなくページビュー数についても考慮することで、より深みのある分析を行うことができます。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事