ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




近年、個人情報保護の観点から世界的に「3rd Party Cookie」などの規制が強まり、iOSのITPによる「3rd party Cookie」と「1st party Cookie」の制限や2023年後半に予定など制限や2023年後半に予定しているChromeの「3rd party Cookie」のサポート終了など、続々とCookieの利用が制限されています。

そこで今回はCookieだけに頼らない方法でユーザーの情報を取得・計測しようとする動きが拡大する中で登場したLINE広告の「詳細マッチング(Advanced matching)」の効果、設定方法をご説明していきます。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

詳細マッチングとは

画像引用元:Advanced matching(詳細マッチング)-LINE for Business

詳細マッチングとは、外部サイトにおける訪問・行動履歴を計測するためにLINE社が提供するコードの「LINE Tag」と呼ばれるHTMLタグを通して暗号化されたユーザーの電話番号やメールアドレスを取得し、その情報とLINEアカウントに登録している情報とマッチングさせ広告配信に活用できる機能です。

 

詳細マッチングについては。LINE社は下記のように記しています。

Advanced matching(詳細マッチング)とは、LINE Tag を通してハッシュ化された1st party data(電話番号/メールアドレス)をLINEに送ることで、配信の最適化やコンバージョン計測精度の向上と、オーディエンス蓄積を増加させる機能です。

引用元:Advanced matching(詳細マッチング)-LINE for Business

LINE Tag については下記の記事でご紹介しているので参考にしてみてください。

詳細マッチングでできること

詳細マッチングを利用すると下記の2つが可能になります。

端末やブラウザを跨いだコンバージョン計測やオーディエンス蓄積

詳細マッチングを利用すると、スマートフォンでの閲覧ユーザーだけでなく、PCサイト閲覧ユーザーのオーディエンス蓄積や間接CVの計測も可能になります。

クロスドメイントラッキング

従来は、サブドメインが共通の場合のみ計測可能でしたが、詳細マッチング機能を利用することでドメインを跨いでの計測も可能になります。

クロスドメイントラッキングとは、複数のドメインにまたがっている構成のWebサイトのセッション情報を、アナリティクス上で正しく情報を取得する設定のことです。

詳細マッチングの効果

ターゲティング精度向上によるコンバージョン単価(CPA)の削減

ユーザー行動に関するデータが増え、コンバージョンが見込めるユーザーにより高い精度での広告配信が見込め、キャンペーンの効率を高めることが期待できます。

cookieのみで計測できていなかったコンバージョンデータの取得

Cookieだけでは今まで計測できていなかったコンバージョンデータが取得できるようになり、広告の効果をより正確に把握できます。

訪問データ蓄積によるオーディエンス規模の拡大が可能

サイトの訪問者とLINEユーザーを照合することでデバイスやブラウザを問わず訪問者のデータを蓄積し広告配信に使えるので、オーディエンスを作成して配信する際のリーチ数を拡大できます。

詳細マッチングの設定方法

設定部分でもLINE Tag が基本になってまいります。

LINE広告を開きメニューからトラッキング(LINE Tag)をクリックします。

赤枠からLINE Tagが取得可能になります。

LINE Tagについては下記で詳しくご説明しているので参考にしてみてください。

LINE Tagのベースコードへ、以下赤文字部分を追加で記述してください。( ,の抜け漏れにご注意ください)​

※例に記載の [tagid:123abc ]には、アカウント固有のIDが記載されております

※customerTypeはLINE公式アカウント管理画面より発行したタグの場合は「’account’」になります

※phone numberやemail addressは動的に返るように実装してください

LINE Tag 詳細マッチングでは以下の2つのパラメーターに対応しております。​

※電話番号、およびメールアドレスを LINE Tagで利用する際には、https通信を利用し第三者に情報が渡らないよう十分に注意して実装してください。​

詳細マッチングのまとめ

いかがでしたでしょうか?

LINE広告のみの出稿でLINE公式アカウントは活用していないという方は是非検討してみてください。

LINE Tagを利用し詳細マッチングを利用することで、高い精度コンバージョン見込みがありLINEユーザーへより強いアプローチ出来るようになります。

 

 

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事