▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

Google Analytics(アナリティクス)とは

Googleアナリティクスでは、登録したサイトのユーザーの行動に関するデータがわかります。
例えば、
「サイトの訪問者数はどれくらいか」
「訪問者はどこから来たのか」
「使われたデバイスはスマホかパソコンか」
などのデータを計測することができます。
そのため、分析対象のサイトやアプリケーションの情報を得るために必要不可欠です。
今回は、そんなGoogle Analyticsの導入として、初期設定の方法を解説します。

Googleアナリティクスを使うまでのフロー

  1. Googleアカウントの発行
  2. Googleアナリティクス用アカウントの発行
  3. 発行されたアカウントのIDをGoogleタグマネージャーに設置
  4. 完了
  5. 場合に応じて権限付与

 

Googleアカウントの発行

これはGoogleのサービスを使う人であれば、誰でも持っているGoogleアカウントのことを指します。これを使用して、Googleアナリティクス用のアカウントを発行します。

Googleアナリティクス用アカウントの発行

「Googleアナリティクス」と検索し、新規の場合は「無料で利用する」や「新規ログイン」を。
すでにアカウントを持っている場合は、Googleアナリティクスの、ホーム画面>左バー>「管理」をタップします。

 

新規の場合

Googleアナリティクスと登録したことのない(ログイン設定されていない)、Googleアカウントで入った場合、上のような画面になります。

 

アカウント名などを記載していきます。

 

対象を設定します。今回は、ウェブで設定します。

画像の流れに従って、記入していきます。

翌日までに反映されることが多いです。

 

既に他のアナリティクスアカウントを作成していた場合

 

青色の「アカウントを作成」、もしくは「プロパティを作成」のいずれかを選択します。 次の画面で解析したいウェブサイトの「アカウント名」「ウェブサイト名」「URL」などを入力し、「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。 アナリティクスのアカウントは、会社や組織ごとに管理することが多いため、一つのウェブページを登録するにあたっては、「プロパティ」を選択していきます。

 

 

今回は対象をウェブとして進めていきます。

プロパティの登録を以上のように進めれば完成です。

 

発行されたアカウントID(トラッキングID)をGoogleタグマネージャーに設置

これをGoogleタグマネージャーを使って、分析対象となる各ページに設置する必要があります。
場合に応じて、こちらの記事を参考にできます。

完了

以上で、Googleアナリティクスの発行と設置は完了です。
設定直後は何も変化はありませんが、翌日にはデータが変更されています。

権限付与

 

同じアナリティクスに複数人がログインしたい場合があると思います。
そういった場合は、ホーム画面>左下の「管理」>「アカウントユーザーの管理」>右上の+>メールアドレスを入力

 

 

右上の追加ボタンで完了です。
権限は付与できたら、メンバーや管理者などのランクを確認をしましょう。

 

 

追記

基本的にはこの手順でGoogle Analyticsの発行は可能ですが、「UAコードが取得できない」という問題が発生する場合があります。
その場合、新しくプロパティを作成し、
①詳細オプションを表示する

 

②「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」をオンにする
③「ユニバーサル アナリティクスのプロパティのみを作成」をオンにする

 

以上の手順で解決します。
また、上記の手順で新しくプロパティを作成することになるので、最初に作成したUAコードの発行されていないプロパティは削除しておきましょう。
手順はこちらの記事を参考にできます。

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事