ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

インプレッションシェアとは

インプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合のことです。

 

インプレッション シェア は下記の式で算出が可能です。

インプレッション シェア =  表示回数 ÷ 広告が表示可能だった合計回数

 

検索広告のインプレッションシェアとは

検索広告のインプレッションシェアとは、検索ネットワークで広告が、表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合になります。

 

例を挙げるとすると、告表示の条件を満たすユーザーの検索行動が1000回あったと推定されたとき、その1,000回の機会のうち実際に表示した回数が780回だった場合、インプレッションシェアは78%となります。

 

ユーザーの検索行動に対して、検索クエリとキーワードがマッチしていたからといって、その検索行動すべての機会に広告が配信されるわけではありません。
予算不足、あるいは広告ランクが作用して掲載される優先度が低いといった理由から、配信に至らなかった、ということは残念ながらあり得ることです。

 

また検索広告のインプレッションシェアには掲載位置によって下記の2種類に分かれます。

  • 検索広告の上部のインプレッションシェア
  • 検索広告の最上部のインプレッションシェア

検索広告の上部のインプレッションシェア

検索広告の上部とは、検索結果の最初のページの上部に表示される広告の掲載位置のことを指します。

「検索広告の上部のインプレッションシェア」とは結果画面のSEOより上位に位置する掲載位置において、広告が表示可能だった合計回数の内、広告が実際に表示された回数が占める割合のことを指します。

検索広告の最上部のインプレッションシェア

 

まず検索広告の最上部とは、検索結果の最初のページの最上位に表示される広告の掲載位置のことを指します。

「検索広告の最上部のインプレッションシェア」とは、結果画面の広告掲載枠の1位の場所において、広告が表示可能だった合計回数の内、広告が実際に表示された回数が占める割合のことを指します。

検索広告のインプレッションシェアの表示列への追加方法

Google広告管理画面を開きます。

広告管理画面左側「キャンペーン」を選択します。

キャペーンのページが現れたら、右側の小さいアイコン「表示項目」を選択してください。

「検索広告のインプレッションシェア」を選択し「適応」をクリックすることでレポートに表示されます。

検索広告のインプレッションシェアの改善方法

指標である検索広告のインプレッションシェアは同じ広告オークションに参加した競合の品質など、さまざまな要素で決まります。広告がオークションで競合できたと推定して計算されるため、あくまで推定値というのが現状になります。広告が表示されなかった場合でも、入札単価を2倍に設定することで広告を掲載できたというケースもあります。その場合は、もともと表示可能だったと推定されます。

こういった損失を減らすことが改善の近道になります。

そこで「インプレッションシェア損失率」を理解しておきましょう。

インプレッションシェア損失率とは

インプレッションシェア損失率とは、「広告の表示機会がどれだけ損失したか」を示す割合のことです。設定した広告キーワードや予算・入札単価での、運用効率を知るのに活用できます。

インプレッションの損失率には、大きく分けて予算によるものと、広告ランクによるものの2種類があります。

予算と広告ランクのインプレッションシェア損失率の関係性は、以下の通りです。

インプレッションシェア=100%-(インプレッションシェア損失率(予算)+インプレッションシェア損失率(広告ランク))

ここで知っておいて欲しいのは、予算と広告ランクのインプレッションシェア損失率は、「どちらか一方が増えると、一方が減る」という、負の相関関係にあるということです。よってインプレッションシェアが100%になることはほぼありません。

予算によるインプレッションシェア損失率

本来表示されるはずだった広告のうち、一日の上限予算が足りないことで配信制限されたものの割合です。競合が多く入札単価が高いキーワードへ出稿した場合に増大します。

広告ランクによるインプレッションシェア損失率

本来表示されるはずだった広告のうち、広告ランクが低いことで配信制限されたものの割合です。具体的には、広告の品質が悪いため、競合の広告が優先的に掲載される状態を指します。広告の品質が競合より劣っているということなので、減少させるには入札単価や広告文などを総合的に改善する必要があります。

予算面での損失率の改善

予算を上げる

予算による損失率を改善するには、予算を増やし、より広告コストをかけることで改善されます。予算を増やすことで、日予算の上限に余裕ができ、効率的な広告配信を行うことが可能です。

キーワードを除外する

キーワードを精査し除外設定などを行い、予算を削減する方法もあります。CVや売上に結びつかないキーワードを減らすことで、より優先度の高い広告に予算を振り分けられます。検索クエリを見直し、意図しないキーワードでの流入を除外も行いましょう。

広告ランク面での損失率の改善

広告ランクによる損失率を改善するには、「入札単価」「品質スコア」「広告表示オプション」を見直す必要があります。

品質スコアは、キーワードや広告文・LPがユーザーの検索意図に合っているかを示す指標です。改善するには、出稿するキーワードをもとに、広告文やLPにユーザーの興味関心を盛り込む必要があります。

広告表示オプションは、設定しなくても構いませんが、利用することで損失率が改善する可能性もあります。余裕があればいろいろ設定してみて、インプレッションシェアの変化を分析してみてください。

検索広告のインプレッションシェアのまとめ

今回は検索広告のインプレッションシェアについてご説明させていただきました。検索広告が上部に表示されることでユーザーの目に留まりやすくなります。インプレッションシェアを高めるために損失率を確認し改善していきましょう。

 

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事