ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




広告の効果を分析するとき、視認範囲のクリック率について注目していますか?

通常のクリック率による分析も重要ですが、それだけでは本当に効果がある広告を見逃してしまう場合があります。

そこで活用したいのが視認範囲のクリック率指標です。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

視認範囲のクリック率とは

視認範囲のクリック率は、広告をユーザーが視認した「視認範囲のインプレッションに対するクリック率を計上したものです。

どのような状態を「ユーザーの視認」とするかについての解説はこちらの記事に掲載しています。

Googleディスプレイ広告「視認可能率」について解説、ユーザーからの広告が視認されたか判別可能
2020-11-09 19:47
Googleディスプレイ広告には「視認可能率」という指標が存在します。 ユーザーが実際に広告を視認できたのはどの程度の割合なのかを知ることができる指標です。 また、ページに表示こそ…

 

クリック率との違いとして、ユーザーは確実にその広告を視認していることが判明しているため、ユーザーが実際にその広告に惹きつけられたかまでわかることが挙げられます。
通常のクリック率ではユーザーはその広告を目にしていない可能性もあり、そもそもクリックする機会すらなかった可能性があります。

 

その点視認範囲のクリック率を考慮することで、広告自体が刺さらないのか、それとも掲載位置の問題なのか判断することまでできます。

視認範囲のクリック率の重要性

ユーザーが目にしていない、つまり視認範囲のインプレッションが少ない場合には、クリック率を分析してもあまり意味はありません。

クリック率が低い場合には、まずユーザーが視認しているかまで確認し、視認範囲のクリック率は良好である場合には視認範囲のインプレッションを重視した入札に切り替えるといった施策を取る必要があります。

 

逆に言えば、このような分析を行わずにクリック率だけに注目してしまった場合には、ユーザーの目に入ってさえいれば有効だったはずのクリエイティブを見逃してしまう可能性があります。

視認範囲のクリック率についても考慮することで、より正確な分析を行うことができます。

視認範囲のクリック率の確認方法

「視認範囲のクリック率」指標はGoogle広告のレポート列に表示することで確認できます。

レポート列への表示項目の変更画面から視認性一覧を表示し、視認範囲のクリック率を選択しましょう。

まとめ

通常のクリック率の分析は、効果の測定の第一歩としては間違いなく必要です。

とはいえクリック率が低いからといって切り捨ててしまっては、掲載位置によっては効果を発揮したかもしれないクリエイティブまで切り捨ててしまうことになりかねません。

より正確かつ効果的な広告配信をするためにも、視認性を考慮した分析を行いましょう。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事