ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

お申し込みはこちらから

宣伝失礼しました。本編に移ります。




スマート自動入札などGoogle広告でも自動化は大規模に進んできますが、ターゲティングに関しても自動化が進んでいます。

今回Google広告のターゲティング機能の自動化として、「最適化されたターゲティング」が提供開始になりました。

参考:最適化されたターゲティングについて

本記事では最適化されたターゲティングについて、その特徴や、オーディエンス拡張との違いなどについて解説していきます。

*最適化されたターゲティングは順次利用できるようになるので、現時点では利用できない可能性があります。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Google広告の最適化されたターゲティングとは

「最適化されたターゲティング」とはランディングページやクリエイティブアセットのキーワードなどの情報に基づいて、コンバージョンに至る可能性が高い、新規のユーザーを自動的にターゲティングすることができる機能です。

公式では以下のように説明されています。

最適化されたターゲティングを使用すると、キャンペーンの目標に基づいて、コンバージョンに至る可能性が高く、関連性の高い新規ユーザーにリーチできます。また、手動で選択したオーディエンス セグメントの枠外にキャンペーンのリーチを広げ、これまで逃していた可能性のあるオーディエンス セグメントを取り込んでキャンペーンの成果を高めることが可能です。

引用:最適化されたターゲティングについて

対応しているキャンペーンタイプ

最適化されたターゲティングは、現在以下のキャンペーンで使用できます。

  • ディスプレイ キャンペーン
  • ファインド キャンペーン
  • 「販売促進」、「見込み顧客の獲得」、「ウェブサイトのトラフィック」の目標を使用している動画キャンペーン(動画アクション キャンペーンなど)

最適化されたターゲティングとターゲットの拡張との違い

これまでのディスプレイキャンペーンにはターゲット拡張という機能がありました。この機能は管理画面内のディスプレイキャンペーン「広告グループ」の「設定」内で設定することができました。

最適化されたターゲティングとターゲットの拡張の一番の違いはターゲットを拡大する起点の違いにあります。

ターゲットの拡張

そもそもターゲットの拡張は手動で選択したオーディエンス セグメントに類似したオーディエンス セグメントにリーチを広げることでターゲットを拡張していく機能でした。

例えばカスタムオーディエンスで「ランニングシューズ」や、「スポーツシューズ」を設定すると類似した「スニーカー セール」や「スポーツ用品」などのセグメントに対しても広告が配信されます。

最適化されたターゲティング

最適化されたターゲティングではコンバージョンに至ったユーザーが最近検索した語句など、キャンペーンのリアルタイムのコンバージョン データに基づいて、コンバージョンに至る可能性が高いユーザーをターゲットに自動設定することでコンバージョン数を増やします。そのためカスタムオーディエンスで「ランニングシューズ」や、「スポーツシューズ」を設定すると、リアルタイムのコンバージョン データに基づき、コンバーションに至ったユーザーの検索履歴や、クリック履歴などからユーザーのプロファイルを作成して、それらのプロファイルに合致したユーザーにターゲットを拡張していきます。

 

つまりターゲットの拡張は広告主が設定したカスタムオーディエンスなどに基づいてターゲットを拡張していくのに対して、最適化されたターゲティングはコンバーションに至ったユーザーの情報に基づいてオーディエンスを拡張してきます。

最適化されたターゲティングの使用用途

最適化されたターゲティングの使用用途についてGoogle広告では以下のように説明されています。

最適化されたターゲティングは、次のような状況のときに最も効果的です。

  • コンバージョンに至る可能性が最も高いオーディエンス セグメントにキャンペーンを配信したい場合。
  • 既存のセグメントを超えて新規顧客を獲得し、その上で目標を達成したい場合。
  • キャンペーンで高い成果を見込める新規ユーザーを特定したい場合。
  • 入札単価または顧客獲得単価を引き上げずにコンバージョンを増やしたい場合。

引用:最適化されたターゲティングについて

ターゲットの拡張と用途は変わらず、コンバーションを最大化することを期待できます。

最適化されたターゲティングの注意事項

最適化されたターゲティングに関する注意事項としては以下の二点があります。

  • ブランド保護
  • キャンペーンの掲載結果

ブランド保護

最適化されたターゲティングでは、これまでに設定してきたブランド保護の設定が引き継がれます。そのため最適化されたターゲティングを使用する際には新しくブランド保護の設定を行う必要はありません。

ブランド保護に関してはこちらを詳しくご覧ください。

参考:ブランド保護の設定

キャンペーンの掲載結果

最適化されたターゲティングは蓄積したデータに基づいて機械が自動で拡張するターゲットを判断します。そのため最適化してターゲティングするには少し時間がかかります。

具体的にGoogle広告には以下の期間がかかると明記されています。

新しいキャンペーンの場合は、キャンペーンが 50 件以上のコンバージョン数を獲得するか、運用期間が 2 週間以上経過してから、掲載結果を評価します。

既存のキャンペーンの場合は、少なくとも 2 週間待ってから掲載結果を評価します。

引用:最適化されたキャンペーンを使用する

最適化されたターゲティングの設定方法

最適化されたターゲティングを設定するには以下のことをおこなう必要があります。

  1. Google 広告で目的のキャンペーンを見つけ、選択します。
  2. ターゲット設定を調整する広告グループを選択します。
  3. 左側のページメニューで [設定] を選択します。
  4. [広告グループのターゲット設定を編集] を選択します。
  5. [設定] で [最適化されたターゲティング] セクションを展開します。
  6. チェックボックスをオンにして、最適化されたターゲティングをオンまたはオフにします。
  7. [保存] を選択します。

 

最適化されたターゲティングを使用しているキャンペーンの掲載結果を確認する

最適化されたターゲティングを使用しているキャンペーンの掲載結果を確認するには以下のことを確認する必要があります。

  1. Google 広告でキャンペーンを選択します。
  2. (省略可)キャンペーンの広告グループを選択すると、より詳細な掲載結果を確認できます。
  3. 左側のページメニューで、[オーディエンス] または [キーワード] を選択します。
  4. 掲載結果データの表の一番下までスクロールし、[合計: 最適化されたターゲティング] という行を表示します。

最適化されたターゲティングのまとめ

最適化されたターゲティングはこれまでのターゲティングとは異なり、機械がコンバーションに至ったユーザーの情報に基づいてオーディエンスを拡張してきます。ターゲットなどが限られているサービスなどでは結果を必ず出せるものでもありませんが、独自のプロファイルでこれまでリーチすることができていなかったユーザーに対してもリーチすることができるかもしれません。

機械が判断するので決して完璧ではないということを念頭に置いて、試して見る価値はあるのではないでしょうか。

ぜひこの機会にお試しください。

 

    また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
    ・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
    ・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
    ・記事に書いてない問題点が発生している
    ・記事を読んでもよくわからなかった
    など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

    ▼フォームはこちらから▼

    また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

    ▼資料一例▼

    previous arrow
    next arrow
    Slider

    ▼当社の実績が気になる方はこちら▼

    previous arrow
    next arrow
    Slider

    ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

    【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

    ▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

    この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

    Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

    おすすめの記事
    Google広告
    ▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼   2019年8月にローンチされた、自動入札オプションの1つです。 旧来のスマート自動入札の...