ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

宣伝失礼しました。本編に移ります。




みなさんは、ファインド広告をご利用したことはありますか?

Googleディスプレイ広告(GDN)の一種でGmailやYoutube Home Feed、Discoverに広告を表示できる広告表示サービスです。それらのディスプレイに個人の検索履歴や動画の視聴履歴に基づいた個別化された関連性の非常に高い広告をフィード形式で配信することができます。

そのファインド広告の配信面に1つGmailには独自の指標があります。独自の指標は「ウェブサイトにリンクするGmailでのクリック数」「Gmailの転送数」「Gmailの保存数」という項目があり、確認できます。

今回はそのGmailの独自の指標1つのGmailの保存数」についてご説明していきます。

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Gmailの保存数とは

「Gmail の保存数」とは、Gmail 広告がメッセージとして受信トレイに保存された回数です。

Gmailの保存数の活用方法

コンバージョンが獲得できない計測、コンバージョンまでに期間を有するビズネスの場合、 Gmailの転送数・Gmailの保存数を確認しKPIとして設定することが可能です。
クリエイティブがユーザーにどのような影響を及ぼしたかを把握するために関わる指標といってもいいでしょう。

Gmailの保存数表示列への追加、確認方法

Google広告管理画面を開きます。

広告管理画面左側「キャンペーン」を選択します。

キャペーンのページが現れたら、右側の小さいアイコン「表示項目」を選択してください。

キャンペーンの表示項目の変更から「Gmailの指標」をクリックします。

「Gmailの指標」から「Gmailの保存数」を選択し「適応」をクリックすることでレポートに表示されます。

Gmailの保存数のまとめ

Gmailで配信される広告は通常のGmailメールと同様に他のユーザーへ転送や受信トレイへの保存が可能です。

2021年7月1日からGoogleはGmail広告キャンペーンを廃止し、ファインド広告キャンペーンと統合されGmailでの配信はファインド広告で行うようになりました。

ファインド広告はGoogleが独自に開発したアルゴリズムでユーザーの検索履歴や動画視聴履歴などを元にユーザーが行動を起こしやすいタイミングで関連した広告を表示ができる便利な広告などで指標を確認しつつ改善しながら精度の高い広告運用を行っていきましょう。

下記の記事でファインド広告に詳しく説明しているので参考にしてみてください。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事