2021年9月22日にAmazon社から検索結果上部のインプレッションシェア指標を活用して、ブランドの認知度を促進するうえでのキャンペーンの効果性をより良く測定できると発表がありました。

公式発表:検索結果上部のインプレッションシェア(検索結果上部のIS)でブランドの認知度を測定する

 

今回はAmazon広告での検索結果上部のインプレッションシェアとは何かや確認方法などをご説明していきます。

 

また、Google広告に関してさらに知見を深めたい!という方は、以下の記事に総括的にまとめてありますので、ぜひ読んでみてください。

【入門】Google広告とは?やり方や料金、使い方のコツなど全て解説!
2023-03-31 23:02
世界最大規模の広告配信サービス「Google広告」は、商品の売上アップやブランドの認知度向上、実店舗への集客など幅広い目的で活用できる、必ず押さえておきたいWeb広告配信システムで...

 

また、検索連動型広告に関してさらに知見を深めたい方は、以下の記事をぜひ読んでみてください。

【入門】検索連動型広告とは?リスティング広告との違い、費用や仕組みなど徹底解説
2023-04-13 16:17
web広告を利用すると目にするようになるのが、検索連動型広告という単語です。リスティング広告やディスプレイ広告はなんとなくわかってきたけど、検索連動型広告ってどう違うの?と頭を悩ま...

 

また、リスティング広告に関してさらに知見を深めたい方は、以下の記事に総括的にまとめてありますので、ぜひ読んでみてください。

【入門】リスティング広告とは? 仕組みや費用、メリット・デメリットを解説!
2023-03-07 10:09
キーワードを検索すると目に入るリスティング広告ですが、どのような仕組みでユーザーのもとに届くのかを知らない方は多いでしょう。 この記事では、リスティング広告の仕組みをお伝えするとと...

 

また、YouTube広告については以下の記事にて詳しく解説しています。

【入門】YouTube広告とは?出し方や種類、費用ややり方などスベテ解説!
2023-05-16 13:12
Youtubeは、世界中の人々が動画を投稿したり視聴したりするオンラインプラットフォームであり、利用者は日本だけでも月間7,000万人いるといわれています。 最大規模のSNSである...

 

youtubeチャンネルはじめました

Amazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアとは

検索結果上部のインプレッションシェアとは、コンバージョンの獲得対象となったすべての検索結果上部のインプレッション数のうち、広告主のキャンペーンが実際にコンバージョンを獲得した検索結果上部のインプレッション数の割合のことです。

今回の下記のアップデートによって、管理画面上でキャンペーンごとに検索結果上部のインプレッションシェアを確認できるようになりました。

公式発表:検索結果上部のインプレッションシェア(検索結果上部のIS)でブランドの認知度を測定する

Amazon社では下記の様に記されています。

獲得対象となったすべての検索結果上部のインプレッション数のうち、広告主様のキャンペーンが獲得した検索結果上部のインプレッション数の割合です。

引用:検索結果上部のインプレッションシェア(検索結果上部のIS)でブランドの認知度を測定する

Amazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアを使用することでできること

キャンペーンの効果性を把握することが可能

検索結果上部のインプレッションシェアを使用すると、検索結果上部のインプレッションを促進するうえでのキャンペーンの効果性を把握できます。

入札額を調整することが可能

スポンサープロダクト広告キャンペーンで検索結果上部のインプレッションシェアを増やすには、検索結果上部でインプレッションを獲得する可能性を高めるために、掲載枠ごとに入札額を調整することが役立ちます。

Amazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアを使用できる配置

Amazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアの指標は、スポンサーブランド広告キャンペーンおよびスポンサープロダクト広告キャンペーンで利用可能です。

Amazonスポンサープロダクト広告

  • 検索結果ページの上部
  • 商品ページ
  • その他の検索結果

Amazonスポンサーブランド広告

  • 検索のトップ
  • その他の広告枠

Amazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアの確認方法

検索結果上部のインプレッションシェアは、Amazonの広告コンソールのキャンペーン管理画面から確認できます。

※Amazonの広告コンソールのキャンペーン管理画面で表示されない場合は、キャンペーン管理画面の「表示項目」>「表示項目をカスタマイズ」をクリックし「検索結果上部のインプレッションシェア(IS)」にチェックを入れ、「適用」をクリックしてみてください。

インプレッションが発生しない際の対策、改善方法

よく言われるインプレッションシェアを改善する主な方法は下記です。

  • 広告グループの予算の引き上げ
  • キーワードの入札単価の引き上げ
  • 新規キーワードを追加

その他にAmazon広告では商品ページの見直しも有効です。

広告出稿の際に設定しているキーワードと商品の関連性がAmazonに低いと判断されている可能性があるので商品ページ自体の状態を確認するのもいいでしょう。

購入に繋がりそうな広告文、商品ページを意識しましょう。

出品商品の関連性が低いと、インプレッションが伸び悩んでしまう事が懸念されます。

Amazon広告「検索結果上部のインプレッションシェア」のまとめ

今回はAmazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアについてご説明させていただきました。

Amazon広告の検索結果上部のインプレッションシェアを確認することで配信を伸ばせる余地がどれくらいあるのかを想定し、改善を行うことが可能になります。

ユーザーの目に触れる機会を増やすことでCVを高めていきましょう。



当社では、広告代理店、インハウス支援を行っております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼広告運用のご相談はこちらから▼

▼インハウス化のご相談はこちらから▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事