▼累計30億円 200商材以上の実績▼
御社の広告運用、内製化してみませんか?




▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
YouTubeチャンネルもはじめました!!

Gmail広告とは

Gmail 広告は、Gmailの受信トレイの特定のタブの上部に表示される広告です。無料のGmail利用ユーザーのみへの掲載となり法人向けサービスのG Suiteでは表示がされません。Gmail 広告が表示される条件として、ユーザーが「ソーシャル」「プロモーション」のタブを表示させていることが条件となります。

受信箱への表示は、右側に「広告」と書いてあることを除けば、通常の広告と同じですが、広告をクリックした際、メールのサイズと同じ「エキスパンド広告」が表示されます。
メールのタイトルをクリックしただけでLPに遷移してしまうと、ユーザー体験を損ねてしまう、とユーザー体験を重視するGoogleの思想が伺えます。

また、課金体系が異なり、通常の広告の場合、LP遷移のクリックの段階が課金ポイントになりますが、Gmail広告の場合、折り畳まれた広告(エキスパンド広告)を展開した場合に課金が行われます。

Gmail広告設定方法(Google広告管理画面)

以下のフローを取ります。

  1. キャンペーンの設定
  2. 広告グループ:ターゲティングの設定
  3. 広告の作成

1.キャンペーンの設定

「+」をクリックしキャンペーンを作成

「目標を設定せずにキャンペーンを作成する」を選択します。
①「ディスプレイ」を選択します。
②Gmailキャンペーンを選択します。
※キャンペーンの目標を設定する際、「販売」「見込み顧客の獲得」「ウェブサイトのトラフィック」を選択してもGmail 広告を作成することが可能ですが、一部の設定が制限される場合があります。

①キャンペーン名
②地域
③言語
④入札単価
⑤予算、の順で設定していきます。

Gmail 広告で使用出来る単価設定は、以下の通りです。

  • 個別のクリック単価
  • 拡張CPC
  • 目標コンバージョン単価(CPA)
  • 目標広告費用対効果

今回は 「個別のクリック単価」 を選択してください。

2.広告グループ:ターゲティングの設定

基本的にここでは必ず入力しなければいけない項目はありません。目的に合わせて、入力を変えていきます。
広告グループでは主に通常のディスプレイ広告と同様な下記ターゲティングを設定することができます。

  • アフィニティカテゴリ
  • カスタムインテントオーディエンス
  • 自動ターゲティング
  • カスタマーマッチ
  • ユーザーの属性
  • 購買意向の強いユーザー層
  • ライフイベント
  • リマーケティング
    参考: Gmail 広告について

ただし、以下のターゲティングは利用ができません。

  • プレースメント ターゲット
  • トピック ターゲット
  • カスタム アフィニティ カテゴリ
  • 関心のある地域
  • コンテンツ キーワード

3.広告の作成

広告の作成方法は以下の二通りあります。

広告アセットでの作成(+Gmail広告より)

[+ Gmail 広告]より新しいGmail 広告を作成可能です。アセットと呼ばれる広告素材(テキスト・画像・動画)をアップロードすると、それらが自動的に組み合わされ広告を作成できます。

また、カタログ画像を追加すると、広告の中で商品やサービスのラインナップをアピールすることも出来ます。行動を促すフレーズとURLを共通で1つ設定するほか、それぞれのアイテムごとにカスタマイズして設定も可能です。

「その他のオプション」を利用することで、上記の広告アセットとは別に、折りたたみ広告用の件名と広告文(カスタムキャッチコピー)、行動を促すフレーズ、ボタンの色の変更(カラーオプション)を設定出来ます。

「カスタムキャッチコピー」を使用することで、エキスパンド広告と折りたたみ広告の訴求の文言を変更することが出来ます。Gmail 広告は、まず折りたたみ広告をクリックしてもらうことが重要なため、メールマガジンなどのタイトル同様、カスタムキャッチコピーを活用して、ユーザーが気になって思わずクリックしてしまうような魅力的なオファーを試していくことも重要です。

広告のアップロード

折りたたみ広告の要件は広告アセットでの作成時と共通ですが、エキスパンド広告のクリエイティブをアップロードできます。

  • シングル イメージ広告
  • HTML広告(カスタムHTML)
    HTML広告(カスタム HTML)は、HTMLに関する知識が必要となりますが、動画を組み込んだり、入力フォーマットを使用したりと、レイアウトを自由にカスタマイズすることが出来ます。メールマガジンの内容をHTMLで組んでいる場合などは比較的導入がし易いでしょう。ただし、フォームによるデータ収集は、広告掲載のポリシーに沿っている必要があり、許可されないフォームの項目などもありますので、作成の際は十分に注意しましょう。
    参考:Gmail 広告の要件 – AdWords 広告掲載のポリシー ヘルプ
    詳しい使用方法はGoogle 広告の公式ヘルプページをご参照下さい。
    参考: カスタム HTML を使用して Gmail 広告を作成する – リニューアル版 – Display Specs ヘルプ

Google広告エディターでの設定方法

基本的には、 Google広告管理画面と同様に、Google広告エディターでも設定していきます。

①キャンペーン
②追加
③キャンペーン名
④予算
⑤単価設定
⑥キャンペーンタイプ
⑦言語
⑧地域、の順で設定していきます。

①広告グループ
②追加
③広告グループ名
④クリック単価
⑤ターゲットの拡張、の順で設定します。

①Gmail広告
②追加
③各項目に記入して、広告を作成します。以上で完了です。

【200商材・30億円以上の実績】 御社の広告運用、内製化しませんか?

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事