ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p相当の「運用型広告秘伝のタレ」をプレゼント【無料まるごとプレゼント】


▼秘伝のタレ(広告資料)一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

お申し込みはこちらから

宣伝失礼しました。本編に移ります。




▼動画で直感的に理解したい!という方はこちら▼

 

2019年9月からベータ版として一部の事業主しか利用できなかったファインド広告が、2020年4月に全世界・全事業主で利用可能になりました。

参考: さまざまな場でユーザーに発見してもらえるファインド広告

Google検索画面の一番下や、YouTubeホーム画面で動画と動画の間の間に広告を表示できたりと、Google特有+大きな訴求画面で広告を表示できるオプションです。

今回はそんなファインド広告に関して解説していきたいと思います。

Contents

メルマガ限定コンテンツをチェック!!
youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

ファインド広告とは

Googleディスプレイ広告(GDN)の一種でGmailやYoutube Home Feed、Discoverに広告を表示できる広告表示サービスです。それらのディスプレイに個人の検索履歴や動画の視聴履歴に基づいた個別化された関連性の非常に高い広告をフィード形式で配信することができます。
これからファインド広告について詳しく解説していきます。

ファインド広告の仕様

ファインド広告は表示される掲載面と表示方法がそれぞれの媒体によって大きく異なります
これから掲載面や表示方法、使用可能な画像などについて詳しく見ていきます。

 

ファインド広告で利用できる掲載面に関して

 

  • Youtubeホームや次のおすすめフィード
  • Gmailのプロモーションタブやソーシャルタブ
  • Discovery
    に表示されます。

YouTube ホームフィードや次のおすすめフィード、Gmail の [プロモーション] タブや [ソーシャル] タブ、Discover* を通じて月に最大 29 億人ものユーザーにリーチできるので、人気の Google サービスで最新のファッション トレンドから新しい料理レシピ動画にいたるまで各種のコンテンツを閲覧、視聴している見込み顧客に幅広くアプローチできます

引用: ファインド キャンペーンについて

 

ファインド広告の表示方法に関して

 

通常のGDNのディスプレイキャンペーンよりも、より視覚に訴える形で表示されます。
YouTube面、Gmail面、Googleディスカバリー面のそれぞれの例です。

ファインド広告で使用可能な画像/フレーズに関して

 

項目 内容
広告見出し
(必須)
半角 40(全角 20)文字以内
※最大5つ設定可
※カルーセルは1つのカード内で1つ設定可能
説明文
(必須)
半角 90(全角 45)文字以内
※最大5つ設定可
画像 アスペクト比が 1.91:1 またはスクエア、4:5の画像
※15枚まで登録可能
※カルーセルは1つのカード内で同一サイズを設定する必要有
会社名
(必須)
半角 25(全角 12)文字以内
※管理画面上にはブランド名とも記載あり、ヘルプ上にも「会社名: ここには、会社名やブランド名を入力します。」との記載があるケースもあり
ロゴ 1200×1200サイズを推奨(ただし128×128から可)
※1MBまで対応
※最大で5つまで設定可能
最終ページURL
(必須)
※URL 文字数制限なし
※カルーセルは1つのカード内で1つ設定可能
モバイル URL
(省略可)
※URL 文字数制限なし
※カルーセルは1つのカード内で1つ設定可能
行動を促すフレーズのテキスト 以下選択肢から選択可能・今すぐ適用
・今すぐ予約
・お問い合わせ
・ダウンロード
・詳細
・サイトを見る
・今すぐ購入
・お申し込み
・お見積り
・登録
・もっと見るデフォルトでは(自動)が設定されており最適なものを自動で設定※カルーセル形式は個別に1つ設定可能

ファインド広告で利用できるフォーマット一覧

具体的にファンド広告で使用できるフォーマットを紹介していきます。

ファインド広告

単一の画像+テキストで訴求するフォーマットです。

ファインドカルーセル広告

複数の画像+テキストで訴求するフォーマットです。

 

 

ファインド広告のメリット・デメリット・ターゲティング

ファインド広告のメリット

1. ユーザーの認知度が拡大する
一つの広告でGoogleが保有するDiscover、Youtube Home Feed、Gmailの三つの広告枠にアクセスするため、他では考えられないほど非常にたくさんの顧客に広告を届けることができ認知の拡大が期待できます。

2. ユーザーのアクションが期待しやすい
Googleが独自に開発したアルゴリズムでユーザーの検索履歴や動画視聴履歴などを元にユーザーが行動を起こしやすいタイミングで関連した広告を表示ができる。またデバイスを跨ぐ必要などもないためユーザーの負担が少なく、ユーザーの関心を喚起して行動を引き出すことができます。

 

ファインド広告のデメリット

設定できない項目がある
Googleディスプレイ広告(GDN)と違い、Youtube・Gmail・Discoverにのみ配信するなどの特性上以下の項目が設定できません。

1. 入札戦略
2. 広告のローテーション
3. デバイスターゲティング
4. プレースメントターゲティング
5. コンテンツターゲット

ファインド広告で利用できるターゲティング一覧

ターゲティングに関しては以下のものを設定することができます。

 

1. アフィニティカテゴリ
2. ライフイベント
3. カスタムインテントオーディエンス
4. 購買意向の強いユーザー層
5. 類似ユーザー
6. リマーケティング
7. 地域別ターゲティング
8. ユーザー属性(性別、年齢など)

ファインド広告のコツ

1. ユーザーが、どのタイミングで配信面を開くか考える

例えば、Discovery面、つまり検索エンジンを開く際、ユーザーがどのような意図で訪れているか考えてみましょう。

  • 何かを探す(検索する)ために訪れたのか
  • 何を調べに来たのか
  • 履歴で過去に閲覧したサイトに再訪問したいのか
    などなど、ターゲットによってニーズはさまざまです。
    検索する前に、ユーザーのニーズに対して解決策を提示したり、潜在的な言語化しづらい、っつまり検索しづらいニーズに対して解決策を提示できたなら、それは広告の役割として一つの成功と言ってもいいでしょう。

2. 十分なコンバージョン数が見込める場合に、ファインド広告でも成果が見込める際に出稿しよう

自動入札戦略しか使用できないため、コンバージョン数が十分に溜まってから配信するようにしましょう。コンバージョン数の推奨条件は

  • tCPA入札の場合、過去30日間で30件以上のCVが「キャンペーン単位で」行われている
  • ROAS入札の場合、過去30日間で50件以上のCVが「キャンペーン単位で」行われている
    過去30日間で、上記のCV件数を満たさない場合、MCV(マイクロコンバージョン)の設定をすることがおすすめです。

3. ターゲティングの類似したキャンペーンで、成果の発生したオーディエンスを転用する

掲載面は異なりますが、通常のディスプレイ広告(GDN)で成果が出ている場合、それらで使用しているオーディエンスをファインド広告で転用すれば、高い成果が見込めます。

4. クリエイティブが全てだが、品位を損ねるクリエイティブの利用はNG

言ったもんがち・誇張すれば短期的にコンバージョンが発生する側面は事実としてありますが…

ユーザー体験を重視する広告出稿プロダクトであるため、品のないクリエイティブは非承認もしくはアカウントごとBANされてしまう可能性があります。

 

ファインド広告の注意点

1. 自動入札戦略しか設定できない

tCPA設定のみで、CPC課金ができません。後述のコツでも解説しますが、他のどのキャンペーンでもコンバージョンのが発生しないからファインド広告なら取れそう!という発想だと危険です。

2. Googleの有する面への配信面へ可能。リーチ数は29億人/月

フォーマットは異なりますが、Youtube、Gmail広告への配信は他の出稿方法でもできますが、特にGoogle Discoveryへの出稿が、他の媒体/広告出稿方法と異なる点です。

3. 配信面が限定されている分、配信先ごとの細かいチューニングができない

前述のように、Youtube・Gmail・Discover面のみの配信であること、出稿できるプロダクト
が限られているので、配信先の細かいチューニングができません。

4. 審査がとても厳しい

配信される面がGoogleの有する面であること、クリエイティブの比重の大きい出稿形態であることから、通常のディスプレイ広告に比べて、非常に審査が厳しい傾向にあります。

 

 

ファインド広告の活用例

さまざまな活用例がありますがGoogleで紹介されている活用例はこのようになります。

 大きな規模でメディアでのコンバージョンを伸ばしたい場合(サポートされているマーケティグ目標を使用): たとえば、ファインド広告を使用して、売り上げ、ニュースレターの購読、その他のウェブサイトへの訪問などを促進できます。
メディアで新規顧客にアプローチしたい場合: ファインド キャンペーンでは、Google サービスのフィードで、視覚と気持ちに訴えるブランド クリエイティブを配信して、見込み顧客が新しいブランドを試す可能性が高いタイミングを捉えて関心を喚起できます。
価値の高いユーザーに再アプローチしたい場合: ユーザーは新たなコンテンツを求めて、お気に入りの Google フィードに繰り返しアクセスします。ファインドキャンペーンでは、ウェブサイトを訪れたことがある、または商品を購入したことがあるなど、お客様のブランドに親しんでいて再度利用する可能性が高いユーザーに確実にアプローチして、行動を促すことができます。

引用: “ファインド キャンペーンについて

ファインド広告設定方法

Google管理画面上での設定方法

今回は、販売催促/オーディエンスをライフイベントを例にして手順を解説します。
新しいキャンペーンの作成を押します。

販売催促を選択します。

ファンドを選択して、続行を押します

キャンペーン名/地域/言語、を設定します。

入札単価/予算を設定します。

広告グループ名を設定します。

ユーザーが積極的に調べている情報や立てている計画を選択します。

ライフイベントから、ターゲティングしたいイベントを選択します。

広告を作成します。前述したように、ファインド広告もしくはファインドカルーセル広告から選択しましょう。

 

 

Google広告エディタを開き、左側にある「管理」のタイプリストで [広告]、[ファインド広告] の順にクリックします。

 

 

新しく作成する広告を表示する広告グループを決めたら①の様にチェックボックスにチェックを入れます。
②の「OK」をクリックするとエディタに追加されます。

 

 

追加された広告をクリックすると「編集パネル」が赤枠のように出現します。

 


 

  • 広告見出し:広告に表示される見出しを3つ以上任意で入力してください。
  •  説明文:見出しの付近に記載されます、簡単な説明を書くのも良いでしょう。
  • 画像:写真アイコンをクリックし追加していってください。
  •  動画:動画のURLを入力してください。
  •  最終ページURL:広告をクリックした際に入力したURLのページに移動するようになります。
  •  カスタム外部リンクのテキスト:リンクに沿ったものを選択してください。

 

上記の事項、その他のものは任意で入力し完了です。

 

 

最後に クリエイティブに命をかけよう

「視覚」と「気持ち」に訴えるカスタマイズされた広告のエクスペリエンスと、Googleが言っているだけあって、クリエイティブの比重が大きい出稿形態です。

このキャンペーン タイプでは、Google のオーディエンスとユーザーの意向シグナルに基づき、お客様のブランドを知った場合に利用する可能性の高いユーザーを対象に、視覚と気持ちに訴えるカスタマイズされた広告エクスペリエンスを 1 つの Google 広告キャンペーンで提供することができます

おおよそのターゲティングが決まったら、クリティブに心血を注ぎましょう。


 

また当社では、毎月5社限定で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のフォームよりお申し込みください

▼フォームはこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方で毎月1名様に、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、一流代理店も唸る100p以上の資料である秘伝のタレを無料まるごとプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼

previous arrow
next arrow
Slider

ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事