ぶっちゃけ「知識」が必要なのではなく、今すぐ結果が欲しい!という方へ

毎月5社限定 残り2社様 お早めに! 1時間の無料カウンセリングを行っています【完全無料】

今なら、10年間、累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた 100p以上の「金色の広告運用の教科書」【無料まるごとプレゼント】


▼金色の広告運用の教科書一部公開▼

previous arrow
next arrow
Slider

\残り2社 今すぐお問い合わせ/

宣伝失礼しました。本編に移ります。




Yahoo!広告のインプレッションシェアをご存知ですか?

「インプレッションシェア」は広告が表示可能だったの合計回数のうち、実際に広告が表示された回数の割合のことです。広告の表示機会が少ないと、CVに繋がるチャンスも少なくなります。機会損失を生まないために、インプレッションシェアの改善するために広告のインプレッションシェアに関する指標を確認していきましょう。

今回は検索広告とディスプレイ広告で確認できる「インプレッションシェア」について詳しく解説していきます。

youtubeチャンネルはじめました
何でも質問してください

Yahoo!広告のインプレッションシェアとは

そもそもインプレッションとは、広告が表示された回数のことです。

そしてインプレッションシェアは、広告表示機会(広告が表示可能だった)の合計回数のうち、実際に広告が表示された回数の割合を指しました。

 

下記の計算式で算出されます。

インプレッションシェア = 表示回数 ÷ 広告が表示可能だった合計回数

Yahoo!広告のインプレッションシェアに関連する指標

Yahoo!広告のインプレッションシェアは検索広告とディスプレイ広告(YDN)で違いがあります。

Yahoo!検索広告

画像引用:インプレッションシェアとインプレッション損失率について

項目名 確認可能な数値
インプレッションシェア 広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数)の割合。
完全一致
のインプレッションシェア
登録キーワードとまったく同じキーワードで検索された広告表示機会の総数のうち、実際に広告が表示された割合。※キーワードの誤字や表記のゆれを含みます。
インプレッション損失率(予算) 広告表示機会の総数のうち、キャンペーン予算(日額)、キーワードや広告グループの入札価格、アカウント残高が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合。
インプレッション損失率(掲載順位
広告表示機会の総数のうち、掲載順位が原因で獲得できなかった広告表示回数の割合。

Yahoo!検索広告で確認できる指標は大きく分けて3つになります。

インプレッション損失率(予算)

キャンペーン予算(日額)、キーワードや広告グループの入札価格、アカウント残高など、いわば広告費が足りず広告が表示されなくなった割合のことになります。
例えば、1クリック100円の広告を1,000回表示させる為には、100,000円の広告費が必要ですが、50,000円の広告費しかないと、広告が表示できない場合があります。
※便宜上1表示=1クリックにしています。

インプレッション損失率(掲載順位)

広告の掲載順位が原因で広告が表示されなかった割合のことになります。
自社の広告掲載順位が下がる…または競合の広告の掲載順位場が上がる等して、広告が表示されなくなった割合を、インプレッションシェア損失率(掲載順位)と言います。

完全一致のインプレッションシェア

登録キーワードとまったく同じキーワードで検索された広告表示機会(広告が表示可能だった)の合計回数のうち、実際に広告が表示された割合です。
ただしキーワードの誤字や表記のゆれを含みます。

Yahoo!ディスプレイ広告(YDN)

画像引用:インプレッションシェアとインプレッションシェア損失率について

項目名 確認可能な数値
インプレッションシェア 広告表示機会の総数に対して、実際に広告が表示された回数(インプレッション数)の割合
インプレッションシェア損失率(予算) 広告表示機会の総数に対して、キャンペーンの1日の予算が不足していることにより広告が表示されなかった回数の割合
インプレッションシェア損失率(ランク) 広告表示機会の総数に対して、オークションランクが低いことにより広告が表示されなかった回数の割合

インプレッションシェア損失率(予算)

広告表示機会の総数に対して、キャンペーンの1日の予算が不足していることにより広告が表示されなかった回数の割合を指します。 予算不足が原因でディスプレイ ネットワークに広告が表示されなかった回数の割合で、このデータは、キャンペーン単位でのみ確認できます。

インプレッションシェア損失率(ランク)

広告表示機会の総数に対して、オークションランクが低いことにより広告が表示されなかった回数の割合を指します。

 

Yahoo!広告のインプレッションシェアの表示列への追加方法

Yahoo!検索広告での「インプレッションシェア」の確認方法

まずYahoo!広告管理ツールの検索広告管理画面を開きます。

赤枠の「表示」をクリックします。

次に「表示項目の編集」をクリックします。

「表示項目の編集」画面から確認するインプレッションシェア、またはインプレッション損失率の関連項目にチェックを入れ「適用」をクリックし完了です。

Yahoo!ディスプレイ広告(YDN)での「インプレッションシェア」の確認方法

Yahoo!広告管理ツールから「ディスプレイ広告」を開きます。

キャペーンのページが現れたら、右側の小さいアイコン「表示項目」をクリックしてください。

クリックすると「表示項目の編集」のプルダウンが表示されるのでクリックします。

すると「キャンペーン一覧の表示項目を編集」が表示されます。

画面右側の欄からインプレッションシェア、インプレッションシェア損失率の関連項目をドラッグ&ドロップで左側に追加します。最後に適応をクリックしたら完了です。

Yahoo!広告のインプレッションシェアのまとめ

インプレッションシェアに関連した指標を確認することで本来はどの程度広告を表示可能で、その数値に対して何%表示できているのか、できていないのかといった広告の可能性を知ることが可能です。

また、表示できていない理由がキャンペーン予算を厳しく設定しているからか、オークションに勝てていないからといったインプレッションシェアの改善のためのヒントを得ることも可能ですので各指標の区別がつくようにしておきましょう。

また当社では、毎月5社限定残り2社 お早めに!で1時間のカウンセリングを実施しております。もしこの記事を読んで
・理屈はわかったけど自社でやるとなると不安
・自社のアカウントや商品でオーダーメイドで説明して欲しい
・記事に書いてない問題点が発生している
・記事を読んでもよくわからなかった
など思った方は、ぜひ下記のページをご覧ください

▼詳細はこちらから▼

また、カウンセリングをお申し込み頂いた方でには、10年間累計30億円以上/200商材以上運用して作り上げた、金色の広告運用の教科書をプレゼントしています。

▼資料一例▼

previous arrow
next arrow
Slider

▼当社の実績が気になる方はこちら▼


ここまで読んでいただきありがとうございました。御社のサービスの成長の一助になれたなら、この上ない幸せです。

【200商材・30億円以上の実績】 毎月限定5社限定の無料相談

▼30億円・200商材以上運用した100pの広告資料(秘伝のタレ)をプレゼント▼

この記事が少しでもためになったらいいねを押してください

Twitterも頑張ってます!よかったらフォローしてください

おすすめの記事